同僚の男性看護師に・・・

この体験談は約 2 分で読めます。

看護師やってた頃。

友人A(男性看護師)と同じ夜勤で、休憩時間が重なったので普段なら仮眠するのだけれど、別れた彼氏についての相談でこっそり同じ仮眠室へ。
気が付くと、スカートの裾からAの大きな手が忍び込んできて「元カレにもこういうことされた?」と、耳元で囁きながら、パンツの上から割れ目をスーっ・・・。

「やばいよー仕事中だしー、ほんとやばいよー」

抵抗しても、Aは目が据わってて・・・。

「声出すなよ。見つかってもいいの?」と、半分脅し文句・・・。

「だってもう濡れてるじゃん(ニヤリ)」の言葉に、なんだか頭がぼーっとなって、(こんなことで濡れちゃう私って・・・)と意識が遠のいてしまいました。

「俺、一度、お前とやりたかったんだあ」

そう言いながらAに後ろ向きにされ、後ろから口を塞がれナース姿のまま、ストッキングをずり下ろされ、Aのごつい指が、私のあそこを弄ります。

パンツの中がとろとろになってるのが自分でも分かりました・・・。
ぴちゃぴちゃと、いやらしい音が仮眠室に響きます。

Aは嬉しそうに「うわっ!!大洪水だ~~」と言いました。

「恥ずかしい・・・恥ずかしいからもうやめて・・・」

「だめだめ~、今しかできないもーん」

Aは子供のように、楽しそうに私のパンツをずらしてあそこを念入りに弄ります。

「はああん!あっ・・あっ・・・」

我慢しても声が洩れてしまって、どうしようもない。
仕事中に男女が同じ部屋にいるだけでも怒られるだろうに、こんなことしてたら・・・。
しかもAは妻子持ちでした。

「すっげー。そんなに気持ちいいの?びしょびしょでお口パクパクしているよ~」

Aの指が私のあそこを広げて中を掻き混ぜました。

「ここはどお?」

クリトリスを触られた瞬間、体が跳ね上がり「んーーーーーーーー!!!!!」と叫んで、呆気なくイッてしまったのです・・・。

Aは最後までしたがったけど、私は見つかるのが怖くて、急いで服を整え、仮眠室を後にしました。
もちろんAとはそれきりだったけど、後にも先にもあんなスリリングで感じまくったことはないです。
今でも、思い出してしまいます。

スレ的には物足りない話かもしれないけど、自分にとっては本当に刺激的で、今書いてても変な気分になってしまう・・・。
なんで、あんなに濡れまくったんだろう・・・、最後までしてたらどうなったんだろう・・・とか、色々考えてしまいますね。

その後、Aと顔合わせるのが、たまらなく恥ずかしかったです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!