バツイチ女って相当に乾いてますね

この体験談は約 2 分で読めます。

<自分のスペック>
俺:32歳、関東。
175センチ、70キロ。
服はモノトーン好き。

<相手のスペック>
27歳(実際は29歳だった)。
実家は関東だが、関西住み。

<出会うまで>
趣味友として知り合う。
住んでる地区が遠いので、最初はメールのみのやり取り。
それだけでも楽しかった。
彼女が何日か実家に帰って来ると言うので、実際に会って話がしたくなり面接に誘った。
最初は飯食って解散の予定。
お互いに次の日は仕事だったし。

<当日>
写メ交換無しで待ち合わせ。
見た目、普通のロングヘアが現れた。
推定160センチ、50キロ。
美人・・・ではないが、別にヤリ目的ではないので不問。

相手の地元だったので、リードされるままに店に入って食事。
この時点で巨乳の持ち主と判明。
それでも興味はそっちへ向かず、楽しく会話をして店を出る。
どうやらバツイチで現在は独り暮らし。
時々実家に帰ってるらしい。

近くの公園でフラフラしていると彼女から、「手を繋いでもいい?」と言ってきた。
こりゃその気だなと思い、軽く手を繋ぐ。
そしたら指を絡めてくる彼女w

「どこ行こうか?」

いやいや、聞かれても地元民じゃないからわかんないよ。

「じゃあ観覧車」

(オイオイ、まじでその気だなw)

観覧車の中での彼女は、冷たい頬を寄せてくるので精一杯らしい。
んじゃ、こっから先は男がリードしてやるかw

軽いキスからディープキス。
腰に手を回す。
意外と細い。
合格!

観覧車の後はカラオケへ。
歌でムードを盛り上げるのに失敗したので強引にキスw
服の上から乳揉み。

(ん・・・この弾力は!!)

「何カップ?」

「・・・F」

Fカップキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ッ!!!

人生初体験のF巨乳を揉みしだいてキスの嵐。
それだけで彼女はイキそう。
股間に手を入れると大洪水w
彼女の手を俺の息子へ誘導。
その時のうっとり顔に萌え~。

が、ここで惜しくも時間切れ。
終電前に解散。

<その後の展開>
普通のメールのやり取りは続いているが、事あるたびに彼女の方から誘ってくるw
あと数日で関西へ帰ってしまうというので、今夜再面接をセッティング。
そしたら彼女、ホテルまで探しといてくれてる!

バツイチ女って相当渇いてますね。
しかも家が遠い同士、後腐れない上に趣味友で知り合ったから、カラダの相性がイマイチでも普通の友達に戻れる率が高い。
こっちとしては願ったり叶ったりw

さて、ゴムは何個持っていこうか?

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!