新着情報

寝たふりをしてたら運転手さんにイタズラされた

この体験談は約 3 分で読めます。

つい最近の出来事です。
友達数人とお酒を飲んだ帰りのこと。
家の方向が同じ子とタクシーに乗ったんだけど、その子、凄い酔ってて、運転手さんに「酔った子が寝ちゃったら触ったりする?」とか、色々変な質問ばかりしてたんです。
で、その子が先に降りて、運転手さんに、「あの子、凄い酔ってて・・・すみません」って謝ったんです。
でも、寝たらどうするのか、実は私も気になってたんですよね。
運転手さんもちょい悪オヤジって感じでカッコ良かったし。

助手席の後ろで膝を運転席の方に向けて、少しだけ脚を開いて寝たふりをしたんです。
行き先は家のそばの公園と伝えてたから、着く頃には目を閉じて、どんな対応か様子を見たの。
到着して、声をかけてきたのをスルーしたら振り返って声掛け。
その時、少しだけ開いてた脚をさらにもう少しだけ開いたの。
感覚的にミニスカートの中に視線を感じてドキドキ。
そしたら運転手さん、「寝ちゃったのかぁ」ってつぶやきながら脚をトントンてしてきた。

(どうするのかなぁ・・・)

そう思ってたら、車から降りて後部座席のドアを開けて肩をトントン。
その日の私はホルターネックのキャミにミニスカート。

最初、肩をトントンしてた手が胸の谷間あたりに来て、遠慮がちに揉むような手つきに。
そこで運転席に向けてた膝を逆に向けてみたの。
そしたら揉んでた手が離れて、また肩をトントン。
まだ寝てるか確認したのかな?

私が反応しないでいると、今度は谷間から指を滑り込ませて、私の尖った部分を指先で刺激してきたの。
同時に太ももをスリスリしながら内ももからミニスカートの中に。
乳首を刺激されただけで熱くなるのを感じてたから、パンティ越しにワレメを触られた途端、ジュワッって溢れてきちゃった。
寝ぼけながら感じてるみたいに、「ぁん・・・」なんて声も出ちゃって・・・。

でも車載カメラが気になるのか、それ以上激しくこないから、私から次の行動に。

「気持ちわるぅぃ・・・トイレってどこですか?」って言ったの。

運転手さんは慌てて触ってた手を離して、介抱するふりをしながら私のことを抱きかかえてトイレへ・・・。
便座にしゃがんで、また寝たふりしてたら、横に並んでしゃがみ込んで、背中から回した手が胸をモミモミ。
もう片方の手で太ももをスリスリした後、ついにパンティ越しにワレメを。
私も感じちゃって、「ん・・・ぁ、ぅん」って喘いじゃった。

首の後ろで結んであった紐を口でほどいて、胸を揉んでた手でキャミをずり下げて、揉みながら乳首もコリコリ。
パンティもずらしてトロトロに濡れてるのを楽しみながら指が中に。

私はそこで初めて起きたふりをして、「え、な、何?ちょっ、やめて」って言ったら、「君が誘ってきたんだよ」って言いながらGスポットを激しく刺激してきた。
あっという間に吹いちゃった。

その後、立ち上がって私の前で反り返ったモノを出して仁王立ちに。
目の前でピクンピクン動かしてきたから、自分から咥えたの。
口の中でさらに硬くなって、先からはエッチなのがどんどん出てきてて、それを感じるたびに私の奥からもエッチなのが溢れてきて・・・。

しばらく舐めてたらお口から抜いて、鏡の前で立たされて後ろからおっぱいを鷲掴みされて、お尻の割れ目に硬くなったモノを押し付けながら、パンティの中に手を入れて手マン。

「自分のイヤラシイ格好を見てごらん」

そう囁かれながら、グチュグチュ音を立ててされてたら、また吹いちゃって・・・、もう太ももから足元までビシャビシャ。
膝がガクガクしちゃって立ってるのもやっとなのに、運転手さんはパンティをずらして一気に奥まで入ってきたの。
キャミをずり下げておっぱい丸出しで、ミニスカ捲ってパンティずらして突かれてる自分の姿に妙に興奮しちゃって・・・。
立ちバックでも潮を吹いちゃって、もう下半身がビチョビチョだった。
あんなに吹いたのは初めてってぐらい、そのときは少しの刺激でも出ちゃってた。

最後はお尻から太ももにかけて大量の精液をかけられました。
そのまま立ち去るかと思ったら綺麗に拭いてくれたりして、凄い紳士的でした。

あの運転手さんとはまたエッチしたいなぁ。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

PLATINA SEX