「草も食べない草食系」と言われていた男友達が獣に!

この体験談は約 6 分で読めます。

子供の頃にHIVとか肝炎とかのTV番組を観てトラウマに。
『付き合う=セックス』を意識しはじめる高校くらいから男子とは距離を取っていたら、26歳でまだ処女。

焦っている時に、草食系の男友達が彼女と別れたと聞いた。
中学の同級で数少ない男友達。
別れてからの彼を飼い殺しにしつつ、3ヶ月後に血液検査をさせた。
結果は陰性だったので食べると決めた。
でも、付き合ったことある男子は高1が最後。
それもキスだけ終わり。

遠回しに誘うが、草食だけに全てスルーされた。
私が長めの出張で上京した時、偶然彼の出張が重なり、夜に飲みに誘った。
寂しかったのもあるし、彼以外にもう誰も現れないような気がしてたから、覚悟を決めていた。
飲んで、そのままホテルに泊まってもらって・・・という作戦が大失敗。
お酒に強くないのに彼に合わせて飲んだら動けなくなった。
なんとか頑張ってホテルに戻ったようだけど、ほとんど意識はなかった。

夜中にトイレ行きたくなって起きる。
頭が痛い。
自分の様子が何かおかしい・・・。
着てる服はキャミとレギンスだけ・・・。
そして、ブラとパンツをしていない。

(え?!)

ベッドには下着姿の私と彼。
ソファには勝負のつもりで着ていたブラとお揃いの紐パンが鎮座してる。

(ママ~・・・全然覚えてないよ!)

オシッコしたい感じは、もう消え失せていた。
喉も渇いていたのでフラフラになりながら、お水飲む。
動くと再びトイレにも行きたくなってきた。
トイレであそこをチェックしたけど、よく分からない。
痛くもないし・・・。
トイレから出ると、目の前のクロークには彼のスーツと私のワンピースが掛けてある。

(・・・)

ベッドの横に座って彼の顔を覗き込む。
目が開いて、彼がこっちを見てる。

「もしかして・・・した?」

「覚えてないの?」

終わった・・・ヤバイ・・・。
覚えてない。

「ウッソ。何にもしてないよ」

「本当に?」

こいつで良かった。
一生後悔するところだった。

「うん」

草食系だけど、こういう時はありがたい。
飲んでからどうなったか聞いているうちに、話が途切れてくる。
彼の腕が私の頭の後ろに回ってきた。
そのまま顔が接近。
反射的に顔を後ろに下げたら、彼の腕にぶつかって行き止まり。

「アッ・・・」

声が出たけど、そのまま口を塞がれた。
チュッと軽くキスされる。
唇が離れると耳元で囁かれた。

「・・・付き合って」

「うん」

そのまま耳を噛まれる。
抵抗したけど、グッと頭を掴まれてされるがまま。
ゾクゾクが止まらなくなって、どんどん濡れてくるのが分かった。

「◯◯(私の名前)を食べたいから・・・シャワー入ろうか?」

(エッ?)

ドキドキした。
彼は元々私に対して押しが弱いし、下品なことは言わない。

「草も食べない草食系」だと、中学の同窓会でもからわかれていた。

それが、何これ?

私は普段は強がっているけど、妄想では自分を弄られたりメチャクチャに虐められるのが好きだった。
はい・・・Mです。

洗面所へ移動してディープキス。
クラクラしてきた。
意識が薄くなって、いっぱいいっぱい。
いつの間にか脱がされて、シャワー開始。
彼のを握らされたり、胸を揉まれたりする。
抵抗すると、強く手首掴まれて後ろへ回される。
ディープキスが苦しい。
意識が何回か飛ばされた。
たぶん声も出ていたと思う。

ベッドの上に行くと、少し冷静になる。
処女だとバレると恥ずかしいし、引かれるだろうから黙っていた。
握らされても握ってるだけの私。

「あんまり慣れてないよ・・・久しぶりだし」

一応、言い訳はしておいた。
ここで初めて彼の手が下に伸びる。
そういえば、シャワーで触られたのは上半身だけだった。
さっきからずっと濡れてるところに手が触れる。

「あっ!」

声が上がる私の目を見ながら、にやっと笑って一言。

「上の口だけでなくて、下の口もヨダレ垂らしてるよ」

(ええー!こいつ、こんなキャラじゃないはずなのに!!)

もう心臓を鷲掴みにされた気分。
アソコも反応したと思う。
手がクリから中の方まで撫でると、さらに言葉が続いた。

「下の口も、だらしなく口が半開きになってる」

抵抗したけど、両手首を片手で掴まれて背中に回されていた。
この束縛もヤバイ・・・。
片手でアソコを触わられながら、舌で胸をベロベロと舐められる。
そのうち、また耳元で囁かれた。

「下の口にもキスしないとね」

思わず足を閉じる。
でもディープキスされて、いつの間にか足を開かされて、手と足でガッチリ固定されていた。
もう息も絶え絶え。
クリを舐められて、もう思考は真っ白。
自分で触るより何倍も気持ち良かった。

彼の頭が下にある。
怖くなってきて手を伸ばすと、彼が手を繋いでくれる。
ちょっとこみ上げてくるものがあった。
なんか宙に放り投げられたような感覚から足元がついた感じ。
寂しい気分が、彼と一緒にいる気分になって、怖くなくなった。
と、思っていたら、なんか一気に来た。
しばらく放心状態。
次に彼は私に舐めるように言ってきた。
彼が寝て足を開く。
よく分からないけど、ペロペロ舐める。

(経験ないのがばれちゃうよ。早くなんとかしないと・・・)

でも、すぐ解放してくれた。

「入れようか?」

ついに来た。
でも大丈夫、ここからはシミュレーションしてある。

「コンドームは・・・バックにあるよ」

すでに用意済み。
しかも何回か練習済み。
でも予想外の回答。

「◯◯を直接感じたいから、最初だけ生で入れたい」

何?その回答!
でも・・・なんか感動した。
病気は大丈夫だし、もし子供ができても・・・。
と、その時は思った。
OKを出した。

でも彼は、さらに私の想像を上回ることを言ってきた。

「上に乗ってよ」

それまで彼は仰向けに寝て私にフェラさせていたけど、そのまま私を跨がせた。
今なら分かるけど、正座で腰を下ろすようにして騎乗位をさせようとしていた。
私に握らせる。
これから私を貫くモノを、自分から入り口に持っていく私。
先が入り口に当たる。

「・・・アッ」

こんなの入らない・・・。
処女に何させるのよ!
座布団に正座ならいいけど、こんな突起のあるところに正座なんて拷問だ。
躊躇してると一言浴びせられてた。

「乗れよ」

キタ━━━━━━ヽ(゜Д゜)ノ━━━━━━!!!!!

俺様的なセリフ。
彼からこんな言い方されたのは初めてだった。
でも、下から見上げられる目に抵抗はできない。
少しずつ腰を下ろしていく。
小刻みに入れて行くと、スルスルと入っていった。
一旦濡れると進みやすい。
まず、第一に先が入る時。
次に中頃まで入ったとき。
最後に奥まで入るとき。
強い痛みが何回かあったけど、声はほとんど出さずに耐えれた。
痛くなってきたところで何回か小刻みに動かすと、滑りが良くなってきて次に進めた。

「全部入ったよ」

感動した、やったー!

「中、熱いよ」

「うん」

しばらくそのまま。
幸せな気分。
そして彼が私の腰を持ち上げて抜いてきた。

(ああ、楽だ・・・)

異物感が消えてゆき、入り口まで戻っていった。
そして私の膝を持ち上げ、しゃがむような姿勢を取らせる。
ゆっくりだったし、一番奥まで入って達成感からか、ちょっぴり余裕があった。
なんだか和式トイレに座る姿勢。

(彼は便器だ。ププッ)と思った瞬間、彼は私の膝を後ろに押した!

便器に構えている時にバランス崩して後ろへ倒れるように・・・私は自分の体を支えることもできず後ろへ倒れた。
トイレでは出す行為だけど、今は入れる行為。
私は、ついさっき、なんとか奥まで入ったばかりの処女。

「痛い!イッタぁぁぁーー!」

さっきの苦労は嘘のように、簡単に一番奥まで入って貫かれた。
激痛ってもんじゃない。
頭の中真っ白。
顔から火が出るような痛み。
彼は上体を起こして抱き締めてきた。

こら!動くな!
それも痛い・・・。

「ゴメン。大丈夫?」

大丈夫じゃない!!
対面座位になって抱き締め合う。

「抜く?」

イヤだ。
このまま体温を感じていたいし、こんな形で終わるのがイヤだった。

「・・・ダメ」

しばらくすると涙が出てきた・・・。
しかも止まらない。
色々考えがグルグル回りだす。

もう、処女だってバレてるよね・・・。
つまんない意地を張るんじゃなかった・・・。
やっと処女ではなくなった・・・。
裸で抱き締め合うのって気持ちいい・・・。
まともに付き合う初めての彼氏なのに、呆れられたかな・・・。
セックスしてるのに・・・泣いたらダメだよ・・・。

そう思うと、もう止まらない。
溜まっていたものが全部出ていく感じ。
声を出して泣いた。
その間、彼も抱き締めていてくれた。
落ち着いてきて、正直に初めてだったことを告白して謝った。
彼も謝ってくれた。
ずっと入ったままだったけど、彼のは小さくなってたような気がする。
泣いてる女子を前にして、元気になるようなら危険だったかも。

その後、最後まで彼に気持ち良くなって欲しかったので正常位でフィニッシュ。
終わったらもう窓の外は明るかった。
彼はすごく優しくしてくれて、幸せな気分だった。
起きたら昼。
2人で照れ笑いしながら起きた。

長文失礼しました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!