透けブラと浮きブラに一目惚れ

この体験談は約 4 分で読めます。

私が20歳の時、ある会社の事務員として就職した。
その事務所の自分の席から少し離れた所に小柄の女性がいた。
飾り気のない、可愛い感じの女性だった。
会社の制服は、上は白い事務服だが下は自前で、彼女はいつも紺色のスカートを穿いていた。

名前は真樹。
年は自分より2歳年上だった。
真樹さんはいつも白い事務服の背中にブラジャーが透けていた。
肩紐が4本透けていたので、ブラジャーとキャミソールを着けていることが多かった。
入社早々彼女に一目惚れをした私は、事務所内で声を掛けたりして近づいていった。

会社が終わってバス停でバスを待っていると真樹さんがやって来た。
自分と同じ町に住んでいることがわかった。
その日から、できるだけ真樹さんと同じバスになるように仕事を終えた。

ある夏の日、真樹さんと同じバスに乗っていると、真樹さんの白いブラウスの襟元から白いブラジャーが見えていた。
真樹さんは普通に世間話をしていたが、こちらは興奮状態。
気づかれないようにブラの観察を続けた。

真樹さんはかなり小さい胸のようで、ブラジャーのカップがだぶついている。
ブラジャーの柄もくっきりと見え、真ん中の小さなリボンも見える。
バスがカーブを曲がったとき、真樹さんの体が傾き、ブラジャーのカップの中に日光が射し込んだ。
真樹さんの小豆大の可愛い乳首がはっきりと見えた。
私の下半身は苦しいくらい勃起していた。

すっかり真樹さんのことが好きになった私は、ある日喫茶店に誘い、真樹さんに告白した。

「私ね、今好きな人がいるの。遠距離恋愛なんだけどね」

結局、私はフラれてしまった。
しかし、真樹さんへの思いを断ち切ることはできなかった。
しばらくして、残業で遅くなった日があり、たまたま車で来ていた真樹さんに乗せてもらうこととなった。
私のアパートの近くの広場に車を停めて世間話をしていた。

「最近、遠距離恋愛の彼と上手くいっていないんだ・・・」

内心嬉しい気持ちもあったが、悲しそうな真樹さんの顔を見ていると辛くもなり、精一杯慰めた。
すると「ありがとう」と言い、真樹さんは私の顔にキスをしてくれた。
その後なんとなく、真樹さんとドライブに行ったりする仲になった。

ある日、海を見に行くこにとなった。
彼女の家の近くで待っていると・・・。

「ごめんね。待った?」

黒髪のショートが可愛い。
真樹さんは白のTシャツに、ジーンズ生地のタイトミニスカートを穿いていた。
足が少し光沢を帯びていたので、薄いストッキングを穿いていたのがわかった。
ドライブインで真樹さんが車から降りる時、真樹さんの股間の白いパンティーが見えた。
胸のTシャツはブラジャーのカップが透けている。
肩には時々ブラジャーの肩紐が露出・・・。
ちょっと無防備なところがある女性だった。

その日の帰り、暗くなった川原に車を停めて話をしていた。
私はその日、真樹さんとエッチなことをしたいと思っていた。
一瞬会話が途切れた時、真樹さんの肩を抱いた。

「キャッ、いや・・・」

しかし私は真樹さんを抱き寄せ、キスをした。

「むっ、むむむっ」と微かに呻き、私を押しのけようとした。

私は真樹さんの唇に自分の唇を重ね、真樹さんの口の中に舌を入れようとした。
最初真樹さんは歯を食いしばって拒んだが、しばらくすると自分の舌先に真樹さんの温かい舌先が当たってきた。
そして真樹さんの舌と絡ませあった。
ちゃぷっ、くちゃっと音がする。
真樹さんの唾液をすすった。
甘い味がした。
口の中で私と真樹さんの唾液を混ぜる。
キスをしながら真樹さんのTシャツに手を入れ、背中を愛撫した。
真樹さんのホックのブラジャーが手に当たる。
愛撫しながらそっとブラジャーのホックを外した。
Aカップのブラジャーのホックがはずれた。

「んっ、いや・・・」

真樹さんの胸に手を持っていき、真樹さんの乳房を揉もうとした瞬間、「いやっ、まだだめっ」と強く拒否された。
仕方なく私は、先に進むことを諦めて、キスと背中の愛撫を続けた。
しばらくすると真樹さんの口から、「くっ、んんんっ、あっ・・・」と聞こえてきたが、その日はそこまでだった。

「ごめんね・・・まだ彼と別れたわけじゃないし・・・。セックスも今まで彼と一度だけしかやっていないから、怖いの・・・」

私は、後日のチャンスを願った。
自動販売機でジュースを買おうと車から降りる時、真樹さんの座っていたシートをふと見ると、はっきりとシミになっていた。
そして真樹さんのタイトミニスカートのお尻の部分には、くっきりとシミがついていた。
愛液特有の香りが車内に漂っていた。
きっと真樹さんの性器はびしょびしょに濡れていたのだろう。
興奮が戻ってきた私は、また真樹を抱き締めた。

「きゃっ、ちょっと・・・やめて」

「真樹さん、好きなんだ。優しくするから・・・」

「う・・・うん・・・」

周りに人がいないことを確認して、また真樹さんとキスをした。
真樹さんはさっきの愛撫の余韻が残っていたのか、今度はあまり拒絶しなかった。
真樹さんの胸に手を入れた。
ブラジャーの上から揉む。
そしてカップの中に。
真樹さんの乳首を指先で転がすと、「いやっ、あっっあーーーっ」と叫んだ。
どうやら先ほど過剰に拒絶したのは、乳首が性感帯であることが恥ずかしかったからだろう。
真樹さんの胸は本当に小さな微乳だった。
あまり時間がなかったので、どんどんリードしていった。
真樹さんのタイトミニスカートの中に手を入れ、パンティーの股間部分を愛撫した。
べちょべちょぬるぬる状態だった。
パンティーをずらし、痛いほど硬くなった肉棒の先を真樹さんのオマンコに当てた。

「真樹さん・・・入れるよ」

「う・・・うん・・・」

ヌルニッと全てが真樹さんの膣内に収まった。

「ああっ、うっくっ、あっあっ」

すぐに射精感が来た。

「真樹さん、出そう・・・」

コンドームがなかったので生でやっていた。

「危ないかも知れないから外に出してっ」

「わかったよ、真樹さんっ、真樹っ、イクっ」

私は最初のドクッを真樹さんの膣内に注ぎ、後は真樹さんのお腹に出した。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!