新着情報

必ず女を満足させる俺のセックス

この体験談は約 4 分で読めます。

普通の恋愛をして、冷めて、普通に別れ話をした。
そのとき彼女に、「あなたのセックスは特別だから身体が離れられない。他には何も求めないから時々抱いて欲しい」と言われた・・・。

(俺のセックスはそんなにすごいのか?)

自分では気がつかなかった。
やりたいようにやってきただけなのにな。
彼女が俺にとっての初めての相手だったので、一晩で10回とか、3時間入れっぱなしとかが凄いことだとは全然知らなかったんだよね。

けどまあ今となっては俺は立派な竿師だ。
モノの凄さだけでなく、テクニックも手に入れて、女はもう自由自在。
どんなに嫌がってても強引にベッドインさえしてしまえば問題ない。

最近は人妻専門サイトが美味しい。
そこで大抵はものにできる。
その日もアポゲット。
俺は初対面で注目を浴びるような特別な容姿をしているわけじゃないので、清潔感を出すことと、太らないことにだけは普段から気をつけている。
逆に言うと、これだけ守っていればハンサムでなくてもいいということだ。

俺はさっそく隣の席の女を誘う。

「このあと、2人でどこかへ行かない?」

失敗しても、そのせいで気まずくなってもかまわない。
所詮この場限りのことだ。
いい子にしていてヤリそびれるほうが馬鹿馬鹿しい。
女だって大抵その気で来ている。

「え、でも・・・」

いかに女がその気だとしても、露骨に誘っては失敗することが多い。
けれど、その女はめちゃくちゃ俺の好みだったので、なんとしてもやりたかった。

「このまま何もしないで帰るの?つまんないだろ、そんなの」

「なんか、下心が見え見えだけど・・・」

顔をしかめる女の手を取り、俺は自分のモノの上に導いた。

「ちょっと、なに・・・」

「なにするの?」と言いかけて、女は口を閉じた。
ものすごい力で俺が掴んだ手を払いのけようとしたが、それも一瞬だった。
ズボンの上から触れた俺のモノに驚愕して手を離せなくなったのだ。

「なに、これ・・・、すご」

俺が今までに落とした女は、人妻かスキモノのどちらかだった。
だから実はそれほど苦労はしない。
むしろ経験の多い女のほうが厄介だ。
つまらない男に掴まって、つまらないセックスをさせられるのを避けるために慎重になるからだ。
彼女は俺の耳に唇を寄せた。

「でも、大きいだけなんて嫌よ。自信あるの?」
「当然だろ」

「素敵な夜にしてね」
「ああ」

素敵な夜になったか地獄だったかは俺にはわからない。
指と舌を使ってじっくり感じさせた後は、はっきり言ってやり放題。
いきなりバックから挿入した。
じっくりと使い込んだ穴だが、俺ほどの大きさのモノは受け入れたことがないらしい。
へばりついてくる膣壁をメリメリと押し広げるように奥まで一気に入れた。

「あああー」

腰に手を添えてピストンを始めると女は「痛い」「裂ける」と叫び声をあげるが、俺は徐々にスピードを上げていく。
痛みのために快感を失ったのか女はあそこはどんどん乾いていったが俺は突き続けた。
腰から手を離して右手で乳房を掴み、左手はお尻の穴に入れた。
最初は指1本。
これくらいは無理やり突っ込めば入る。

「いや、やめて!お願い!痛い、ヒイイー」

「すぐによくなる。なんなら今すぐ良くしてやるよ」

俺は射精を自分でコントロールできる。
中で一発目を出す。

「え、ちょっと、嘘!生で出したの?」
「お前が濡れないから俺が濡らしてやったんだ」

「痛くするからじゃない」
「すぐに良くなる」

「ちょっと抜いてよ。洗わなきゃ、あ・・・、あん、あああ・・・」

滑りが良くなると、女は途端に感じだした。
穴は俺のモノに合わせて広がり、しかもしっとりと絡みついてくる。
2時間の間に女は5回以上イッた。
俺は抜く直前にもう一度思いきり女の中に吐き出した。
女は快感に身を委ねていたが、そろそろ体力が限界になっていたので、一旦抜くことにしたのだ。
その間にアナルは指3本まで拡大してやった。

出前を取って食べた。
無理やり責めて苦痛に満ちた声を出していたのが嘘のように、身も心もあけっぴろげな安らぎの笑顔を浮かべて女はしゃいでいる。

食事の後、テレビゲームを少しだけして、女を先に風呂に入らせた。
彼女がゆったりと湯に浸かって気持ちがほぐれた頃合いを見計らって浴室に入った。
相変わらず天を向いている俺のモノに女は一瞬目を見張り、そしてトロンとした表情に転じた。

浴室でも、もちろんハメた。
湯船の中にあぐらをかいて座った俺の上に女は腰を下ろす。
水の抵抗を楽しみながら腰を振り、そのまま女を持ち上げて風呂を出て、ベッドに運んだ。
そのまま横向けに2人してベッドに倒れこむ。
緩急つけて腰を振り続ける俺に女は何度かイキ、やがて意識が朦朧としてきたようだ。

女はすでに中出しに抵抗がなくなっていた。
それどころか、「早く、思いきり出して」と哀願した。
俺は女の中で小便をした。
子宮口とその周辺を激しく叩きつける小便に、女は「すごいすごい」を連発しながらよがり続けた。
なおも責め続ける俺に女は、「気持ちいい」と「痛い」を何度も交互に繰り返し叫んでいた。

意識を失う直前に思いきり締め付けてきたので、これで最後だろうと思った俺は、残った男汁を思いきり女の中に吐き出した。
小便とザーメンとラブジュースで、女の穴もベッドの上もドロドロだった。
モノを抜くと、赤いものが混じって流れ出してきた。
あれだけ激しく擦り続ければ血も出るだろう。
しばらくは使い物にならないかもしれない。

意識を失って弛緩したお尻の穴に挿入して俺は最後のザーメンを流し込んだ。
そして、もちろん女が眠っている間にトンズラである。
後でどんな文句を言われるかもしれないし、妊娠させた可能性も高い。

もちろん俺だっていつもこんな酷いことばかりをしているわけじゃない。
大切に付き合っていきたい女は、それなりに扱う。
俺のどうしようもにほどデカくて強いモノを存分に満足させてくれる女なら、だ。
しかし、そんな女など存在しないのかもしれない。

俺は最初の女と別れたことを今頃になって後悔している。
だが、後悔してばかりいても仕方ない。
今日も新しい獲物を探すのみだ。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

人妻鹿鳴館
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。