新着情報

授乳ママのおっぱいを車内でチューチュー

この体験談は約 7 分で読めます。

《ショッピングセンターで》
夏休みも終わった9月の日曜日。
幼稚園PTA会長の俺は、妻の真帆と子供を連れてショッピングセンターに来ていた。

「あら、千佳さん、こんにちは」

真帆がママ仲間の千佳さんを見つける。
千佳さんはベビーカーに1歳前の赤ちゃんを乗せていた。

「こんにちは真帆さん、会長さん」

千佳さんとは顔見知りである俺は、赤ちゃんの顔を覗き込もうとしたが、なんか機嫌が悪い。

「あら~、機嫌が悪いでちゅね~。どうしたのかな」

「あの~う、授乳室って他にないですよね」

そう、このショッピングセンターにある唯一の休憩室では、先ほど高校生の男女グループが大乱闘をしたらしく、警察が現場検証をしていて使用不能になっていたのだ。
おまけに旦那は上の子(うちの子と同級生)を連れ、車でサッカー教室に行っているため、千佳さんはバスで来たとのこと。
自分の車で授乳をするという方法も使えない。
あとはトイレしかないのではと思ったところ、「それなら、うちの車を使ってもらえば!」と真帆。
灯台下暗し。

しかし、「お母さん、親子教室が始まっちゃうよ~。早く行こうよ~」とうちの子供。

そうだ、今日は月に1回の親子教室だったんだ・・・。
お腹が空いた赤ちゃんは泣き出すし、親子教室は始まる・・・。
四面楚歌・・・。
おろおろする俺たちを後目に、真帆と子供は親子教室に、俺と千佳さんと赤ちゃんでうちの車、というように真帆が割り振りを決定。
俺たちは車に向かうことになった。

外は残暑の日差しがまぶしい。
千佳さんは泣き始めた赤ちゃんを抱え、俺はベビーカーを押して車のところまで行った。
我が家の車は後席フルスモークのワンボックス。
エアコンを入れ、千佳さんを後部座席に案内する。
人通りの多い場所なので車を駐車場の奥の方へ、周りに車がないところに移動した。

《授乳開始》
俺はフロントガラスと前席ガラスにサンシェードを取り付け、外で待とうとすると、「会長さん、中で待っていてもいいですよ。外は暑いでしょう」と千佳さん。
俺は運転席に座り、携帯ゲームを始める。
ミラーをちらっと見ると、後部座席で千佳さんが子供に乳を与えている。
微笑ましい光景・・・だが、様子が変。

「◯◯ちゃん、もっと飲んでよ。寝ちゃだめよ!」

半ば怒りながら言っている。

「千佳さん、怒っちゃったら可哀想ですよ。どうしたのですか?」

「ぐすっ、ぐすっ」

千佳さんはすすり上げている。

「すっ、すみません。ご気分を悪くなさったんでしたら謝ります」

いくら知り合いとはいえ、よその奥さんを泣かせたとあっては大変なことになる。

「いえ、◯◯ちゃんがおっぱい飲んでくれないのです。いつもそうなの。ちょっとストレスが溜まるとおっぱいが出にくくなるので、私のおっぱいは飲んでくれなくて、後で粉ミルクを足すんです。おっぱい張っているのに。上の子のときも辛くて辛くて、ぐすっ」

「それは大変ですね」

「真帆さんはどうだったんですか?」

俺は前を向いたまま話した。
やはり乳の出が悪く、大変だったこと。
産科の看護婦にバストマッサージをしてもらって、ようやく乳が出だしたこと。
そして診療費を節約するために、真帆に教わって俺もマッサージしたこと・・・。

赤ちゃんは結局、寝てしまった。
ミラー越しに見ると、千佳さんがTシャツを下ろしたので後ろを振り向く。

「暑いでしょうから、赤ちゃんを下ろしたらどうですか。片付けますので」

ウォークスルーを利用して車内を片付け、赤ちゃんを横たえる。

「すみません・・・」と言いながらも辛そうにしている千佳さん。

「大丈夫ですか?」と、席に戻ろうとしながら声をかけると・・・。

「胸が張って辛いんです・・・いたたたたっ」

確かに真帆も胸が張っていたときは本当に辛そうだった。

「会長さん、ちょっと押してもらえますか」

「えっ、いいんですか」

「痛くて我慢できない・・・つっ」

《バストマッサージ》
俺は赤ちゃんを3列目に寝かせると、千佳さんの左隣に座った。
小さめのメロンぐらいの大きさの胸が白いTシャツを膨らませている。
おずおずと胸に触ると・・・硬かった。
真帆がこうなったときも硬かったが、それの比ではない。
本当にメロンを触っているような感じ。
俺はTシャツの上からバストの付け根を押すように揉みだした。

「痛っ」

「すみません」

「いいの、続けて」

Tシャツの上からだが、バストの付け根からてっぺんにかけて、まんべんなく揉みほぐしていく。
揉みほぐしたところは確かに柔らかくなるし、千佳さんの表情も緩んできたのだが・・・。
また表情が辛くなってきた。

「千佳さん、大丈夫?」

「ええ、乳房はだいぶ楽になってきたんだけど、先っぽが痛くて」

乳腺が刺激され、乳が乳首に集まってくる、とでもいうような現象だろうか。

「先っぽが痛い、痛いよ~」

千佳さんは泣きそうな顔になってきた。

「搾乳器はないんですか?」

「忘れてきちゃったんです~。さっき買おうと思ったら売り切れだったのよ~っ。痛いよ~、会長さん。お願いします。吸ってください」

「えっ、俺が?いいんですか?」

「お願い、痛いの・・・うっ」

《乳首吸引》
俺は意を決して(?)、千佳さんのTシャツを捲り上げた。
パンパンに膨れ上がったバストと、ダークブラウンの大きな乳首が飛び出した。
授乳ブラはぶら下がっているだけである。

「本当にいいの?」

「早く~っ、痛いよ~」

声が怒っている。
まず左の乳首を咥え、吸い付いた。
吸い立てるも、母乳はわずかしか出てこない。
俺は乳首を甘噛みし、舌で転がしながら乳房を揉んだところ・・・。
文字通り、どばっ、という感じで口の中に温かいものが飛び出した。

牛乳より薄めだが、遥かに甘い味。
しかも人肌ぐらいの生温かさ。
少し血の匂いもする。
そんなに美味しいものではないけど。
それが軽く吸うだけでドバドバ出てくる。

「あんっ」

千佳さんは甘い喘ぎ声を出した。
俺は思わず乳首から口を離して千佳さんの方を見た。

「気持ちよかったんです。乳首の先につかえていたものが、ぽろっと取れたような感じで・・・」

千佳さんは、自分で胸を揉みだすが・・・。

「ちょっとうまく出ないので、もうちょっと吸ってもらっていいですか?お嫌なら吐き出してもいいので」

吐き出すっていっても、吐き出す容器が何もない。
かといってドアを開けて外の熱気を招き入れるのも嫌だ。
俺は再び乳首を咥えると、出てきた母乳を飲み下すことにした。
左胸に続き、右胸の乳腺も同様に開通し、どちらを吸っても母乳が吹き出すようになった。

「◯◯ちゃん、起こす?」

「せっかく寝ているし、それに・・・」

「それに?」

「さっきで消毒用の清浄綿を使い果たしちゃったんです。会長さんのあとに◯◯ちゃんに吸わせるわけにいかないでしょ」

ごもっとも・・・。

「さっきより、かなり楽になったけど、まだ辛いから、もうちょっとお願いしていいですか?」

「え~っ、まだ飲むの~っ」とはとても言えなくて、母乳の吸い取りを再開することになった。

母乳を吸っていると、明らかにだんだんとバストが柔らかくなっていく。
硬くなっているところを揉みながら吸うと、母乳がぴゅーっと口の中に吹き出す。
お腹の中は母乳でたぷたぷになっている。
げっぷ。
でも、だんだん味に慣れてきた。
千佳さんも気持ち良さそうな表情を見せる。

《千佳さんの目覚め》
ふと気がつくと、「あんっ、あんっ、いいっ」という声の質が、痛みが柔らぐ気持ち良さから別の快感によるものに変わっている。
千佳さんは花柄のフレアスカートを捲り上げ、足を開き、右手で股間を擦っているではないか。
真っ白な太ももの付け根に見えるショーツはぴっちりと恥丘に貼り付き、指で押された恥丘がムニムニと動いていた。

「千佳さんっ」

「あっ、ごめんなさい。胸の張りはかなり取れてきたんだけど、胸を吸われてたら別の所が気持ちよくなってきたの」

俺はちょっと中断してペットボトルの水を口にする。
水も生温くなっていた。

「旦那は、こういう風には吸ってくれないの?」

「うん、妊娠して乳首が真っ黒になってから、全然胸を触ってくれなくなったの。夜の方も・・・」

「夜も・・・?」

「うん、お腹が大きくなってからは全然。会長さんは?」

うちは産前産後の禁止時期以外は、回数を減らした上でしていた。
痩せっぽちの真帆の胸がCカップまで大きくなったので、喜んでいたのに・・・。

「まだ大丈夫でしょ、もう少し吸って欲しいんだけど・・・」

俺は正直言って、邪な目で千佳さんを見ていた。
乳首は黒っぽいが、メロンぐらいの大きな胸。
そして、捲られたスカートから見える、むちっとした太もも、恥丘に張り付いている白いショーツ。
俺は再び乳首に吸い付くと、今度は舐めも合わせて乳首を吸い立てた。

「ああんっ、いいっ」

千佳さんの声は明らかに喘ぎ声に変わっている。
千佳さんは俺の左手を掴むと、千佳さんの股間に導いた。

「触って。ちょっとだけでいいから」

とりあえずショーツの上から股間を擦ると、そこはしっとり濡れていた。
指で引っ掻くように割れ目に沿ってそっと擦ると、千佳さんは体を仰け反らせ、「あっ、あっ、いいっ、うっ」と悶えていた。
母乳の出がだいぶ少なくなってきたので、「そろそろやめようか」と言おうとした時だった。

「ねえ、もうちょっとでイキそうなの。直接触って」

「それは旦那に悪いよ」

「お願い、ちょっとだけでいいから。ここ1年、全然イッてないの」

俺はクロッチの隙間から指を差し入れ、ヌルヌルになっている股間に指を出し入れした。
久々の刺激なのか、愛液は随分ねっとりとしている。
さすがに胸はしゃぶり飽きたので、揉むだけにする。

「ああんっ、気持ちいいよぉ、イク、イク」

千佳さんが言うので、俺はクリを探し出して擦りながら、「ほら、◯◯ちゃん、お母さん気持ち良さそうにしているよ、良かったねぇ」と言ってみた。
(本当は寝ている)

「いやぁ、そんなこと言わないでぇ、恥ずかしい、いやぁ、ぁぁぁぁぁぁ、イクっ」

千佳さんはイッてしまった。
ぐったりしている千佳さんを抱え上げ、授乳ブラのホックを留め、Tシャツを下ろす。
千佳さんは気怠そうにショーツと下着を整えながら、俺のイチモツの膨らみに気がついたようだ。
股間に手を乗せながら・・・。

「会長さん、大きくなってる~。授乳中のママがこんなに苦しんでいるのに」

「よく言うよ、イッちゃったくせして」

「ねっ、私だけ気持ち良くしてもらったんじゃ悪いから、お礼に会長さんのミルクも飲んであげようか?それともメアド交換して他の日にしてもいいけど?」

千佳さんはすっかり明るい表情になっていた。

《夕食の惨事》
夕食はミルクがたっぷり入ったクリームシチューだった。
ひえーっ、乳製品はしばらく勘弁してよぉ・・・げっぷ。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!