ストレス解消のために患者さんと院内セックス

この体験談は約 3 分で読めます。

30歳になる独身の看護師です。
看護師って日勤・準夜勤・夜勤の3交代のシフトで勤務時間はバラバラだし、女ばかりの職場だし、さらに一応命にかかわる仕事だしで、とにかくストレスが半端ないんです。
それもあって実は看護師って、かなりの確率で性欲処理のためのセフレがいたり、ナンパされたりして性欲を発散してたりしています。

かく言う私も誰にも言えない秘密があります。
それは院内で入院患者と、夜勤のたびにセックスしてたことです。
相手は腎臓を悪くして入院してきた50歳を過ぎた平凡な中年男性です。
日勤のときも、お尻を触られたり胸を揉まれたりとセクハラを受けていました。
検温しているときにスカートの中に手を入れられて、アソコを弄られたこともあります。
あるときは、布団を捲くるとおちんちんがすごい勃起していて、そのままオナニーしているところ見せつけられたりもしました。
その度に叱りましたが、効果はありませんでした。
それどころかどんどんイタズラはエスカレートしていき、スカートの中どころかパンツの中にも手を入れてきて、アソコを直接指で弄られたりすることもありました。

そしてついに、ある夜勤の日に、その男性と院内でセックスしてしまいました。
その日は患者さんからのナースコールもなくて静かな夜勤の日だったので、同僚と交代で仮眠を取ることにしました。
ちょうど同僚が仮眠中のことでした。
その男性がナースコールしたので様子を見に行きました。
行くと、すでに勃起したおちんちんを出してしごいていました。

私も生理前だったせいかエッチな気分になってしまい、そのまま男性の誘いに乗ってしまいました。
男性の勃起したおちんちんを手でしごいてあげたあと、お口でしゃぶってあげました。
男性も私の胸やアソコを弄ってきました。
いつもはセクハラされても濡れないのに、そのときは自分でもびっくりするぐらい濡れてました。

そして私は自分からパンツを脱いで男性に跨がると、騎乗位でおちんちんを挿入しました。
個室とは言え、病室は鍵が掛けられないので、いつ誰が入ってきてもおかしくありません。
とにかくバレないように声を押し殺してしました。
そんな状況でするセックスに、すごく興奮してしまいました。
気が付くと自分からクリトリスを擦りつけるように腰を前後に激しく振っていました。
男性は溜まってたのでしょう、先に私の中で大量の精子を放出しました。
それでも私はかまわず腰を振り続け、何度もイッてしまいました。

その日以来、私は夜勤のたびに同僚の目を盗んでは、その男性と院内セックスを繰り返すようになってしまいました。
もちろん男性が退院したあとも、私が夜勤明けで休みの日は朝から私のマンションを訪ねて来ては、そのまま1日中セックスしました。

最近では、お互いちょっと飽きてきたので、もっと刺激を求めようとSMプレイや露出プレイをしたり、スワッピングやら乱交パーティーなどにも参加しています。
私も30歳でそれほど出会いがあるわけでもないし、仕事のストレスを解消したいしで・・・、現在もその男性との関係をずるずると続けています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!