新着情報

16歳と29歳の恋

この体験談は約 2 分で読めます。

私が16歳で高校生の時、29歳の彼氏が出来た。

私の携帯によく電話をしてきて「今から飯くおーぜ。おごってやるよ」というラフな関係だった。
お兄さんような、お父さんのような、とても大人の男性のように感じた。

その日、私は親に嘘をついて、彼氏の家に行くことにした。お泊りで。
彼氏の車に乗り、コンビニでビデオやお菓子や酒を買って、家に向かった。
私は酒にはあまり強い方ではなかったが、彼が「オリジナルカクテル作ってやるよ」と作ってくれていい気になって飲んでいた。
ビデオは、格闘もので、大して面白くなかった。

すると、彼が私にキスをしてきて、私を立たせて、服を脱がせ始めた。
電気が完全についていたので私は「恥ずかしいよ」と嫌がった。
でも、彼は上手に服を脱がせて、裸の体のいろんなとこにキスをした。
そしてジロジロ眺めてきた。
やっぱり恥ずかしかったので「恥ずかしいからいやだ。電気消して!」と言ったら、彼はしぶしぶ電気を消し、私はそのまま押し倒された。
彼は慣れた手つきで私のアソコを舐めてぬらしてそのまま挿入してきた。
私はまだ、気持ちいいとか感じるとか、よくわからなかった。
だけど、すごい手際がいいと思った(笑)

しかも、ハメ撮りまでされて「なんでするの?」と言ったら、「あとでおれのおかずにするの」と言われた。
なされるがままにクルクル回され、バックとかいろいろ経験した。
奥までくるので思わず声が出て、それが部屋に響いた。
そんな感じで、ほぼマグロ状態で、彼の思うがままにクルクル回され突かれたまま、彼はイき、私にフェラをさせてHは終わった。

なにがなんだか分からなかったけど。

Hが終わってから、彼は私を腕枕にしてくれた。
「朝痛くなるよ?」と言ったけど、「くぼみに入れてるから痛くないから」と言って、私に毛布をかけてくれて抱きしめてくれた。
とても優しいと思った。
そのまま寝てしまったけど。

朝になっても腕枕をしてくれたままでした。

【iコミックらんど】叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

サークルLOVE
最強媚薬エロティカセブン