新着情報

仲人をしてもらった主人の上司と

この体験談は約 3 分で読めます。

はじめまして。
私はあゆみと申します。
結婚して半年の24歳の主婦です。

主人は学生時代のテニスサークルの先輩で、私の一目惚れで、猛アタックの末に結ばれて処女を捧げました。
そして交際2年を経て結婚しました。
交際中は主人一筋で、主人に女としての悦びを教わり、心身ともに充実していました。
結婚後も変わらず毎日のように深く愛し合い、とても幸せでした。
ところが、ふとした心の隙間に入り込んだ男性に肌を許してしまい、彼に溺れそうになっています。

先日、主人の上司で私たちの仲人でもある部長宅に夕食に招待されたときのことです。
当日、部長の奥さんは急用で実家にしばらく帰ることになり不在だったので、私が部長さんの手伝いをしながら準備をしました。
部長さんは料理が趣味というだけあってとても上手で、素晴らしい料理に感激しながら美味しくいただきました。

夕食の後、片付けをして帰宅しようとすると部長さんに、「美味しいワインがあるから」と引き留められ、掘りごたつを囲んで酒宴となりました。
私たち夫婦は2人ともお酒は強くないのですが、部長さんの勧めを断ることもできず、口当たりのいい美味しいワインをつい飲みすぎていました。
しばらくほろ酔い気分で3人で談笑していると、部長さんの手がしきりに私の膝の辺りに触れてきました。
その時の私は主人の好きなピンクのセーターにフロントスリットの入った大胆な白いミニスカートを穿いていました。

気のせいだと思い、そのままにしていると、今度は、明らかに膝を撫で回し始めてきました。
私は部長さんの手を払いのけたのですが、膝にまとわりついて離れず、私も酔っていたせいか抵抗を止めてしまったのです。
部長さんはそれをOKと受け取ったのか、膝から太股へと手が伸び、そしてミニスカートの奥へと滑り込んできました。
主人が隣にいるにも関わらず、私の身体は熱く火照りだしてきました。
主人にセックスの良さを教え込まれた私の身体が、気持ちとは裏腹に感じてきたのです。

部長さんの愛撫はとても上手でした。
ゆっくりと焦らすように太股の付け根を揉み解し、そしてついに一番敏感な部分を愛撫してきました。
思わず声が出そうになりましたが、必死に堪えていました。
部長さんは巧みにパンストを膝までずらし、ビキニのショーツの上からアソコを愛撫されると、愛液が溢れてきます。
愛する主人を横目で見ながら感じている自分が信じられませんでした。

その後、部長さんの指がショーツの脇から進入し、アソコの中へ・・・。
もうすでに恥ずかしいほど愛液が溢れていました。
部長さんの指が奥深く入ってきて中を掻き回してきました。
喘ぎ声が出そうになるのを指を噛みながら必死に耐えていました。
そしてついに私は、部長さんの巧みな愛撫で、指だけでアクメに達してしまったのです。

そのうち主人がウトウトと居眠りを始め、いびきをかきながら眠ってしまいました。
私はその時、なぜかホッとしたような複雑な気分でした。
もう2人の邪魔をするものは何もありません。
部長さんは私を抱き寄せると唇を塞ぎ、そして舌を差し入れてきました。
私に抵抗する力もなく、なすがままに部長さんの激しいディープキスを受け入れ、しばらく抱き合っていました。

部長さんの手は私の乳房を揉みしだきながら、再びショーツの中へと滑り込んできました。
今度は感じるままに、主人とのセックスでは決して発しない、自分でも恥ずかしいほどの淫らな喘ぎ声をあげながら部長さんにしがみつき、激しい愛撫を受け入れていました。

部長さんは乳首を舌で転がしながら下半身へと移動し、ショーツを脱がしながらアソコを舌で愛撫し始めました。
主人にも許していない恥ずかしい行為に戸惑いながらも、下半身がとろけるような快感に我を忘れて喘ぎながら再び絶頂へ・・・。
しかし、もう少しのところで部長さんは愛撫を中断し、舌が離れていくと私はもう我慢ができず、自分からせがんでいました。

部長さんは勝ち誇った顔でズボンを脱ぎ、大きくて太い肉棒を取り出して、アソコに突き立ててきました。
主人よりも大きくて太いモノに、私はたちまち昇り詰めてしまいました。
その後も、部長さんは疲れを知らず、3度も絶頂に達したのでした。
こんなにセックスが激しくて、気持ちいいなんて・・・。
主人とのセックスしか知らない私にとって、何もかもが初めてでした。
その後も、2人でお風呂に入り、何度も抱かれてしまいました。

部長さんとはそれっきりですが、今でもふとあの時のセックスを思い出します。
もちろん愛するのは主人だけですが、こんなセックスを体験してしまい、私の身体は主人だけでは満足できなくなりそうです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレラブ
フェロモン香水「F for men」通販サイト