集団痴漢に遭った私に親切にしてくれた人も痴漢でした

この体験談は約 3 分で読めます。

出張で関空へ行く途中のJRの中で痴漢に遭いました。
以前にも地下鉄で押しつけ痴漢に遭い、鉄道警察へ連れて行かれた経験があります。
もちろん痴漢してくる男が一番悪いけど、やはり自分にも非があるような気分で・・・。
最近はミニも穿かず、パンツルックの服装が多かったから油断してたのかな?

今日も白のパンツルック。
シルク混の薄手の生地だったから、下着も白のTバックにしていました。
最近になって初めてTバックを穿くようになった私。

(薄着になると、こんなに意識しちゃうんだ・・・)

初心者マークの私は、ちょっと挙動不審だったのかもしれません。
電車に乗り込んでも男性の目線が自分のお尻に集中しているような気がして・・・。
すぐに窓際に移動して、キャリーバッグにお尻を乗せる体勢で寄りかかっていました。
そしたら思った以上に混んできて・・・。
今更キャリーも動かせず、寄りかかったままの体勢で私は、おじさま達に囲まれてしまったんです。
ポールを掴んで立つ男の人の複数の腕に挟まれてしまって身動きが取れない私。
混んだ車内で向き合うカタチになってしまい、居心地悪くしてました。

するとおじさま達は目線を下にずらし、足先から上へ舐めるように・・・。
最初は単純に、(キャリーが邪魔なのかも)と思ってたんだけど。
おじさま達の目線はおへそ、もたれたせいで少し開き気味の脚、そしてあそこに注がれて・・・。
電車の揺れと、キャリーにもたれているだけの不安定さの中、キャリーの背後からいきなりお尻を鷲掴みされました!
私のお尻の割れ目を楽しむように、その手はスライドされて・・・。
振り向こうにも振り向けない・・・。
そんな中、手は腰からホルターネックのシャツの中へ滑りこんできて・・・。
きゅうっと脇を閉めてガードしたのに脇の下から手は伸びて、脇の柔らかいお肉を優しくかき分けるようにブラの中へ手が滑り込んできたんです。

(いや・・・)

思わず身体をよじった瞬間でした。
今度は前から手が伸びてきて、あそこを揉みしだかれました。
一瞬、何が起きたのかわからないまま、また手は伸びて太股を上下にタッチ。
あっという間に片脚に1人、正面から股間に1人、背後と横から1人ずつ・・・。
私は4人のおじさま達に同時に責められました。
背後からブラを押し上げ、右の乳首を2本の指で転がされ、別の2人には胸とお尻を揉まれました。
私は前屈みになり、必死に声を殺して耐えていました。
でも正面の50代後半くらいのおじさまは、執拗にあそこを指で擦りつけてきて耳元で荒い息遣い。
もう、どこに意識を持っていったらいいのかわからず、私は1人のおじさまの腕に掴まって次々に押し寄せてくる快感に耐えるしかありません。

「ん・・・っはぁ・・・はぁぁ・・・っ、んく・・・あぁ・・・っぁあ・・・ん」

パンツのボタンを外され、いきなりパンティの中にゴツゴツした指を押し入られ、クリを擦られて1回目の絶頂。
あそこが、くちゅっくちゅと音を立てて、私はキャリーにもたれたまま腰を抱かれて、奥に奥にと指を入れられました。

あまりの快感で意識が朦朧としてきた頃、駅のアナウンスが聞こえました。
どっと押し出されるように人が減り、私はパンツのファスナーを外されたままホームへ。
よろよろとキャリーを押してベンチへ座ると、パンティは汗や愛液で濡れてスケスケになっていて、パンツも汗でぐっしょり・・・。

放心状態でベンチに座っていると若い男の人が横に座りました。
そして肩を抱きながら、「大丈夫?」と心配そうに額の汗を拭ってくれました。
その人にお礼を言い、恥ずかしさと守ってくれる安心感で、しばらく寄りかかっていました。
そしたら彼は急に私の胸を揉んできて・・・。

「可愛かったよ。もっと美味しそうなオッパイを舐めたいな・・・」

もう全身の力が抜けて、私は搭乗を予定していた飛行機を2本遅らせました。
親切な人と痴漢する人。
男の人ってわからないです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!