童貞を優しく奪ってあげてからずっと玩具にしています

この体験談は約 3 分で読めます。

私は45歳、結婚20年目です。
子供はできませんでした。
単身赴任中の夫は52歳の仕事大好きオヤジ。
夫は3週間毎に金曜の夜か土曜の昼に帰宅し、月曜の朝に出社します。
だから私は土曜の夜が恐怖なのです。
タバコの匂いとお酒の匂いのする夫が太った体で要求してくるのが嫌で、更年期を理由に拒んでいますが、毎回私の寝室に入ってくるんです。
しかも電気を点け、明るいベッドの上で脱がされ、広げられて。
もう最悪です。

そんな時、可愛い男の子と知り合いました。
彼は家電屋さんでアルバイトをしている20歳の大学生です。
知り合って2年が経ちました。
童貞を優しく奪ってあげてからずーっと私のおもちゃにしています。

毎夜9時頃にバイトを終えると私の家に泊まりにきます。
昨夜もお夕飯を作って待っていると、ピンポ~ンって彼がやってきました。
夕食が終わって片付けをしていると後ろから悪戯してきます。
お酒もタバコも口にしない彼とのキスが大好き。
口を吸われ、胸を触られると鼓動が速くなって、乳首をコリコリされると立っていられなくなってしまいます。

私は両手が濡れているので彼のチンチンをお尻でグリグリ、もうカチカチになってます。
手を拭いてファスナーを下げ、お口に含んであげます。
洗っていないので匂いも味もあるけど若いチンチンだからね。

自分で言うのもあれだけど、私のフェラは凄いぞ!
タマタマを吸い込みながらアナルに指を入れてブルブル、さらにカリを舌先でツンツン、サオを横咥えして軽く噛み、喉の奥に吸い込んでグルグル回したりしてあげます。

彼のズボンとパンツを脱がせて、私もショーツを下げて立ったまま後ろから彼を導きます。
彼は初めはゆっくり確かめるように奥まで入れてきます。
彼の動きに合わせ締め付けてあげると息が荒くなり、左手で乳房、右手はクリを刺激してきます。
流しに手をついて押し付けるように腰を振ると動きがだんだん速くなってきて、彼のをさらに締め付けると、勢いよく爆発しました。
私は射精のピクピク感を子宮の奥で感じてしまいます。

お風呂では、彼が私の体の隅々まで綺麗に洗いながら舐め回します。
精液が残っているオマタは特に念入りに。
彼の顔の前で足を広げるとクリトリスに吸い付いてきます。
私が教えた通りにチュウチュウと舌と唇を上手に使い、ワンワンスタイルになると肛門にも舌を入れてきます。

ベッドに移ってからも枕にお尻を乗せて、もっとよ~く見せてあげます。
ヒダヒダを広げて舌を入れたり、クリトリスを摘んでみたりしてます。
両手が乳房に来る頃にはびしょびしょに濡れてくるのがわかります。
チュウチュウと吸う音っていやらしくていいですね。
チンチンが食べたくなってきます。
触るとだんだん硬くなってきます。
69になると得意のフェラテクで攻撃します。

しゃぶり続けて大きくなったモノを正常位で受け入れると、私は彼のお尻を両手で掴み、感じる所に当たるように腰を動かさせます。
イキたくなると私も腰を振り、突き上げ、締めまくります。
彼は射精してからも乳首を吸い続けたり、優しくキスしてくれます。

土曜の夜は最悪ですが、月曜の夜には彼に逢えると思って、夫とのセックスは我慢しています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!