生はNGだと言うOLに中出し

この体験談は約 3 分で読めます。

細かいやりとりは省く。
その日は東京ドームでナイターを観戦し、試合後、水道橋付近で仕事帰りのOLのナンパに成功した。
軽く飲むくらいの気持ちだったが、気付けば終電が過ぎていた。
どうやらその子は社会人1年目。
卒業前に彼氏と別れたとかで愚痴が溜まっていたらしい。
まだまだ話し足りなさそうだ。
落ち着いた場所でゆっくり話したいということで、「何もしない」という条件でラブホで飲み直すことにした。

ラブホに着いてしばらく飲んでいると、どうやら眠くなってきたようだ。
目がとろんとして呂律も回っていない。
チャンスと思い、近づいて抱き締めてみた。
どうせ失敗しても、もう会うこともないだろうし。

しかし、抵抗はするものの力は弱い。
キスを迫る。
顔を背けるが、無理やりキスをして舌を押し込んだ。
キスをしたままベッドへ連れていく。
150センチくらいの小さい女の子だったので簡単に運べた。
しばらくベッドの上でキスをしていると・・・。

「私、今まで元彼のしかしたことないの。絶対にゴムをつけてね。私、結婚する人としか生ではしないって決めているから。元彼とも生では1回もしていないし」

・・・要するに、OKだということだ。

上を脱がし、胸を攻める。
Bカップくらいだろうか、あまり大きくはない。
ストッキングを脱がし、足裏の匂いを嗅いでみた。
そんなに匂いはない。
足の指を1本1本丁寧に舐める。
ここで一旦ストップがかかった。

「先にシャワー浴びさせて」

そう言うとさっさとシャワーを浴びに行ってしまった。

ここでふと思い立ち、彼女の荷物を漁って免許所を確認した。
ここまでは後腐れがないようにと、お互いに個人情報は言わないようにしていた。
彼女の名前は、『◯山るみ(仮名)』。
年は20歳で千葉の方から通勤しているようだ。

ここまで来ると、るみちゃんと生でしたくなってきた。
そこである方法を思いつき、備え付けの自販でローションを購入した。
そして俺もシャワーを浴びに行く。

「入ってこないでよ」と言われたが、お構いなしにそのままおっぱじめる。

流石に風呂場で最後までするのは微妙なので、ベッドに移動して続きを再開。
お尻の穴まで攻めてやった。
意外と毛が多くて驚いたが、ギャップに興奮した。

ここでフェラチオをお願いする。
渋っていたが、結局してくれた。
これが超上手い。
どうやら元彼がフェラ好きで、毎回口でイカせていたらしい。

このままではイッてしまうので、それそろ入れようとゴムをつける。

「これを使った方が気持ちいいから」

そう言ってローションも付け、とりあえず正常位で入れる。
しばらくしてからバックの体勢になってもらう。
このタイミングでゴムを外す。
そしてローションをたっぷりつけて、入れる。
よし、気付かれていないようだ。
生成功。

ここで悪魔の囁き。
このまま中で出してしまおうと思った。
射精する瞬間にローションをたっぷり垂らす。
射精してすぐにやめるとばれそうなので、そのまま腰を動かし続けた。
頃合いを見て抜いて、とっくに外していたゴムは素早くティッシュに包んで捨てる。

これである意味、るみちゃんの初めての男になったわけだ。
ごめんね、るみちゃん。
そしてありがとう。

そのまま疲れて寝てしまった。
朝方起きた時、るみちゃんはまだ寝ていた。
もう1発やろうとローションをたっぷり付けて入れた。
さすがに起きたけど、寝ぼけているっぽかったので、そのまま中出し。

その後、るみちゃんが再び寝入ったのを確認し、お金だけ置いてそそくさと帰った。
きっともう二度と会うこともないだろう。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!