寿退社して他人の妻になる部下を寝取る興奮

この体験談は約 3 分で読めます。

あれは15年前、主任になって初めて部下を持った35歳の頃。
結婚式を1ヶ月前に控えた部下から相談があると飲みに誘われた。
お気に入りの部下だったので真面目に話を聞いていたが、酔うにつれ・・・。

「私・・・彼が初めての男性だったんです。このまま1人の男性しか知らなくて結婚しちゃっていいのかな・・・なんて・・・」

お気に入りの部下にそんな事を言われて、(困ったなあ・・・)と思いつつも、つい飲み過ぎてフラフラとラブホへ入ってしまった。
シャワーを浴びてる途中で正気に戻って、(女房にバレたらヤバいなあ・・・)と思ったが、彼女が、「主任、婚姻届けを出してないから、私、まだ独身ですよ」とか言われて理性崩壊。
いきなり抱き締めてキスをした。
そのままベッドに倒れ込み、ヘアをかき分けてクリをレロレロ、ヌルヌルになったオマンコに生チンポをズブリと突き刺した。

「気持ちいい・・・君の夫になる人が羨ましい・・・」

「アアッ!しゅ、主任・・・彼とは違う・・・アアァ・・・」

しばらくは彼女のオマンコのうねりを堪能しながら敏感に反応する場所を探った。
そして(ここだ!)と思った場所にカリを当てて、小刻みにピストンした。

「アアァアンアン!アァァァーーーッ!」

喘ぎながらキューキュー締められた。
女房の時はイカせるまで我慢するが、彼女の場合は少しでも中で漏らしたらヤバいと思ったので、チンポを引き抜いて乳房に大量射精。

「主任・・・素敵でした・・・こんなに胸の高鳴りを感じたのは久しぶり・・・」

もうすぐ結婚する部下に潤んだ目で見つめられた。

その翌週の土曜日、休日出勤と称して彼女と2人で近場の温泉街近くの和風ラブホで1日過ごした。
チェックインして風呂に入って1回、しばらく休んでもう一度風呂に入ってもう1回。
午前中だけで2回ハメた。
その後、運んでもらった食事を食べて、シャワーを浴びて、彼女をM字開脚させてオマンコを観察しながら、言葉責め&クリいじめ。
責めに責めてクリイキさせてからもう1回ハメて、2時間くらい寝た。
夕方、最後にもう1回ハメで、計4回彼女と激しくセックスした。
お互い、蕩けに蕩けた1日だった。
女房相手では、こんなハレンチなセックスはできないと思った。

彼女の結婚式には上司として普通に出席したけど、あの白無垢の中身を堪能した男が新郎以外にもいて、それが俺だと思ったら複雑だった。
そして、部下の白無垢の中身を思い出して勃起してしまった。

この一件で、マリッジブルーになっている部下に優しくすると相談してくることが分かり、相談に乗っているとヤレることが分かった。
結婚式の日取りが決まった部下がいたら作戦開始だ。
上手に誑かしてセックスして、結婚式に送り出す。
セックスそのものもだが、その行程が楽しくなり、15年の間に4人の部下を抱いた。
もうすぐ他人の妻になる女を寝取る興奮と、それまで可愛い部下として接してきた女の嬌態を眺める興奮と、ダブルで楽しめた。

今月挙式した部下も、先月頂いた。
名の知れた有名大学出の才媛の淑女を頂ける興奮にフル勃起していた。
これから新婦になる27歳のオマンコは、まあまあ使い込まれていたから、拡げて覗きながら・・・。

「君は、これまで何本のチンポを食してきたのかね?」

「ええっ・・・そんなこと・・・」

「じゃあ私のチンポで何本目なのかね?」

「課長のオチンチンは8本目です・・・」

「結構食ってるな。初めて食ったのは何歳の時かね?」

「16歳です・・・高校2年の夏休みに家庭教師の先生と・・・」

「なるほど・・・才媛淑女の君が7本もチンポを味わってたとはね・・・では8本目を食べさせてあげようかね」

27歳の部下のオマンコに、人生8本目となる50歳のチンポを生で入れた。
もう職場でのお澄ましした部下ではなく、一匹のメスになって悶絶し、ヨガリ狂った。

「アアァ~課長のチンポ気持ちいい~」

27歳の才媛淑女は、きっと割り切った関係の俺とだから、これほど淫らに快楽を貪ったのだろう。
現在新婚旅行中の彼女は、旦那とどんなセックスをしているのだろうか。
今頃、彼女は旦那に抱かれながら、どの元彼のチンポを思い出しているのだろうか。
もしかして俺のチンポを思い出しているかな・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!