すぐに終わったけど私の心は幸せで満たされていました

この体験談は約 5 分で読めます。

6月4日・・・。
それは私にとって忘れることの出来ない日なのです。
あれから35年が過ぎて、そしてあの人が他界してから9年が過ぎました。
今年もまたあの日を思い出して・・・。

あの日は梅雨のよく晴れた日でした。
車は新緑の木立の登山道を絵下山に上っていきました。
頂上の駐車場からは瀬戸内海の島々が美しく浮かんで見え、素晴らしい眺めでした。
山頂であの人は22歳になった私のプロポーションをカメラに収めてくれました。
下山の途中であの人に、「涼しい所に行きたいね」と誘われましたが、私はただ黙って運転するあの人の横顔を上目遣いに見つめました。
あの人は暗黙の了解と受け止めたのか車は根上まで走り続け、止まったのは川辺の新緑の木立の中に佇むホテルでした。
外は新緑の木立に囲まれて涼しく、せせらぎに清らかな水が気持ちいい音を響かせて流れていました。

部屋に入るなり私は強く抱き締められ、そのまま床に転がされて唇も奪われました。
抱きかかえられてベッドに移され、胸が柔らかく揉まれると私は無意識に抵抗しました。
男を知らない処女の強い抵抗でした。
これまでも何回となく、デートのたびにここまでされると強く抵抗し、あの人もそれ以上のことは求めてきませんでした。

しかし今日の私は違っていました。
抵抗も弱く、知らず知らずのうちに全身をくねらせていました。
ブラウスの前が広げられブラジャーが下げられると、そこには素肌の乳房が曝されました。
素肌の乳房が柔らかく揉み続けられます・・・。
その手がお腹の上を伝って下がってスカートのホックにかけられ、チャックが下げられていきます・・・。
自然に性器は疼いて・・・スカートが下げられていって・・・。

あの人の手がスリップの下に入り、薄い布の上から花丘を弄り続けてきました。
快い快感が全身に伝わってきます。

(あの人が望むなら、もう抵抗もせず、今日はすべてをあげてもいい・・・)

そう思いながら、されるままになり、(もっとして欲しい・・・)とも願っていました。
自分でもあそこが潤むのがわかり、無意識に腰をくねらせていました。

あの人の手が薄い布のゴムに掛かり、お尻に手が回り、布を脱がせにかかる・・・。
私は自然と足をばたつかせ、太腿を固く閉じて抵抗していましたが、その抵抗はこれまでよりも弱い形式的なものでした。
あの人を愛してはいましたが、そこの部分は未だ誰にも見せたことがなく、最後の一線を越えることの勇気がまだなかったのです。

私は太腿を強くしめながら、「ダメ、そこはだけは許して・・・」と声を出して抵抗していました。

しかし、薄い布は着実に下げられていきます。
黒い陰毛の丘を見られるのが恥ずかしく、また濡れているのを知られるのも恥ずかしくて・・・。
しかし体は、本能のもう一人の私に負けて、(今日はすべてをあげる・・・)と心は変わっていたのでした。

下着を脱がされまいとする抵抗は弱まり、薄い布を脱がすあの人に手助けをして腰を浮かして協力している自分がいました。
あの人の手がお腹に触れ、草叢に触れ、柔らかく膨らんだ丘に触れました。
ついにあの人の指がその草叢を掻き分け、窪みに達し、割れた肉の間を進んできました。
そこはもう相当に濡れていて、その潤みはいつでも男性を迎える準備が出来ていました。

ついにあの人は私の薄い布を脱がせ、下半身を裸にしたのでした。
薄い肌掛け布団の中に2つの豊満な太腿が曝け出され、何も着けていない真っ裸な太腿の素肌と柔らかい花丘が羽毛の肌布団に直接触れて、無防備に曝されていました。
私は自分の薄い布が脱がされ、生まれて初めて下半身裸の仰臥の姿勢に・・・。
心の中では、(私のすべてを奪って!)と、これまで固く守り通した処女を失うことに何の躊躇いもなくなっていました。

あの人は私を抱き寄せ、その上に乗りかかってきました。
でも、私が両足を硬く合わせているので入りません。
あの人は私の脚を拡げさせ、その間に両脚を入れてきます。
どうにか私の太腿の間にあの人の両脚を埋めることが出来ました。
あの人は腰を落とし、私の局部に男を向けましたが、私のあそこに上手く触れることは出来ません。
それもそのはず、私が腰を引いるから・・・。

さらに太腿が拡げられ、再びあの人が私の上に乗りかかってきました。
あの人の硬い肉幹が私の太腿に触れました。
その男根は鉄の棒のように硬く感じられました。
私の柔らかな局部に、その先端が触れます。

いよいよ、あの人の肉幹が私の身体の中に入り込んでくる・・・。
あの硬い大きなモノが、この私の小さな穴に入るのだろうか・・・?
これまで人差し指しか入れたこともない小さなところに・・・。

私は不安でいっぱいでした。
あの人の硬い肉幹が私の柔らかい部分に触れてきて、割れ目を探し、入り口を探し求めています。
私は両足を固く合わせていました。

入りません・・・。
あの人の肉幹が私の入り口に当たっていないから。
私が自分の腰を引いているから、余計に入らない。
あの人が焦っているのがわかりました。

私は足を少し広げ、腰を少し浮かしてみました。
肉幹がようやく私の入り口を探し当て、ほんの少し、入りかけてきました。
生まれて初めて私の身体に肉幹が入りこもうとしている。
その先端が私の柔肉に埋まりかけたかと思った途端、柔肉の周辺がヌルヌルしてきました。
それは・・・愛するあの人の肉幹からは迸った精液でした。
あの人の激しい動きは呆気なく終わりました。

愛のほとぼりが冷めかけようとしているとき、再びあの人の肉幹が私の柔肉の入り口付近を前後に擦り始めました。
その動きがだんだん大きくなってきて、再び私を愛欲の渦に巻き込んでいきました。
そして今度は、あの人は落ち着いているようで、私に腰を浮かせるように囁いてきました。
あの人の肉幹が柔らかい私の入り口に触れ、その部分が柔肉の中に埋め込まれました。
するとその硬いモノは私の柔肉を強く突き進んできて・・・。
その瞬間、痛みが走りました。
やがてそれは私の奥まで強引に進んできました。
あの人はゆっくりと腰を前後に運動させていましたが、5、6回の前後運動でその動きは止まりました。
またあの人が頂点に達し、白い液を私の中に放出したことを私は悟りました。
私には快感もなく、何がなんだか判らなかったけど・・・。

でも、とうとう男のモノが私の体の中に入り込み、これまで固く守り通していた私の処女は、あの人の肉幹によって奪われたんです。
そのことだけが頭の中を支配していました。
自然と私の目からは大粒の涙が溢れていました。
後悔などありません。
生まれて初めて私は自分の体の中に男を迎え入れ、あの人を満足させてあげたという母性と愛が複雑に交差していました。

あの人が私の涙を拭いてくれました。
私はあの人の胸に顔を埋め、あの人に体を預けて甘えました。
ずっとあの人は優しく抱き締めてくれていました。
窓の外から、せせらぎの音が静かに清らかに聞こえていました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!