めっちゃ可愛いロリっ娘と夜空の下で[第1話]

この体験談は約 7 分で読めます。

あれは高校2年の初夏だった。
俺は大阪の高校に通っていた。
中学の時から女の子に興味はあったけど、特に付き合ったりとかはなく、野郎同士の遊びで満足していた。
俺は今から考えると、どうしようもなく背伸びをしていたと思う。
キスはしたことないのに「もう済ませた」とか、童貞なのに「逆ナンされてやっちゃった」とか、風俗に行ったこともないのに「飛田新地で15分7000円でヤラせてもらった」とか。
まぁ今考えると恥ずかしいが、バイト先のレストランの遊んでる先輩の話を受け売りに自分の体験のごとく話して、連れの股間を大きくさせていた。

その時は、アウトローなキャラが自分の理想像であり、演じていたキャラなのである。
そんな背伸び野郎の俺の話。

高校の体育祭は6月の中旬にやっていて、別に熱くなるわけでもなく出場種目には淡々とこなし、校庭の隅っこでやたら盛り上がっているグループを「馬鹿じゃねーの?」と偉そうに座って馬鹿にしていたことを覚えている。
体育祭は勝ったのかな?
記憶は曖昧だが勝ったんだろう。
『祝勝会』という名の打ち上げに誘われたからだ。
なぜか活発なヤツ達が多くいる別のクラスのヤツに誘われた。

Y子「Kくん(俺)、打ち上げおいでよ」

俺「いいよ、行かねーよ」

Y子は同学年イチ活発な女の子であり、ブサイクだけど愛されキャラだった。
今でさえ酒の飲めない子は多いが、俺はその時から飲めないのを自覚していたから、酒が飲めないという理由を隠して断った。
背伸びしていたなぁ。
飲めないことがカッコ悪いと思っていたのも理由だろう。
その時、ひょこっと横に現れたのが『チー』である。

チー「なんで来ないのぉ~」

(!!!)

チーは今で言うロリ顔で、めちゃめちゃ可愛い子だった。
堀北真希にちょっと似てる。
その時のファッション雑誌の地域特集で何回か載ったのも知っている。
高校1年の時、別のクラスから廊下に出てきた時にチラッと見たときから俺はやられていた。
一目惚れだった。
学年イチ男前のAと付き合っていたはずである。

チー「おいでよ、ウチのクラスとKくんのクラスが勝ったんだからさ」

俺「あーそうだよねー」

(やべぇ・・・初めてしゃべる・・・)

チー「あんまKくんのクラスと交流もないし、誘ってきてよ」

俺「マジで!」

チー「うん、マジで」

俺「誘わないといけないの?」

(俺目的じゃないよな、そりゃそうだよな・・・)

Y子「来るんかい!さっきは行かねぇとか言ってたのに!」

俺「いや、それは、誰か誘わないと駄目なのって意味で」

Y子「ややこしいこと言うなぁw」

チー「ホントw」

俺「そうかなぁ。ハハ・・・」

(Y子、邪魔すんなよ!)

こん時はすでにドキドキ、惚れてる子と喋って笑いとってるなんて有頂天だった。
よく考えれば、ただの雑談なんだけど。
心の中では、行くのは決めたけど、喋りたいから長引かせるって感じ。

俺「で、誰を呼んで欲しいの?」

チー「仲いい子でいいよ。Mくんとか仲いいでしょ」

俺「うん。いつも一緒にいるな」

チー「それとSくんとか、適当に」

俺「いっぱいで盛り上がりたいのな」

チー「そうそう」

すでに視線と体の方向はチーにしか向いてない俺。
この時は携帯電話も持ってるヤツは持ってたんだけど、大体がポケベルだった。
(連絡先と称してベル番聞けるかな?)とか考えてた。

そしてチーと目が合ってドキッとした時に視線を外してしまった。
その時にもう1人の女の子『N』が近づいてくるのが見えた。
Nが俺とは視線を合わせずにチーの袖を引っ張って言った。

N「女の子誘いに行こー」

チー「おっけぇ!じゃぁ、Kくん来てよね。バイバイ」

俺「・・・(おい、邪魔だ!)」

Y子「んで待ち合わせ場所だけど、学校の近くの◯◯公園で」

視線がチーを露骨に追っかけてる俺。

Y子「おい、おおーい、Kくーん!聞いてる?」

俺「あぁ、何?」

Y子「何そのテンション、来るの?来ないの?」

俺「行くよ!適当に誘って」

Y子「テンション落ちたねぇ。やっぱチーのこと好きなん?Kくんも」

俺「“も?”ってなんだよ」

Y子「そんなとこに引っかかんなよw普通引っかかるとこは好きかってことだろw」

俺「そっか、そうだよな・・・」

(やべぇ、バレたかな?)

Y子「打ち上げで悩み聞いてやっからwじゃあ◯時にねぇ~」

俺「OK」

ホームルームが終わり、帰る前にMとSを誘い、「なんか強制参加らしい」とそいつらには言って、乗り気ではない所を見せた。
で、待ち合わせ時間を決めて、そそくさと帰った。

バイト代を貯めて買った一番いいジーンズにTシャツで、待ち合わせに遅刻することなく、チャリンコでその公園に着いた。
見渡せば、同じ高校のヤツ達が酒(主にビールと缶チューハイ)を飲んでる。
合計で50人くらいかな。
俺ら2年が30人と、1年が20人くらい。

3年生はどこ行ったんだろ?
まぁいいや。
今日は来ないみたい。
羽根が伸ばせる。

やっぱり俺の目はチーを探してた。
見つかんない。
どっかから声を掛けられて、飲みながら待っていた。

(あれ、意外と飲めるんだな、俺)

いつの間にかMとSも合流し、7~8人のグループになって男女で喋ってた。
もうほとんどが音楽の話、学校の話、バイトの話とかで盛り上がってて、先生の真似とかで笑いをとったりした。
いつの間にかブサイクY子も同じグループに座ってる。

Y子「クールなキャラかと思ったら面白いねぇ~w」

俺「そうかー?」

クールじゃないキャラも面白いと思って、どんどん笑わせた。
人間観察はしてたから、細かいモノマネには自信があった。
みんな笑い転げてくれる。
でも疲れてきた。
そしたら、チーとNが俺らのグループにどっかからやって来た。

チー「盛り上がってるねぇ」

N「ホント、ここが一番面白そうだから、こっち来たよ」

Y子「Kくん、クールかと思ったら結構違ったんだよ。おもろいよw面白いヤツをチーにも見せてやってよ」

マジかよ。
俺、チーの前で思い切ったことする自信ねぇぞ。
やべーなー。

俺「ちょいトイレ行ってくるわ」

チー・Y子「えーーー」

どうする俺?
トイレしながら考えた。

恥ずかしながらやるのが一番サムいからなぁ。
でも、恥ずかしい・・・。
でもやろう、思いっきり!

そう決意した俺は、ちょうどトイレにきたMにメガネを借り、水道の水を頭にかけて七三にして、かなり気合いの入った生活指導の先生のモノマネの格好をし、元居た場所まで走り出した。
そしてみんなの背後からモノマネをしながら叫んだ。

俺「おい、こんな所で何してんだ!」

みんな「!!!!・・・やべ!」

俺「では授業を始めます~」

「おいー。驚かすなよ~」
「なんだよwその七三」
「似てんじゃねーか!w」

Y子「ねぇ、キャラ違うでしょ~カカカッカw」

チー「似てる、似てる~w」

N「面白いやん~」

よっしゃウケた、チーも笑ってる!

俺「じゃあ今ので終わりな」

別の話で盛り上げて10分くらいで疲れたから1人で離れた芝生に寝転がって夜空を見ていた。
やっぱ広い公園だから見回すと色んなヤツがいた。
カップルあり、脱いで笑いをとってるヤツもいる。
それに小高い丘が何箇所もあったから街灯の届かない所に歩いていくヤツらもいた。
寝転んでたら、少し離れた所から呼びかけられた。

?「ねぇ、ねぇ」

(誰だ?)

そう思って体を起こし、振り返ると・・・Y子だった。
俺とY子の2人、坂になってる芝生で体育座りで喋った。

俺「何?」

Y子「チーかと思った?カカカッカw」

俺「思ってねぇよ」
(ちょっと思ったけど・・・)

Y子「で、どうなん?」

俺「何がよ」

Y子「チーのこと、どう思ってんの?好きなの?」

俺「何でそんなこと言うんだよ」

Y子「今日の打ち上げに誘った時の態度を見てたら誰でも分かるよ」

俺「マジかよ」
(そりゃ、1年の時から好きだったなんて言えねぇわな)

Y子「人気だからね~、チーは」

俺「可愛いとは思うけど、好きとかじゃないなぁ」

Y子「喋りたい?」

俺「え・・・」

Y子「連れて来てあげるよw」

Y子がおもむろに立ち上がり、どっかに行こうとするから俺は焦って呼び止めた。

俺「ちょ、ちょ、ちょい待てよ」

Y子「何よ?」

俺「まぁ座れよ。な!それに、何をチーと話すんだよ。彼氏いんだろ?」

Y子「いないよ」

(え・・・)

俺「なんてった、今?」

Y子「私は彼氏いないよ」

俺「お・ま・え・じゃねぇぇぇよ!!!!」

Y子「ゴメンゴメンw嘘、私は大学生の彼氏がいるよ」

俺「だから!おめぇじゃねぇよ!」

Y子「あーそうかー、Aのこと?もうチーの彼氏じゃないよ」

俺「うっそ・・・」

Y子「ちょい前に別れたよ。そう聞いたし、両方から」

俺「マジかよ」

Y子「マジマジ、じゃぁ連れてきてあげるからっw」

今度は止めなかった。

Y子「今度は止めねーのかwやっぱ喋りたいんじゃん。カカカッカw」

なんか悔しかったけど、その言葉を無視して、『早く連れて来い!』と心の中で叫んだ。

「ねぇ、ねぇ呼んだ?」

振り返るとチーだった。
や~べぇ~可愛い。
どおしよ。

俺「呼んでねぇけど?」

チー「『なんかKっちが話したいらしいよ』って、Y子が言ってたから」

俺「Kっち?俺のあだ名?それ?」

チー「うん、私が今付けた。Kっち。可愛いでしょ」

俺「そんなあだ名で呼ばれたことねえよ~w」

チー「そーなんだwKっちっていいでしょ」

とか言いながらチーはよろけてた。
だいぶ飲んだんだろう。

俺「コケたら危ないから、ここ座りなよ」

横の芝生を叩いた。

チー「いいよ~。お邪魔しますっと」

初めに好きな音楽の話をした。
2人ともハイスタが好きで盛り上がった。

俺「何の曲が好き?」

チー「曲名がわかんない。曲名を知らないんだぁ」

俺「それって好きに入るか~?wホンマに分かってんのかw」

チー「分かってるってぇ、Kっちぃ。そー言えばKっちってギターのヨコケンに似てない?」

俺「髪が短いバージョンのヨコケンなら言われたことある」

チー「カッコいいじゃん」

俺「カッコいいじゃん」

チー「ハハw」

俺「アハハw」

嬉しかった。
カッコいいって言われた。
それから色々話して緊張も解れてきた。

(よっしゃ、ここはエロ雑誌で得た知識とバイト先の先輩から聞いた口説き術をミックスして、いい雰囲気にするぞ)

意気込んだ。
ちょっと大胆に行こうと決めた。
まずは服装を褒めよう・・・。
まあ褒めなくても本当に可愛いんだが。

俺「今日の服、可愛いね。そのスカートとスニーカー合ってるやん」

チー「そうかな~、丈が膝上だから、いつもより短いんだぁ」

俺「俺、制服しか見たことないから、びっくり。すげー可愛いって」

チー「そぉ?アリガト。Kっちもこのマジックテープの靴いいやん」

俺「確かにマジックテープやけどw」

チー「ベリベりさせてよ。ねぇ」

俺のマスターをベリベリ付けたりはがしたりしてる。
笑ってる。
可愛いなぁ。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!