新着情報

出張先のスナックで知り合った女と浜辺で立ちバック

この体験談は約 3 分で読めます。

田舎に出張に行った時の話。

その日の仕事が終わり、明日で仕事が終わるからってことで地元の人にスナックに連れて行ってもらったんだ。
俺らの他には若い女1人とおっさん2人の客がいただけ。
といっても常連客で店での知り合い同士みたいな3人だった。
まぁ俺らは上司らと楽しく飲んでたんだ。
そしたら向こうのおっさんらがカラオケでコブクロを歌いだしたんだけど下手。
っていうか、知らないけど頑張ってた感じ。

俺は久しぶりの酒と出張先のストレスで思いっきり歌いたくて仕方がなくなった。
歌には自信があるほうだったし。
んで歌い始めたわけさ。

そしたらおっさんらが、「いやぁ若い子は歌が上手いし、よく知ってるねぇ」って話し掛けてきた。

酔った勢いで色々話してるうちにお互いのグループが仲良くなってたんだけど、俺は歌いたかったからずっとカウンターにいたんだ。
そしたら女が、「歌上手いねぇ~、格好いいわぁ~」とか色々話し掛けてきた。
んで女のリクエストに合わせて色々歌って番号交換とかしたんだ。

女は26歳で年上だった。
顔は普通より少し上くらい。
スタイルも普通の女。

女はだいぶ酔ってきたのか耳元で・・・。

「この後、うちにおいでぇゃあ~。歩いて10分もかからん所やからぁ」
「2人でいい事しよ!」
「子供できてもいいやぁん」

とか色々言ってきた。
酔ってたけど、最後のセリフだけは耳にしっかり残ってるw
それ聞いて俺は、(こいつヤバイ?)と思ったwww

まぁ欲求不満は溜まってたけど、明日も仕事早いし連日の疲れもあって、それに彼女もいたし俺は断ったんだ。
上司の目が一番気になったかもw
まぁ女もなかなか諦めなかったけど。

んで、だんだんお開きの雰囲気になってみんなぞろぞろ店を出た。
しかし俺は考えた。

(こんな経験、この先ないかもしれないぞ?勿体なくないか?)

何より地元のツレに話したら馬鹿にされる。
ここはヤらなきゃ勿体無い!
いい話のネタになる!

ということで女に電話した。
スナックと宿が海辺にあったので、「その辺にまた来て!」と言って待ってた。
砂浜沿いの道路をふらふら歩きながら待ってたら、向こうから女が来た。
かなり酔ってたみたいで、いきなりキスをしてくる。
田舎だし夜だから人通りは全然ないんだけど、車はたまに通る道で思いっきりディープキスされた。

すると、「ほら、こんなに濡れてる・・・」と言って俺の手をアソコに誘導する。
酒が入ってるとはいえ、キスだけでそこまで濡れるか・・・というくらいビショビショだった。

車が走っているが、気にせず手マンをする。
今度は女が俺のチンコをチャックから出して、道路に跪いてしゃぶり始める。
普段なら車なんかを凄い気にするから無理だけど、さすがにこの日は気にならなかった。
凄い愛おしそうにしゃぶっている女を今もよく覚えている。

その後、海辺の砂浜に移動し、女の服を全部脱がせ、建物の壁に手をつかせて立ちバックで突いた。
その建物は俺らの宿だったから少し気になったけど、このエロ漫画のような女に夢中だった。

「めっちゃ奥まで届く・・・」
「自分でクリ弄るね・・・」

なんてことを声が出るのを我慢して小さな声で喘ぎながら言っている。
とにかく砂浜に垂れるくらい愛液が出てた。
しかも俺も気持ちよくなってきて激しく突き始めると・・・。

「中に出していいよ・・・」とか言い出す。

一夜限りとはいえ、さすがにそんな事はできない小心者の俺。

「いいよ中に出してっ!気持ちいいよっ!」

中に出す気のない俺は普通に尻に出した。

まぁ少しだけイチャついて帰った。
その後1度だけ電話があったけど出なかった。
エロ本のような経験だったなぁ。
長文で申し訳ない。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレンタル
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。