習い事サークルで知り合った高校生とエッチなドライブ

この体験談は約 4 分で読めます。

俺は41歳、既婚で子供もいる。
見た目は30代半ばくらいには見られる。
で、俺が習い事しているサークルが年内最後の勉強会があり、その後で忘年会もやるってことで、サボり気味だったが久々に顔を出した。
するとたまたま座った席の隣に見慣れない顔の若い子がいたわけだ。

俺「こんばんは。初めましてかな?」

彼女「こんばんはー、初めましてですね」

笑顔で返してくる。
聞いた話では、来年高校卒業で、その習い事に興味があり、お試しで少し前に通い始めたらしい。
まぁ年内最終日ってことで、勉強そっちのけでお互いペラペラ話してるだけって感じで、彼女も色々と俺に質問してきてくれた。

俺「ところで◯◯ちゃん、年明けのボーリング大会行くん?」

彼女「ん~、行きたいけど離れてるしな・・・」

俺は親密になるチャンスだと思い・・・。

俺「もし行くなら俺も行こうと思ってるから、車に乗ってく?」

彼女「いいんですかー?やったー、それなら行きたいです」

ってことで、そのイベント前に連絡先も交換。
当日は片道1時間くらいの距離だったので、色々話しながら行った。
帰りも、家まで送る途中で夕ご飯でもどうと誘ったら、笑顔でOK。

彼女「なんかデートみたいですよね。車でドライブして一緒にボーリング、ご飯も一緒やし憧れるな」

俺「◯◯ちゃん、可愛いしモテるやろ?それに俺やったら親子みたいやん(笑)」

彼女「◯◯さん、めちゃ若く見えるから親子には見られてない思いますよ。それに私は女子高やから出会いもないし、デートは今日が初めてです」

俺「じゃあ俺が初体験の相手なんや?」

彼女「うん、そうなんです(笑)」

なんか変な妄想はしたけど、さすがに女子高生を相手に・・・って、それ以上考えるのはやめた。
けど、俺以上に彼女が積極的になって、ボディタッチや顔を見合わせてくるのが多い。

俺「どないしたん?」

彼女「ん~、なんかデートっぽくて、もう帰るだけなんやなって思ったら寂しいな」

俺「そやな。けど今日は楽しかったわ、◯◯ちゃんといっぱい話せたし、こんな若い子とデート気分を味わうことなんてないしな」

彼女「ほんまですかー?じゃあ帰る前に1つお願いあります」

俺「何なん?」

彼女「海見たいから一緒に行きましょ」

ちょうど近場に海の見える公園があるから行くかってことで向かった。
着いて車から降りると、やはりまだ冬場だし寒いからか、彼女がピタリと身体を寄せてくる。

彼女「寒いから手繋いでもいい?」

俺「えっ?ん、う、うん、いいよ」

ちょっとドキドキ。

彼女「デートってやっぱりいいな」

俺「うん、そやな」

彼女「寒いから手を離さんといて下さいね」

俺「そのままポケットに手入れとこ」

繋いだまま、俺のダウンジャケットに手を入れる。
浜風がかなり強いけど、彼女はベンチに腰かけ、海見つめたまま身体を寄せてくる。
俺はちょっと照れながらも、そんな彼女を見つめたり、片方の手で彼女の頭を撫でる。
ふと見ると、彼女が身体を寄せながら俺を見つめていた。
俺も彼女を見る。
なんか彼女が愛しく感じて・・・キス。
彼女も目を閉じる。

離れたら彼女に、「まだ、して」と言われ、長いキス。
俺はもう勃起MAX。
彼女はさらに舌を入れてきて・・・俺も絡める。
さらに繋いでた手を自分の胸に・・・。
服の上から彼女の胸を揉む。
完全にスイッチが入った。
彼女の服の中に手を入れ、ブラも外さず乳首を擦った。

彼女「あ、あん。あん」

俺「乳首、感じる?」

彼女「うん、気持ちいい」

さすがに寒いし、野外でこれ以上はと、近場のトイレに連れ込んだ。
下着に触るとシミになってる。
さらに手を入れると濡れまくりなくらい濡らしてる。
俺はパンティ脱がせ、立たせたまま指マン&クンニ。
しばらく続けてると・・・。

彼女「あかん、やめて、オシッコが出る」

俺「いいよ、出しても」

彼女「あかん、汚いから・・・あかん、ほんまやめて・・・あ~出る、出る出るってほんまに」

するとアソコからオシッコではなく潮が!

彼女「あかん、止まれへん、恥ずかしいから見たらあかん」

俺「俺のも舐めてみる?」

彼女「うん、◯◯さんの舐めたい」

俺「◯◯さんはやめよ、◯◯」

初めて彼女を呼び捨てで呼んだ。

彼女「うん、◯◯・・・初めて会った時に優しく色々教えてくれて、好きになっててん。◯◯・・・好き」

俺「俺も◯◯が好きやで。初めて会った時にめっちゃ可愛い子おるなって思って、隣が空いてたからラッキーやったわ」

彼女が俺のを咥え込む。

彼女「痛くない?」

俺「気持ちいいで」

彼女「良かった」

しばらく咥えさせてから彼女を立たせてバックで挿入。
まだ使い慣れてない彼女のアソコの締め付けに早めの限界。
即抜き、精子をあちこちに撒き散らした。
びっくりするくらい出た(笑)

もうそれからは帰りの車内でもラブラブ。
降り間際に長いディープを交わして別れた。

それからは毎週サークルで顔を合わせては、こっそり抜け出してディープキス、クンニ、フェラとやりたい放題。
彼女は彼女で、勉強中も俺のを触ってきたり・・・。
もちろん勉強が終わったら、毎回のように若い身体を頂いています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド