痴漢さんのを思い出すと彼氏のじゃモノ足りないんです

この体験談は約 4 分で読めます。

私は普通のOLをしています。
もちろん彼氏もいます。
毎日充実した日々を過ごしていました。
あの日までは・・・。

電車で30分ちょっとで会社に着きます。
その日も憂鬱な満員電車に揺られていました。
前後左右から押されながら・・・。
乗ってすぐ、後ろからドンと押されました。
私はすぐに気付きました。
お尻に刺さった硬い物に・・・。
その硬い物は私のお尻の割れ目をなぞるように移動します。
意識したくなくても勝手に意識が集中していきます。
するとその人の手が、お尻と硬い物の間に入ってきて何かごそごそとしています。

ジー・・・。

チャックを下ろした音だとすぐにわかりました。
そしてぐっと刺さる硬い物。
ズボンの上からと、ズボンから出した物とでは、お尻に刺さった感じが全然違います。

(もしもこの人の先っぽが濡れてたら、スカートに染みが付く・・・)

咄嗟に思ったことです。
なぜ私がこの行動をしたのかわかりません。
ですがこの時はたぶん、周囲の人にバレたくないという思いが強かったのだと思います。

私は後ろの人の硬い物にスカートを捲って被せました。
自らスカートの中に忍ばせたということです。
熱くて硬い物がパンツに刺さりました。
それが後ろの人を興奮させたのか、私が体を許したと勘違いさせたのか、後ろの人は私のパンツをずらすと私のアソコとパンツの間に硬い物を忍ばせました。
つい反応してしまった私は足をぎゅっと閉じました。
後ろの人のカリの部分でしょうか。
私のクリトリスを引っ掻くように擦られました。

(反応しちゃう!)

クリトリスが弱い私は足がピンとなって、自ら腰を突き出すようにビクビクとなってしまいます。
つま先立ちで手すりに掴まり、相手の腰が突き出されるのを必死に、何事もないかのように耐えました。
しかしカリがクリトリスを引っ掻くのは変わりません。

(お願い・・・出すなら早く出して・・・)

私のスカートが後ろの人の物で盛り上がったりします。
スカートがそんな動きをするわけがありません。
太ももに挟まれた物は滑らかに動きます。
もう私も濡れていました。
太ももを私の中から溢れた液が伝っているのがわかります。

(それ以上されたら私、イッちゃう・・・)

クリトリス派の私に、30分の通勤時間は長すぎました。
自分ですれば5分でイケます。
後ろの人はしつこく一定のスピードで引っ掻いてきます。

(もうダメ・・・)

自分でもわかるほど、腰がクイッとなっていました。
ヒールを履いていても、かかとが床に着かないくらい足がピンとなっています。
その時でした。

にゅる・・・。

私の中に後ろの人の物が入ってきました。

(え・・・あっ・・・)

その瞬間、私はイッてしまいました。
イク寸前で急に入ってきた物のせいで、入れただけで・・・。
後ろの人は構わずに同じスピードで出し入れを始めました。
お腹側をガリガリ引っ掻くように出し入れされました。
足はガクガク、腰はビクビク・・・。

(またイク・・・もうやめて・・・)

そう思っても抵抗すら出来ず、さらに2回イカされました。

(もう少しで駅に着く・・・)

私はそれまでの辛抱だと思い、必死に耐えました。
後ろの人の物が私の中でビクビクしておっきくなってきます。

(まさか中に?それだけはダメ・・・)

私は自分の体に反抗しました。
私の体は中に出されるのを求めてるみたいに腰が突き出され、締め付けてるのがわかりました。
なんとか抜いた直後でした。
私のアソコとパンツの間に音が聞こえそうなほど勢いよく発射されました。
一部がクリトリスに掛かってビリビリします。
その後、後ろの人は駅に着くギリギリまで、自分が出した精子を私のアソコに塗り、ドアが開くと満足したようにどこかに行ってしまいました。

その夜は彼氏とホテルで燃えました。
指や舌で何度もイキ、素股でも何度もイキました。

彼氏に、「今日は凄くイクのが早いね」と言われました。

ですが、いざ入れた時の話です。
なかなかイケません。
いつも1回は必ずイクのに、彼氏の物で全然イケないのです。
クリトリスではイケましたし、指で激しくされればイキました。
なのにどうしても、彼氏の物でイケなかったのです。
それでも、彼に悪いので演技だけはしました。

終わってボーっとしながら考えて、はっと気付きました。
彼氏の物だと擦られたときにクリトリスまでカリが来ないのです。
長さ的にも角度的にも。
バナナみたいに弧を描くような反り方じゃないとダメなんです。
彼氏の物を入れて、はっきりと気付きました。
彼氏も結構おっきいと思ってたんですが、痴漢の人のは更におっきかったんです。
直立で足を閉じていたからかも知れませんが、360度全体をガリガリ引っ掻くような大きさでした。

私はもう一度確かめようよ、毎日同じ電車の同じ場所に乗りますが、いまだ出会えてません。
毎日、1人エッチをしています。

(あんな大きな物を一日中入れられたら・・・)とかって妄想しながら。

そんな事が頭から離れず、疲れきるまで何度も何度も1人エッチをしてしまいます。
長々とすみませんでした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!