人妻になった元カノを寝取って中出し

この体験談は約 2 分で読めます。

俺にはセフレ関係の女がいる。
32歳の人妻で由香という女。
由香と今の関係になったのは、あるサイトでの出会いだった。
いわゆる素人専門の出会いコミュニティだ。

人妻との関係に憧れていた俺は、そのサイトで由香という女と頻繁にやりとりをしていた。
夫は外資系で出張が多いエリートサラリーマン。
そんな夫婦生活のすれ違いで寂しさを紛らわすためにサイトに登録したというのだ。
俺はマメに連絡を取り、怪しい人間じゃないということを必死にアピールした。
そして、やっと実際に会う約束まで辿り着いた。

由香と初めて会ったとき、綺麗な女性だと思った。
と同時になぜか懐かしさを感じた。

食事を共にし、流れでそのままホテルに行った。
綺麗なお椀型の胸を愛撫しながら、あることに気がついた。
右乳首の右下にある小さなホクロ。

(前にどこかで見たことがある・・・)

懐かしい記憶が蘇った。
高校時代の元カノ。
俺が童貞を捧げた、同じ高校の同級生。
名前も同じ由香だった!
だが、就職と同時に地元を離れ、遠く離れたこの場所で、ましてやこういう形で再会するとは思ってもいなかった。

俺は懐かしさに浸りながら由香の全身を愛撫していった。
そして正常位で挿入し、人妻となった元カノとのセックスを存分に堪能した。
同じ女性であっても、人妻というブランドが彼女を特別な女性と認識させ、興奮が一気に高まっていった。
昔の彼女が今は俺の知らない男の妻となり、今は昔の彼氏である俺に抱かれている・・・。

(この女を俺の精子で汚してやりたい!)

そう思った。
もう一度体勢を正常位に戻す際につけていたコンドームをこっそりと外すと、そのまま生で挿入し、一気に由香の奥深くで射精した。
由香は中に出されたことに気づいていないようだった。

セックスを終えベッドで横になっている由香に俺は聞いてみた。

「由香って□△中?」

「えっ!もしかして◯◯?」

彼女も薄々気づいていたようだったが、まさかと思っていたらしい。
女は化粧で全く別の女に変わることができるということをこの時思い知らされた。
それから昔の思い出話に花を咲かせながら、今の夫との夫婦生活の不満などを聞いてやりつつ、セックスを存分に楽しんだ!
そしてまた会って欲しいと言われ、現在のセフレ関係になった。

地元から遠く離れた場所で昔の恋人とセフレ関係になるなんて思ってもみなかった。
そんな由香は現在、妊娠5ヶ月。
たぶん俺の子だ。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!