ファーストキスした同級生と思い出の神社で中出しエッチ

この体験談は約 2 分で読めます。

毎日暑い!
今日は休み、昼前から太陽がジリジリと肌を焦がしそうでした。
こんな時は冷たい生ビールと思い、知り合いの寿司屋に行くと、もう飲んでる同級生の女がいました。

「おいおい、昼間っから飲んでるのか!」

「あら珍しいわね、休み?」

飲んで食べて寿司屋を出ました。
出て歩くと暑い!
神社の前まで来て、昔この同級生と神社の中で唇が触れるか触れないかのファーストキスしたことを思い出し・・・。

「あっ、ここでキスしたことあったな・・・」

「そんな事もあったね・・・」

酔ったせいで余計に暑さがこたえます。

「なあ、ちょっと日陰で休んで行こうよ」

神社の境内に入り、木陰に座って昔話をしていると、彼女の薄着のオッパイが気になって・・・。

「随分太ったな!」

そう言ってオッパイに触ると・・・。

「アンタもね(笑)・・・結婚しないの?」

「嫁の来手がないしな」

「奥さんがいないから、アタシのオッパイに触ったくらいで大きくなるのよ(笑)」

そう言って股間を握られました。
言葉が途切れたままお互いなんとなく触ってるとチンコは完全に勃起。

「あん時の続き・・・しようか?」

彼女が何も言わないのでキスしました。
道路から見えないのをいいことに押し倒し、シャツを捲ってオッパイに吸い付いても彼女は無抵抗。
というわけで行為はエスカレート!
スカートの中に手を入れ、下着の上からマンコを撫でても無抵抗。
パンツごとズボンを下げて、チンコを握らせ、彼女のスカートと下着を脱がせました。
彼女の股に顔を埋めると、マンコと汗が混じって、なんとも卑猥な匂いでした。

「う・・・う・・・」

「いいか?」

彼女は股を閉じようともせず、無言のままでした。
Tシャツも脱いで素っ裸になると、彼女の股に割って入ってそのまま挿入!
45歳の男女が境内でズッコンバッコン。

「ァッ・・・ァッ・・・イクイク・・・」

彼女、イッたみたいです。

「ウン・・・ウン・・・ァッ・・・」

ことらも我慢出来ず、激しく突いて中に射精しました。
すぐに萎えたチンコをしゃぶられて2回戦へ!
何度かイッた彼女、最後は一緒にイキながら中にフィニッシュ!

「ゴメン、また中に出しちゃった・・・」

「たぶん出来ないから大丈夫・・・」

彼女は俺のパンツで股を拭いて服を着ると・・・。

「早くお嫁さん貰いなさいよ(笑)」

そう言って先に神社から出て行きました。
なんか得した1日でした。

でもヤクザな旦那に知れたらかなりヤバいです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!