彼女の中は最高に気持ちよかった[後編]

この体験談は約 3 分で読めます。

「あんっ!!・・・んん~~っ!」

彼女は快感の声をなんとか抑えようと、片手で自分の口を塞いで耐えようとしたが、耐えきれずに声が大きく漏れた。

「声、大きいね。我慢して。隣や上の人に聞こえるよ」

そう言うと彼女は、口を塞ぎながら必死にこらえてコクコクと頷く。
その様を見ながら、わざと音を立ててむしゃぶりついた。

ジュルっ、ズル、ピチャ・・・。

卑猥な音が響く。
びくっ、びくん!と彼女の身体が跳ね上がる。
腰がいやらしく、くねる。
声は堪えていた。

「これはどうかな?」

彼女のクリを吸い上げながら、指を2本膣に突っ込んで、中を激しく掻き回した。
もう片手で彼女の乳を揉みしだき、乳首を摘むように刺激しながら。

ズチャ、クチャ、ジュル!

いやらしい音がこだました。

「んんーーー!!ああっ!!もーだめ!おかしくなっちゃう!!」

ついに彼女が叫び声をあげた。

「あーーーー!」

ピクッ、ピクン!

一際大きな叫びの後、身体を一気に仰け反らせ、目をきゅっと瞑り、ピクッピクッと小刻みに身体を震わせた。
10秒くらい。
俺はじっとその様子を観察した。
彼女が目を開けた。
照れ臭そうに笑った。

「今、イッたね?」

恥ずかしそうに小さく頷いた。

「声、聞こえてるよ、隣に、絶対」

「いやだあ。恥ずかしいよ」

「我慢しないと、もっと聞かれちゃうよ」

俺は我慢できず勃起したモノを、イッたばかりの彼女の膣にあてがった。

「ん・・・」

彼女が困ったような顔で見上げる。
たまらなく可愛い。
そのまま膣の奥まで一気に押し込んだ!

「ん・・・。アンっ!!」

また大きく叫んだ。

「痛い?」

「ううん、気持ちいいの」

ぱんっ!!ぱん!

「んん!ん!いい!のー!」

腰を打ち付けるたびに声をあげ、「いい!」と叫ぶ。
めちゃくちゃ締まる膣だった。
そのまま肩に彼女の両足を乗せてのしかかる。
より深く奥に刺さるように。

パンッパンっ!パンッパン!パンッパン!パンッパン!

「んーーーー!!っ・・・!!!!」

彼女は俺の腕にしがみつき、声にならない叫びをあげた。
構わずピストンしまくる。

びくんっ・・・びくんっ・・・。

彼女は顔を紅潮させ、指を自分の口で咥えて横を向いていた。
また、イッたようだ。

「よくイクね。気持ちいいんだね」

またペニスを奥へ押し込んだ。

「んあ!」

今度は角度を変えて奥へ突き上げる!

「あーーー奥っ!!奥がいい!!奥~!」

何度もそう叫んだ。

「よーし、奥がいいのか」

そのまま突きまくった。
入り口の締まりがすごく、そしてペニスが入ると肉壁がどんどん奥へ絞め上がっていく。

(凄い、あーーもうだめだ)

「中に出すぞ!」

彼女の耳たぶを甘噛みしながら俺は叫んだ。

「んーーー奥ーーー!いい!中がいい!!中に出してえ!!」

そのまま中に思い切り射精した。
中が気持ちよすぎて、射精中もパンパン腰を突いた

「んん!んあ!あん。んん・・・」

彼女もイッたようだ。
膣が波打つように俺のペニスを収縮して、痙攣するように締め上げた。
気が遠くなるほどの快感だった。
頭の奥で電気がスパークしたようにズキズキした。

「中出し、初めてだったけど、すごく良かった」

彼女が俺にしがみついたまま、まだ膣を収縮させながらそう言った。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!