新着情報

誰もいない昼休みのオフィスでフェラ抜き

この体験談は約 3 分で読めます。

ある日、会社(支店)にて取引先を含めた会議が行われた。
俺はその会議にまったく関係ないので、デスクで仕事。
で、お昼ごろになると会議のメンバーがみんなメシにGO。
気がつくとオフィスは俺と同僚だけ・・・。
(『同僚』じゃ気分が出ないので『真美』としておく)

極小オフィスなので人がいないのはすぐわかる。
念の為、小会議室、大会議室ともにチェック。
誰もいない・・・ニヤリッ。

そそくさとコピー機に近づき、来てないの承知で自分宛のFAXがないかチェック。
コピー機のすぐ前が真美のデスク。
一心にキーボード叩いてる。
あ、俺が依頼した仕事だった。

スッと後ろから近づく。
真美も気づいて、ちょっとタイピング速度が落ちる。
肩に手を置くと小さくビクッとなった。
ドキドキした。

(「何すんのよ!ド変態!」とか言われてキレられたら・・・)

とか考えつつも、肩に置いた手を払う素振りもない。

「何してんの?」

「え、俺さんに指示された資料の作成ですよw」

その間、若干背中側に置かれた俺の手は、徐々に移動して稜線越え。
オッパイ側へ。
そして侵攻は止まらず、二つの丘に一直線。
ざっくり開いた胸元から手を差し込む。
抵抗も焦らしも一切なし。
笑顔でタイピングする真美。
ブラの中に手を突っ込んでダイレクトタッチ。
その間も仕事の会話を続けてる俺たち・・・。

やっぱデカイ。
オッパイデカイ。
スレンダーなのにこんなに豊満な乳もってるんやな・・・。
と、思ってたら俺のモノがムクムクと。
我慢ならん!

俺はさっと真美から離れてオフィスの入り口に移動する。
振り返って、真美に手招き。
キョトンとした(フリの)真美が、すぐについて来る。
廊下を出てEVの前に来ると、振り向き様にベロチュー。
チューしながら俺はジッパーを下げてモノを取り出す。

「ここでして」

真美は、さっとしゃがんでモノを掴み、すぐに擦りだす。
積極的に口で咥える真美。
しかし、今は就業時間。
しかも、お昼休みはそろそろ終わり。
会議メンバーがそろそろ帰ってくるはず。
真美はそれが気になってか、集中力を欠いている。

「大丈夫、俺がエレベーターの動き見てるから」

オフィスにエレベーターは一基。
非常階段から出入りする人は皆無。
エレベーターが動いたときは退散すればいいだけ。
だもんで、ここに真美を連れてきた。

スピードを上げて手コキ&フェラする真美。
だんだんよくなる。
よくなる。
よくなるぅ~・・・。

「イクよ!イクよ!!」

コキコキコキコキコキコキ。
ドピュドッピュン!

イッた後もすぐに口を離さない真美。
ゆっくり、搾り取るようにしごき上げて、最後の一滴まで吸い尽くすようにして、静かに口を離す。
そして女子トイレに行く(飲むのはNGだった)。

2人、そそくさとデスクに戻り、仕事してると程なくしてみんなが戻ってくる。
当たり前だがフツーに会議再開。
俺はスッキリしてリフレッシュした体で外回りにGO。
こんな感じ。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

マゴコロ