新着情報

娘と並ぶと姉妹に見える若い見た目の母親と

この体験談は約 4 分で読めます。

連休初日に友人と飲みに出掛けた。
繁華街の居酒屋で飲んで、店を出たら長い髪の女性が2人歩いていたので、可愛いかもと思い友人と2人で声を掛けた。
綺麗な2人で、最初はなかなか食いつかなかったが、カラオケに行く事になった。

2人が似てるので姉妹かと思ったらなんと親子だった。
しかも短めのスカートを穿いてたのが母親(名前は理恵ってことで)。
娘がここに住んでるから母親が遊びに来たのだとか。

理恵「おばさんでガッカリしたでしょ?」

なんて言われながらカラオケを2時間。
年齢は言わなかったが、「まだギリ30代」と話してたので38か39か。
母親って事でビックリしたが、ムッチリした太ももの色気はなかなかのものだった。

娘が寮に入ってるようで、今日はビジネスホテルに2人で泊まるらしい。

理恵「◯◯ホテルって分かる?」

理恵にそう聞かれ、「知ってるよ。ちなみに俺が住んでる部屋もここから歩いて5分くらい」と話したら、「そんなに近いんだぁ」と。

カラオケも終わり、「今から風俗に行く」と言う友達とも別れて解散。
俺も歩いてアパートへ帰る途中、寄った近くのコンビニでさっきの2人に遭遇した。
2人の泊まるホテルからは最寄りのコンビニだった。
「あらぁ?」と理恵から話し掛けられ、3人で歩いてホテル前で別れ、俺は自分のアパートに帰ろうと歩いてた。
と、2、3分してからか理恵が走って追いかけてきた。

理恵「もう少し飲まない?」

でも、ちょっと繁華街から離れてる・・・。

理恵「お家、近いんでしょ?」

ってことで俺のアパートで飲み直すことになった。
2人でさっきのコンビニで買った酒を飲んだ。

歳を聞かれ、「28歳」と言うと、「マジでぇ?私と11歳違うんだぁ?」と驚いてたが、こちらも19歳の娘がいる事にビックリだった。

「だって出来ちゃったんだもん」と話す理恵。

旦那とは同じ会社で働いてたらしい。

理恵「私こんなだから『ヤンママ』なんて言われたりしたのよ」

確かに茶髪のロングで派手だからそれも納得だ。

俺「でも見た目若いからビックリしたよ?」

理恵「マジで?若く見えた?」

俺「顔立ちが似てるから最初は姉妹かと思った」

理恵「マジで?嬉いんだけど」

理恵は喜んでいた。
目鼻立ちもハッキリしてるから、若い頃はかなり綺麗だったような気がする。

理恵「若作りしてスカート穿いて良かった」

俺「脚、綺麗ですよね?」

理恵「え、太いじゃん?」

太いと言えば太いが、ムッチリした太ももはなかなかだった。

俺「いやぁ・・・堪んない」

そう言って理恵の太ももを触ると、「39歳のおばさんでもいいの?」と聞かれ、「いい・・・堪んないよ」と理恵の太ももを撫で回し、キスした。

理恵「こっち来て良かった、こんなに若い子と知り合えちゃった」

上着を脱がすとおっぱいが露わに。
おっぱいは小さめだが色白な体が堪らない。
ベッドに寝かせて全部脱がす。
首筋から舐め回していると白い肌がピンクに染まる。
おっぱいも敏感で、「ンッ・・・イャン・・・アンッ」と声を上げる理恵。
下腹はちと贅肉がついてるが、気にせずに舐め回し、スカートを脱がしパンティを脱がすと・・・。

理恵「恥ずかしいよ・・・暗くしてよ」

暗くして脚を開かせて舐め回すと、甘酸っぱいエキスがたっぷり出てました。

理恵「アンッ!アンッ!気持ちいい!」

暗くしたら急に喘ぎが大きくなった。

理恵「アンッ・・・おちんちん見たい」

理恵は起き上がると俺のジーンズを脱がし、「やだぁ、ボクサーパンツ!」とニヤニヤしながら少し勃起したモノを触る。

俺「ボクサーパンツ好きなの?」

理恵「だって形が分かるから」

しばらく理恵はパンツの上から撫で回していたが、我慢できなくなったのか、俺のモノを引っ張り出すと、先端を咥えて舌先でカリを舐め回す。
理恵はすっかり勃起した俺の裏筋を手で撫で回しながらジュルルジュルルと吸い付いてくる。

俺「理恵さん、やり過ぎたら出ちゃいます」

理恵「ダメよ・・・」

理恵の脚を開かせて中に・・・。
ヌルッと滑り込むと、「凄い硬い!」と声を上げていく理恵。
中は滑って気持ちいいし、俺も擦れ具合が堪らない。

理恵「アンッ!イイッ!アンッ!アンッ!アンッ!」

声を上げている理恵に突き入れました。
どんどん中はヌルヌルと湿り気が増してきて、ピチャッピチャッと卑猥な音も出していく。

俺「イヤらしい!」

理恵「だって気持ちいいんだもん!」

さらに声を上げていく理恵。
先端から根元まで理恵のエキスでヌルヌルになっている。

理恵「アンッ!イキそう!」

俺「いいですよ!俺も爆発しそう」

理恵「いいよ!アンッ!気持ちいい!」

俺も激しく突いていくと、「キャァ!イク!」と硬直させて痙攣する理恵。
俺も激しくそのまま突き上げ、理恵の中にフィニッシュ!

理恵「アンッ!凄い!」

理恵がギュッと抱きついて来て、果てました。

余韻に浸りながらキスしてると、「凄い硬いね?若いと違うんだぁ」と笑う理恵。

「理恵さんもズブ濡れで堪らなかったよ」と話すと、「だって気持ち良かったから」と笑っていた。

ベッドで休んでたら理恵から2回目を誘われ、今度は上に乗られてこってり搾り取られた。
時計を見ると既に1時を過ぎていて、「泊まっていい?」と言われたので理恵を泊めました。

20代を子育てに費やした理恵は、ようやくここ最近遊べる余裕ができたらしい。
浮気は1、2度あり、最近は会社に出入りする業者の営業マンが気になっている様子。

「理恵さんより若いんだし、誘ってみたら?」と話すと、「今度、誘ってみようかな?」と。

翌朝、連絡先を交換して理恵と別れました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ミドルラヴ

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン