ブスだけど中出しOKな人妻と半年間やりまくった

この体験談は約 5 分で読めます。

俺は今まで俗に言う“セフレ”というものが出来たことがなかった。
自分で言うのもなんだが、外見はさほど悪くない。
彼女はいる。
太ってもいない。
貧乏なわけでもない。
性格だって悪くないと思う。
しかし、全くセフレができなかった。
というより作り方が判らなかった。

そんな感じで30歳になり結婚をした。
子供もできた。
刺激のない生活を送っていた。

そして数年後の夏、ついにセフレが出来た。
出会いは近所のスナック。
会社帰りに出会いを求めてたまたま入ったスナックに主婦が2人いた。
俺はその2人を全く意識してない風を装い、格好つけながら1人カウンターで飲んでいた。
もちろん心の中では意識しまくり。
そしてラッキーなことに、酔っ払ってテンションの上がった主婦達から声を掛けてきた。

「ね~!お兄さん!こっちで一緒に飲みましょ~!」

俺は内心(キタ~!!!)とはしゃいでいたが、ここは冷静に、「じゃあ、せっかくだから。いいですか?」と返事した。
俺は主婦達のテーブルに移動した。

主婦2人は、寛子さん(38歳)と、祐美枝さん(42歳)。
寛子さんは小柄で可愛い感じ。
かなり美人。
祐美枝さんは同じく小柄だが小太り。
顔は20点。
肌も汚い・・・胸はデカそうだけど・・・。

もちろん俺は寛子さん狙い。
都合が良いことに、寛子さんはノリが良い。
祐美枝さんは大人しい。
3人で飲んでても、俺は寛子さんとばかり話をしていた。
1時間程度飲んだ頃、祐美枝さんがトイレに立った。
ここはチャンスとばかりに、寛子さんを口説こうと思っていた。

寛子「ね~、ユミのことどう思う?」

俺「えっ?」

寛子「ユミね、あなたのことが気に入ったみたいよ!」

俺「えっ、またまた~」

寛子「ホントよ!だってあなたに声かけようって言い出したのも祐美枝なんだから」

俺「えっ、ホントに?」

寛子「ユミさ~、旦那さんと上手くいってないんだって。チャンスかもよ~!」

俺「何言ってるんですか~!」

寛子「とにかく、私はこれで帰るから!後はお二人でどうぞ!ユミには急用ができたって言っておいてね」

そう言うと、寛子さんはお金を置いて店を出て行った。
しばらくするとトイレから祐美枝さんが戻ってきた。

祐美枝「あれ?ヒロちゃんは?」

俺「なんか急用ができたみたいで帰りましたよ」

祐美枝「え~、そうなの~」

俺「どうします?帰ります?」

祐美枝「どうしようかな~」

俺はこの時、アルコールのせいもあって、祐美枝でも良いからヤリたい気持ちでいっぱいだった。

俺「じゃあ、場所変えましょうか?」

祐美枝「う~ん。どうしよう・・・」

小太りで顔ブツブツの42歳が迷っていることに腹が立ったが、なんとか自分を抑えた。

俺「良いじゃないですか!行きましょ!」

祐美枝「じゃあ、少しだけ」

店を出るとタクシーに乗り、別の店へ向かった。
車で10分くらいだが、そこは近くにラブホがある。
もちろん作戦通りだ。
その店で祐美枝にガンガン酒を飲ませ、店を出る頃には千鳥足状態。
勢いにまかせてラブホへ連れ込んだ。

部屋に入ると祐美枝はベッドに横になり、半分睡眠状態。
俺は祐美枝の服を1枚1枚脱がしにかかった。
ブラとパンティのみになった祐美枝は、「ダメ・・・だよ・・・」などと呟きながらも力はなかった。

祐美枝の体はなんとも醜かった。
腹は4段腹。
俺は祐美枝の巨乳に期待してブラを外した。

(た、垂れてる・・・)

そこにあったのはパンダの目のようなおっぱい。
デカい乳輪に黒い乳首。
張りもない。
ショックだったが、しゃぶり付いた。
舌で乳首を転がした。
祐美枝は、「ん~んっ・・・」などと少し喘ぎ声を出していた。

おっぱいを味わった後、俺の大好きなクンニへ。
パンツを脱がし、足を広げた。

(毛が多い・・・黒い・・・)

それでもクンニフェチの俺は構わずマンコに顔を近づけた。
ムワ~っと熱気が立ち込める。
いざ舐めようと舌を伸ばしたその時、物凄い異臭がした。
例えるなら、真夏のゴミ収集車の匂いをさらに強烈にした感じ。
クンニ大好き人間の俺も、さすがに耐えられなかった。

仕方なく手マンをすると、すでにアソコはビチョビチョだった。
祐美枝はというと、「あ~!イイ~!」と叫んでいる。
10分程度手マンしていると絶頂へ近づいたらしく、突然ムクッと起き上がってきた。
そして祐美枝は俺の唇に吸い付いて、舌を絡めてきた。

(口が臭い・・・)

そして俺の服を脱がせ、一気にチンポにしゃぶり付いてきた。
フェラはまぁまぁ気持ち良かった。
祐美枝は糸を引きながら口から俺のチンポを離すと、自ら俺に跨がり騎乗位で一気に挿入してきた。

俺「えっ!ゴムは?」

祐美枝「大丈夫。私、妊娠しない体質なの」

それを聞いて微妙な気持ちになったが、安心はした。
祐美枝は俺の上で腰を振りまくりながら、「あ~イイ~!!もっと!!!」などと叫びまくった。
そして、「お願い、起きて!」と言ってきて、俺と抱き合う形になると舌を絡ませながら腰を振り続けた。
物凄い汗、そして軽いワキガ臭。
少し酸味が効いていた。
そんな中でも俺は絶頂を迎え、祐美枝の膣内に思いっきり射精した。

祐美枝は、「あ~、すっごい出てる!」などと叫びながら感じまくっていた。

射精後、我に返った俺は1秒でも早く家に帰りたかったのだが、祐美枝はすっかり恋人気分だった。
勝手に腕枕をしてきて俺にへばりついていた。
その状況が非常に嫌になった俺は、「シャワーを浴びてくる」と言って立ち上がった。
すると祐美枝も一緒に立ち上がり、バスルームへついて来る。
正直、うざかった。

シャワーを浴びて着替えようとすると、「今日は朝まで大丈夫だよ・・・」と。
とてもじゃないが朝まで一緒に過ごせる心境じゃなかったので、「俺、明日早いんだ。ごめんね」と、そそくさと着替えた。
祐美枝はかなり不満そうだったが、渋々といった感じで着替えていた。
ホテルを出るとタクシーを拾い、お互い無言で帰った。

家に帰ると、飲んでいる時にメアドを交換していたため、祐美枝からメールが来た。

『今日はありがとう。また暇な時に連絡下さい!』

その時は、次は絶対ないなと思っていた。
しかし1週間後、懲りない俺は、気が付けば祐美枝にメールしていた。

『今晩ひま?』

などという簡単なメールだが、1分もしないうちに返事が返ってきた。

『全然大丈夫だよ!何時頃にする?』

その日の夜、また祐美枝の体内に射精した・・・。

そんな事をかれこれ半年くらい続けただろうか。
週1回くらいのペースで、俺は祐美枝とヤリまくった。
いつも俺がヤリたい時にだけ連絡して、祐美枝からは連絡させない。
嫁にばれたらシャレにならないからな。
おもちゃも使ったし、無理やりアナルに突っ込んだこともあった。
嫁には出来ないプレイを祐美枝の体でいくつか初体験していた。
しかし、ブサイクな祐美枝と一緒にいるところを絶対に人に見られたくなかったので、いつもラブホ集合ラブホ解散。
ずいぶんと可哀想なことをしたと、今は反省している。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!