危険日でも不倫相手に生中出しをねだってしまう人妻の私

この体験談は約 3 分で読めます。

生理が遅れたので、思い切って病院に行くと、「おめでとうございます」だって・・・。
微笑んで帰って来たけれど、主人の子供ではない。

W不倫しているのは、子供の運動クラブのコーチ。
彼に声を掛けられ、主人が相手をしてくれなかったので、つい体を重ねてしまった。
彼とは一度もゴムを着けたことがない。
生のまま私の中に入ってきて、私もそのままが嬉しかった。

初めての時は安全日だった。
彼の優しい前戯と濃厚な69に酔い、彼の挿入を待ちわびてしまった。
彼のモノは主人のより少し短いけど、すごく太くて硬かった。

「入れるよ」

彼のすべて受け入れるように足を広げると腰を押し付けてきた。
私自身を押し広げながら彼のモノが入ってくると同時に、「アウッ、き、きついっ」と艶声を出してしまった。

「締りがいいんだね」

彼も喜んでくれた。
彼のなすがままに、体位を変えながら彼をしっかりと受け入れた。

「どこに出す?」

「今日は大丈夫」

私が告げると彼は腰の動きを一段と激しくして私に覆いかぶさってきた。
私も彼の腰にしがみつき、歓喜の瞬間を待った。

「イクッ、ウッ・・・」

耳元で呻くと同時に彼のモノが脈動し、私の奥深くに温かな精液を注ぎ込んでくれた。

「いいっ、イクッ」

私はしがみつきながら、彼のモノを離さないように締め付けていた。
主人以外の男性の精液を受け入れたのは初めてだった。

彼との付き合いも、もうすぐ1年。
安全日は生中出し、危険日は生外出し、生理のときはお口で受け止めるセックスで、いつも太くて硬い彼のモノは私の中で激しく暴れまわってくれた。
一緒にシャワーを使い、彼のモノをフェラしてそのまま受け入れると、主人とは経験したことのない女の悦びに、体が自然に反り返り、痺れるような生中出しを堪能した。

「こんな体にしたのはあなたよ」

彼は嬉しそうに私の中に精液を注入し続けてくれる。

「今日は危ないの」

「わかった」

押し広げるように私の中に入ってくる彼のモノを感じながら、「『愛してる』って言って」とおねだりしてみた。

「イクッ!愛してる!」

耳元で呟く彼が腰を引こうとしたとき、私は彼の腰にしがみつき、そのまま私の奥深くに温かな精液を受け入れてしまった。

「大丈夫なの?」

「分からない。でも中に欲しかったの」

危険日の禁断の生中出し。
そのときは、少し遅れたけどちゃんと生理が来た。
彼に連絡すると安心したみたいだった。

それからは生中出しが当たり前のことになった。
彼は私の中に勢いよく温かな精液を注ぎ込み続けた。
私も深くて大きな歓喜を味わい続けた。

危険日でも、彼に誘われるまま、いつものラブホへ。

「今日は危ないの」

「わかった」

彼の愛撫に敏感に反応しながらシックスナインを楽しんだ後、硬くて太い彼のモノが入ってきた。
もう頭が真っ白の状態で歓喜に酔った。

「イキそう。どこに出す?」

私は「今日は危ないの」と言いながら、「中に、中に欲しいっ」と叫んでしまった。
彼も激しく私の中で暴れ、そして子宮に届くように温かな精液を浴びせかけてくれた。
めくるめく歓喜の中、私も奥深くに彼の射精を受け入れてしまった。

「いいのか?」

「分からない」

それからも彼の生中出しを受け入れ続けながら、生理予定日になった。

「少し遅れてる」と言いながら、予定日を過ぎても彼の生中出しを受け入れ続けた。

ついに生理が来ないので病院に行った。
彼に妊娠を告げると、「責任は取る。任せる」と言われたが、産むわけにはいかない。
やはりゴムかピルをと思うが、最近、主人が私のことを疑っている気配がする。
ちょうどいい別れ際かもしれない。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!