焼けた肌に白い下着のコントラストは大興奮

この体験談は約 3 分で読めます。

私は九州の某市に住んでいる26歳。
先日、中学の時からの大親友(A)の妹、めぐみちゃん(高校2年生)と関係を持ってしまいました。

Aの家は、A、母、妹の3人家族。
母はスナック勤務で夜はかなり遅くならないと帰って来ないんです。
昔はAが家にいない時で遊びに行けるくらい馴染んでましたが、福岡の会社に勤務するようになって久しく足を運んでなくて、こっちに異動になったついでに挨拶も兼ねて久しぶりにAの家に遊びに行きました。

久しぶりにめぐみちゃんと再会しました。
昔は小学生だっためぐみちゃんも、今は立派な女子高生。
ムラムラした気持ちのまま、その日は家を後にしました。

後日、Aが彼女と北海道旅行に行って不在なことを知り、わざと母親のいない夜を狙って遊びに行きました。

「おっ、めぐみちゃん。Aいるかな?」

わざとらしく尋ねると、体操服姿のめぐみちゃんが、「兄ちゃんは旅行で何日か帰って来ないです・・・」と小さな声で答えました。

めぐみちゃんは、はっきり言ってそんなに可愛くないです。
スタイルも、ぽっちゃりチビで・・・。
地味な娘です。
しかし、スケベな私にそんなの問題なし・・・若いというだけで性の対象です!

お茶の間で、「久しぶりだね」とか「可愛くなったね」とか「彼氏は?」とか、どうでもいい話をしていました。
しかしながら、ムラムラと立ちっぱなしのチンポが、どうにも言うことを聞かず、「ねぇ・・・キスしない?」と言って、返事も聞かずに強引にキスをしました。
すると、そんなに嫌がらなかったんです。
たぶん地味な子なんで、普段男と会話することのない自分がキスされてることに混乱してたのかなと思います。

3分くらいキスをして、そのまま一気に体操服上に手を入れてブラに手をかけました。
ここでも抵抗なし。
というか、こんなときにどうしたらいいのかわかっていないのでしょう。

(これはイケる!)

そう確信して、ブラ越しにぽっちゃりの胸を貪りました。

上着を脱がせると、地味な白のスポーツブラ。
しかし、部活(テニス部)で日焼けした真っ黒な肌に真っ白なスポブラのギャップがエロ心をくすぐって超興奮!
それから10分ほど、胸を堪能しました。

さあ、いよいよメインです!
体操服の下に手をかけました。
これには、さすがにめぐみちゃんも少し抵抗しましたが、弱い力なので楽々脱がすことができました。
出てきたのは、これまた地味な白いパンツ。
黒い太ももに白いパンツはかなり興奮もので、パンツフェチな自分は脱がすことなく、ブラもパンツも着けたまま、かなり長時間愛撫しました。
その間、めぐみちゃんはどうしていいか分からず、ただ私がすることを見ながら、「はぁ・・・はぁ・・・うっ・・・」と言ってるだけ。
ちなみにマン毛は濃くもなく薄くもなく普通くらい。

おちんちんはもうMAX状態!
本当はフェラもして欲しかったところですが、さすがに無理かなと思い、パンツをずらしてそのまま挿入・・・。
やばいほどの締め付けと、幼い顔が苦痛に歪んでる表情、そして真っ黒な肌に白い下着姿に興奮して、キスをしながら夢中で腰を振っていたら5分ほどで発射してしまいました。
我ながらかなり大量でした。
真っ黒な肌に真っ白な精子、このコントラストにも興奮しました。

一戦終えて「ゴメンね」と言うと、「ううん、気持ちよかった・・・」と。

(えっ・・・)

驚きの返答に困惑していると、同級生の彼氏(地味でオタク)がいて、かなり性欲が強く、週に3回はセックスしているとのこと・・・。

その後も大体月1ペースでセックスしてます。
地味だと思ってましたが、かなり変態でした(笑)
思っていた展開とは違いましたが、いいセフレが出来ました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!