新着情報

テレクラで知り合ったエロ巨乳な19歳[後編]

この体験談は約 6 分で読めます。

「あ、奥、奥が気持ちいいーーーーーーーーーー」

「ミキのおまんこの奥、コリコリしているよ。ここがいいんだね?」

「う、うん、そこ、気持ちいいのーーーー」

指ピストンの回転数をレッドゾーンまで上げてやると、「あんっ、イキそうっ」と背中を反らし始めた。

「イッていいんだよ。ここには僕と君しかいないんだ。大きな声でイッてごらん」

口の周りをマン汁でベトベトにしながらミキに促す。
私は手首のスナップを効かせて最後の追い込みに入った。

「ああああああ、い、イキそう・・・イッちゃうーーーーー」

ミキは白い喉元を大きく仰け反って昇り詰めた。
ミキの全身は硬直したあと、ピクンピクンと小刻みに震えた。
私は掻き回していた指を抜いてミキの眼前に突き出した。

「見てごらん。糸を引くくらい指がドロドロだよ。ミキのおまんこがこんなに濡らしたんだよ」

「あん、やだあ」

「一緒に舐めてみようか」

テラテラに光る指先でミキの唇をそっとなぞり、自分の唇を重ね合わせた。
濡れた指を2人の唇で挟み込む形をとった。

「舌を出して舐めてみようよ」

ミキはトロのようなピンク色の舌を出してチロチロと指を舐め始めた。
私も反対側から同じように舐める。

「どう?自分のまんこ汁の味は?」
「んん・・・わかんない」

「ミキのまんこ汁、とっても美味しかったよ。いっぱい飲んじゃった」
「やだあ、エッチなんだからあ」

「エッチな男は嫌い?」
「・・・好き」

「あはは、じゃあもっとエッチなことしようね」

私は股間のモノがいきり立っているのを感じながら、ミキの胸の辺りに馬乗りになった。
俗に言うマウントポジションだ。
肉棒の根元を持ち、乳輪と乳首の上で円を描く。
亀頭の先端で乳首をチョンチョンとすると、「ああ」とミキも興奮の度を高めてくる。

「どう?おちんちん舐めたい?」

コクリと頷くミキ。

「だめだよ、ちゃんと言わないと・・・『おちんちんをお口に入れて下さい』って」
「えー、そんなあ・・・」

「ほら、さっさと言って」
「・・・お口に下さい・・・」

「何を?」
「お、ちんちん・・・」

私はミキのサクランボのような可憐な唇に、自分の硬直を割り入れた。

「ん、んぐう」

奥までゆっくりと差し込むと、口角からやや苦しそうな声が漏れる。

「苦しい?」

「奥まで入れられると・・・でも平気・・・」

ミキは私の恥骨部分を握り込むようにして根元を持ち、愛おしそうにペロペロと舐め始めた。
まるでアイスキャンディーを頬張るように。

「そうそう舌をビブラートさせて・・・上手いよ、その調子。それから先っぽの切れ込みにも舌を入れてみて。男はそこが感じるんだよ」

ミキは亀頭全体を唇で浅く包込みながら舌を躍動させた。
裏の部分からねっとりとねぶりあげられて、思わず歓喜の声を出しそうになったほどだ。
舌の奉仕のあとはイラマチオだ。
マイ・フェバリエットタイムである。

「手をおちんちんから離して・・・」

ミキが手を離して口とペニスだけが直接繋がっているのを確認した後、私は腰を前後に動かし始めた。

「ミキのお口を犯してあげるね。僕のおちんちんで・・・」

最初はゆっくりゆっくりとスライドさせていたが、たまに速くしてやると、ぐぶっぐぶっと淫らな音が摩擦音となって耳にこだまする。

「ミキのお口の中っておまんこみたいだ。とっても温かいよ」

腰を前に進めるたびに眉間に皺を寄せて苦しそうになるミキ。
でも、私は決してやめたりはしない。

「手を離して、口だけで支えるんだよ」

ペニスの根元を握っていた手を取り除かせると、ちんちんがミキの唇を割って出入りするのがあからさまになる。
ベッドの縁に手をついた私は、5分以上ミキの口を犯し続けた。

「あん、もう、欲しい・・・」

ようやくペニスから口を外したミキは、小さい声でそう言った。

「よし、ミキの大好きなおちんちん、ぶっすりハメてあげよう」

私はゴムを素早く装着し、ミキの両足首をV字型に高く持ち上げ、その中心に狙いを定めた。
先っぽを軽く宛てがい、一気に貫いてやった。

「あくうううーーーーー」

「おちんちんピッタリ入ったよ」
「う、うん、入ってるぅーーー」

「どう?気持ちいいかい?」
「あん、気持ち、いいいいいーーー」

ミキは私のお尻に手を回してきた。
より深く突いて欲しい気持ちの表れだろう。
私は期待に応えてやった。

ずんずんずん、ずーーーん、ずんずん、ずーーーん、ずんずん。

「ああああーーーー、奥まで来てるうーーーーーー」

「奥をもっと突いてあげるからね、やめてって言ってももうダメだよ」

両足を肩に担ぎ上げて、ヘアピンのように折れ曲がったミキの身体を真上から串刺しにしてやる。

ずんずんずんずんずんずんずんずんずんずんずんずんずんずん。

腕立て伏せの要領で、一定の速度でピストンを施す。

「うああああーーー、いいーーーー、もう、おかしくなっちゃうーー」
「それそれそれ、もっと泣いてごらん、可愛い声で泣いてごらん」

「あんあんあんあん、イッていい?もうイキそうなの」
「いいよ。イク時のいやらしいミキの姿をたっぷり見てあげるからね」

私はミキの両脚を大きく開かせて膝を曲げさせた。
ちょうどMの形を作るように・・・。
そして膝を押さえてラストスパートに入った。

「あああっ、イキそうっ、ミキ、イッちゃいそう・・・」

「ミキのおまんこも締まってきたよ。ヌルヌルなのにこんなに締まりがいいなんて。とてもいいおまんこだよ、ほらほらほら」

「あくううーーー、イッちゃう、イッちゃうよおおーーー」

ミキは再び硬直した。
キメ細かい白い肌が薄暗い灯かりの中でひときわセクシーに見える。
豊満なバストがわずかに揺らぎ、ウエストにかけてのカーブがなんとも言えずエロチックだ。
私の限界も近づいてきていた。

「ミキ、僕もイクよ、イッていいかい?」

「来て。いっぱい出して・・・」

私はマッハ5のピストンを最後に施し、熱い精をドクドクと放った・・・。

しばらく休憩してから第2回戦に突入した。

「上になって舐めて欲しいな」

私の要求に素直に従うミキ。
なかなかいい子だ。
ミキは髪の毛を耳の上にかきあげながら、唇を重ねてきた。
舌を伸ばして歯茎部を丹念に舐め回してくる。
情熱的なキスに頭がボーッとしそうになった。
そして徐々に首すじから胸へと愛撫してくる。
乳首をコロコロやられた時には、さすがに声が出そうになった。
ツツーッとヘソの辺りを通りすぎて、ペニスをかぽっと咥え込んだ。
唾液を絡めて、ゆっくりゆっくりとねぶりあげてくる。
愚息はたちまちビンビンになっていた。

「お尻をこっちに向けて。シックスナインをしよう」

ペニスを頬張ったままでミキは私の顔を跨いできた。
目の前にサーモンピンクのビラビラが、ぱっくりととば口を開けていた。

「きれいだよ、ミキのおまんこ。味も美味しいし」

両方の親指で小陰唇を左右にくつろげて、おまんこをひし形にさせた。
そして乱暴にむしゃぶりつくと、「んん、んんんーーーーー」と咥えたままで、よがり声をあげてくる。
私は腰をバウンドさせてミキの口を下から犯しながらも、舌先を尖らせて、膣の中へピストンをお見舞いしてやった。

「ああ、もう・・・だめええ」

感じすぎるのか、奉仕ができなくなったミキはちんちんを握り締めて股間に顔を埋めてしまった。

「もう欲しくなったの?おちんちんが」

クリトリスを弄りながら意地悪な質問を浴びせる。

「ああ、ああ・・・」

お尻をわずかに振りつつ、ミキは官能の吐息だけを漏らす。

「よし、今度はバックで入れてあげようね」

身体を起こした私はゴムを装着し、ミキのお尻を抱えて後ろから貫いた。

「あああああーーー、いいいーーー」

挿入感はバックの方が高い。
それは男女とも同じだ。

ぱんぱんぱん。

キンタマが大きく弾けて、クリトリス周辺を刺激する。

「いいーー、どうしてこんなにいいのーーー」

「ミキがとてもエッチだからだよ。あと僕のちんちんが君に合ってるからかな」

細くくびれた腰を持ちあげるようにして前後運動をすると、奥を突き破るような感覚がこみ上げてくる。
これぞ征服感だ。

「届いてるーー、奥まで来てるううーーーー」

ミキは顔をシーツにつけて悶えだした。
私はピストンを続けながら19歳の巨乳を揉みくちゃにした。
両手にあり余るほどのボリュームだが、感度はいい。
乳首を摘んでコリコリしてやる。

「あんあんあんあんあん」
「奥まで入るからバックが好きなんだろ?ん?」

「そ、そう。好きよ・・・」
「じゃあ、子宮をぶち破ってあげよう」

私は腰の蠕動をスパークさせた。

「うあああああああ、いいいいいいい」

ミキの声が大きくなった。

「それそれそれ、気持ちいいか?ミキのおまんこ壊してやる」

「ああ、イクうううううーーーー」

ミキは先ほどよりも短いインターバルでイッてしまった。
もはや、ちょっとの刺激でイッてしまうのだろう。
しかし、次は私がイク番だ。

「ミキ、イクぞ。ミキのおまんこでイクぞ」

ステルスのような速さで腰を動かして、第2回目の発射を無事終えた。

ホテルを出る頃にはすっかり雨も上がり、風だけがやや強く吹いていた。
ミキはタクシーを捕まえて、軽く会釈をした。
手を振った私は駅までの道のりを急いでいた。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

High Pace