人気映画の立ち見席でJKと立ちバック素股

この体験談は約 5 分で読めます。

先週の週末、女性に大人気の某映画を見に行きました。
春休みで週末の昼間ということもあり、館内は超満員の状態でした。
私は暇潰し程度の気持ちで入ったんですが、気が付けば後ろで立ち見をするはめに。
映画はすでに始まっていたんですが、私の後から入ってくる人もいて、とっくにぎゅうぎゅう詰めなのに、さらに前に押されるような状況でした。

映画館の後ろにある立ち見ゾーンというのは、一番前にパイプが付いてるんですね。
私は、そのパイプに腕を掛けて前傾姿勢で映画を観ている女の子の後ろに密着するような感じになっていました。
女の子は友人と2人で来ているらしく、時おり隣の子を話をしていました。
話の内容を聞いていると高校生ぐらいのようでした。

ともかく、私の後ろの人たちは私を前に押し出そうと力をかけるものですから、私とその子はまるで立ちバックをしているかのような体勢に。
でもその子は、この混雑だから・・・程度にしか思っていないようです。

前傾姿勢の女子高生の尻に私の股間が当たっている・・・。
性欲が湧くに決まっていますよね(笑)

最近の若い子はとってもスタイルが良いです。
カーディガンから浮き出して見えるキャミソールのラインがそそります。
そっと下を触ってみるとフレアのひらひらミニのようで、私の手がお尻に触れた瞬間、ビクッとしたのが感じられました。
しかし、隣にいる友人に気が付かれるのを嫌ったのか、抵抗はその程度。
私は(いける!)と判断し、そのまま両手をゆっくり侵入させ、スカートをすーっと持ち上げました。
一瞬、その子がこちらを振り向くような素振りを見せたんですが、この混雑のせいで体の位置を変えるのは不可能な状況でした。

(よし、声を出したりしないな)

私は、その子のお尻を触っていた両手を上へ滑らせ、パンツの両サイドに指をかけてゆっくりと太股まで下ろしてあげました。
それまで女の子は逃れようとしていましたが、下着を下げられると固まってしまいました。
私はお尻の割れ目に沿って右手を下へ滑らせ、花びらに到達しました。
しっとりと湿っていました。
女の子は固まったままだったので、右手でクリトリスを弄びながら左手をカーディガンの中に侵入させ、ブラウスのボタンをいくつか外してベアトップのキャミソールの上から優しく乳を擦るように揉むと、だんだん乳首が勃ってくるのが感じられました。
右手と左手の動きをシンクロさせながらゆっくりと上下の豆を弄んでいると、女の子は時おり顔を伏せて感じている様子。

その事を確信させるように、花弁からは粘りの強い本気汁が出てきました。
そっと指を挿入すると、「あっ」とちっちゃな声。
完全に女の子は感じちゃってる様子で、脚をビクッビクッとさせていました。
キャミの上から乳首を優しく弄びながら、ぐっしょり濡れた蜜壺に指を2本入れてゆっくり中を掻き回しました。
女の子は挿入した指を締めてきて、ビクビクッと脚を震わせ、とうとう見知らぬ男の指でイッてしまったようです。

私もそろそろイキたくなったので、一旦胸から左手を抜き、ズボンのチャックを下げて、最高潮に達している竿を周りに気づかれないようにゆっくり取り出しました。
そして女の子の火照ったお尻に擦り付けました。
女の子も熱い肉棒の感触に気づいたようで、さすがに焦っていましたが、もう腰が落ちちゃっていて抵抗できません。

すっかり紅潮している生尻の感触が竿を通して伝わってきます。
私は手を添えて、滴るほどになっている花弁まで持っていき、割れ目に沿えて女の子の中から出てきているお汁を塗りたくり、少し腰を下げて竿を花弁に擦り付けました。
そこはもう、そのまま挿入できそうなくらいすっかり濡れきっていました。
女の子は犯されると感じたのか、ますます焦っていましたが、身体に力が入らない様子です。

私は女の子の可愛らしい左手をそっと導いて竿を握らせました。

「ぃゃぁ・・・」

またちっちゃな声を出しましたが、同時に挿入していた私の指をキュッと締めてきました。
顔を伏せて、声が出るのを堪えてているようでした。
映画も佳境に入っている様子で、隣の友人や、周りも気が付いていないようでした。

私は再び左手をブラウスの中に入れ、今度はキャミのストラップを外してそっと引き下ろし、乳首を摘んで優しく捏ねながら、ゆっくりと指マンを再開しました。
その状態で竿を素股に挟み、ゆっくりと入れたり出したりの動作を繰り返しました。
もう気分は最高です。

友人の横で、見知らぬ男にスカートを捲られ、パンツを下げられ、キャミをずらされ、股間に勃起したモノを挟まれている・・・。
羞恥心のせいでしょうか、女の子の中はビクビクと動きました。
私に挿入されると思ってか、何とか逃げようと尻をよじり腰を動かすので、いよいよガチガチに勃起しました。
玉がぐわんぐわんして、射精感が高まってきました。

さて・・・。
もちろん挿入したいという気持ちは湧きました。
でも、ぐっと我慢して、素股のまま女の子とシンクロしてイクことにしました。
乳首とクリトリスを弄りながら激しく指で掻き回してあげると、女の子は身体をピンと硬直させ、必死に声を出さないようにしながら絶頂しました。
ガクガクと震わせる脚にこれでもかと擦りつけて、ビュービューっと激しく射精しました。
少女のプリプリの脚やお尻の感触を感じながら、最後の一滴まで絞り出しました。

一息つくと、そっと膣から指を抜き、丸出しのお尻を優しく撫でてあげました。
2度3度と見知らぬ男にイカされた余韻が残っているのか、その子のお尻はピクピクッと可愛らしい反応をしてくれました。
あちこち乱れた格好では恥ずかしい思いをさせてしまうので、密着して火照った柔らかな身体を感じながら、ずらしたキャミを上げ、ブラウスのボタンを留め、膝まで下りたパンツを元の位置に戻し、たくし上げて腰に挟んでいたスカートを下ろし、身なりを整えました。
そうして女の子の手をそっと握って恋人繋ぎすると、女の子もおかしくなっちゃってるのか指を絡めてくれました。

映画が終わり、男子トイレに行って後始末をして出てきたとき、ちょうど女性トイレから出てきた女の子と鉢合わせになりました。
スカートとカーディガンに見覚えがあり、目が合ったのでそっと微笑みかけると、私だと感づいたのか怒ったようにぷーっと頬を膨らませて睨んできましたが、その頬はほんのり紅潮してました。
私が指で小さくバイバイすると、困ったような顔になって微かにぺこりと会釈して、友人の所に駆けていきました。

こんないい子に、挿入したり、ぶっかけなくて良かったです。
それにしても可愛い子でした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!