泥酔OLを駐車場で犯してパイパン写メもゲット

この体験談は約 5 分で読めます。

先日のこと。
帰宅しようとして駅の近くを歩いていたら、駐輪場でチャリを出そうとしているOLを発見。
どうやら酔っぱらっているらしく、上手く出せないでいる様子。
しばらくして、やっとゲートから出てきたので声を掛けると、かなりの泥酔状態。

「大丈夫?」
「は、はい」

「自転車、持ってあげるよ」
「お願いします・・・」

彼女の自転車を転がしてやり、近くの公園でひと休みすることに。
公園のベンチで並んで座る。

「飲んでたの?」
「ええ、会社の飲み会で、ちょっと飲み過ぎちゃって・・・」

「大丈夫?」
「は、はい・・・」

かなり酔ってはいるようだが徐々に覚めてきたのか会話は普通に成り立つ。
しゃべりながら軽く手を触ったり、スカートに手を伸ばしても嫌がる素振りは見えない。
よく見ると白のブラウスのボタンの間からレースのブラジャーが見える。

「いつも、こんなに飲んじゃうの?」

「いや、そうでもないんですけど・・・。でも前に酔っぱらったときはなんか男の人が声かけてきて、気がついたらその人のうちで朝になってたんですよ」

(い、いける!)

俺は瞬時に判断した。

「エー、大丈夫だったの?」

「なんか私、酔うとエッチな気分になっちゃうんですよ・・・」

俺は彼女を引き寄せると躊躇わずにブラウスの隙間から手を挿し入れ、少し浮いたブラの間に指を入れて乳首を摘んだ。

「あ・・・」

微かに声を上げる彼女。
公園の前はたまに人が通るのでひやひやだ。
彼女の反応に気をよくした俺はそのまま右手をスカートの奥に差し入れる。
普段は清楚なOLらしく、暗闇に白っぽいレースのパンティが浮かび上がる。
パンティの布越しに割れ目に合わせて指を上下させると徐々に彼女の鼻息も荒くなってきた。
もう彼女は俺に身体を預け、なすがままだ。
しかしその時、数メートル離れたベンチに若い学生らしきカップルがやって来た。
ま、まずい・・・。

「移動しようか?」

・・・黙って頷く彼女。
俺たちは席を立った。
しかし、駅周辺と言ってもとりたてて繁華街がある場所でもなく、いわんやホテルなどあるわけもない。
俺は慎重に人目につかない場所を探しながら歩いた。

しばらく歩くと大きめの駐車場を発見。
幸にも隣には大きめのバンが停まっており、この陰なら人目につくこともないだろう。
俺は彼女の手を引いてその駐車場へと入っていった。

自転車を停めて彼女を抱き締めると、貪るようにキスをしてくる。
アルコールの臭いが俺の口を通して嗅覚を刺激する。
立ったまま俺は彼女のスカートをたくし上げ、パンティの上から刺激する。
すでにスイッチの入った彼女はかなり興奮してるようで、布越しでも指が湿ってしまう有様だ。
俺はそのままパンティを脱がせ、スカートを捲くらせて立たせた。

ちなみに酔った彼女から断片的に聞いた情報によると、どうやら某有名企業のOLだとか。
その日の格好は紺のスーツにストッキングとヒール、普通に町中を歩いていたら振り返るような女だった。
そんな女が今、俺の目の前でパンティを下げたままスカートをたくし上げ、暗闇の中に立っている。
しかも、あそこをグチャグチャに濡らせて・・・。

立ったまま俺は彼女の局部を刺激する。
いやらしい音が暗闇に響き渡り、隣家に聞こえないかちょっと動揺する俺。
しばらくあそこを刺激すると彼女は、「あん、あん」と声を上げた。
それが駐車場の塀越しの隣家に聞こえやしないかと気になった。
しかし彼女はたまらなくなったのか、いきなり俺のズボンのチャックを下げ、いきり立ったペニスを探り出した。

「ねぇ、あ、うっ、あ、ちょうだい・・・」

「その前にすることあるだろ?」

俺がそう言うと彼女は俺の前にしゃがみ込み、夢中になってしゃぶりだした。
ぴちゃぴちゃと唾液を絡ませてのディープスロートに危うくイキそうになる俺。
彼女にしゃぶらせたままブラウスをたくし上げて、Cカップの形のいいおっぱいを揉みしだく。
深夜の人気のない駐車場には彼女の時おり漏れるうめき声と荒くなった息遣いだけが響き渡る。
もはや理性も吹き飛んだのか、脱ぎかけで足に引っ掛かっていたパンティを自ら脱ぎ去り、「ねえ、ねえ・・」とねだる彼女。
普段ならバックから一突きなのだが、彼女かなりの前付き。
真正面から見ると薄い陰毛の下に割れ目がはっきりと見える。
俺は彼女の片足を腕に抱えると、そのまま前から腰を落とし、深く挿入した。

「あっ!」

大きな声を上げる彼女。
すぐ横はブロック塀越しに隣家だ。
俺はその口を無理やり自分の口で塞ぐと、舌を絡めて声が漏れないようにする。

「うぐ、あ、あんあ・・・う、うん・・・」

漏れる嗚咽に興奮した俺は真正面からガンガン腰を振り、小ぶりの尻を掴みながら責め続けた。
その後、バックに変える。
後ろからガンガン突くと前にも増して声を上げる彼女。

俺は少し冷静になって、腰を振りながら横の自転車のかごにある彼女のバッグから財布を取り出し、免許証の住所を確認した。
女は感じていて全く気がつかない。
家はどうやら近所だ。
名前も確認し、財布を仕舞う。

半裸の女を外でやり倒すシチュエーションに興奮した俺はいよいよイキそうになった。

このまま中出し?
いや、さすがにそれは可哀想だ。

一旦抜き、指を入れて女のあそこを刺激する。
びちゃびちゃと凄い音を立てて、足下に水溜りができるほどよだれを垂れ流す彼女。
しばらくしてたまらなくなった俺はペニスを女の顔の前に差し出した。
嬉しそうに奥まで咥え込む彼女。

(ああ、もうだめだ・・・)

そのまま女の口内へどぴゅと発射。
彼女は嬉しそうに飲み込んだ。
しかし、まだ物足りなそうだ。
俺はビニール袋の中から、さっき買ったばかりのひげ剃りを取り出して彼女に見せた。

「剃ってみる?」

「えっ・・・」

一瞬戸惑う彼女。
しかし嫌がっている素振りは見えない。

「いいから、いいから」

俺は彼女を駐車場脇のブロックに座らせると足を広げさせ、元々薄い陰毛を丁寧に剃り始めた・・・。

「あ・・・」

彼女は瞬間仰け反った。
さっきまで全く他人だった女が、いくら酔っているとはいえ野外でここまでやらせるとは・・・。
しかし、女の理性はとっくにぶっ飛んでいる。
かなり欲求不満が溜まっていたのかもしれない。
この頃になるとほぼ全裸に近い状態で、それこそ通りがかった人が見たら何かと思っただろう。
まぁ駐車場の奥だから人目にはつかないのだが。
元々薄いせいか、5分ほどでほぼパイパン状態になった。

「そのまま自分で開いてごらん」

「は、はい・・・」

その姿を携帯に収める。
暗闇だし携帯の付属ライトだけなのであまり写りは良くないのだが、なんとなく彼女だということは分かる。
住所に、名前、写真・・・これで良し!

待ちきれなくなったのか、気がついたらまた彼女は俺のペニスにむしゃぶりついていた。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!