いきなり服を脱ぎ始めた幼馴染

この体験談は約 2 分で読めます。

俺とNは幼馴染で、生まれたのも5日違い。
家も隣だった。
そのため昔から仲が良く、一緒に遊んだり家族ぐるみで旅行や海水浴によく行っていた。
小さい時はよく一緒にお風呂やお泊りもやっていた。

これは俺たちが中1の時の話。
学校から帰り、家で寛いでると、Nがもじもじしてて様子が変だった。
とりあえず家に入れて、リビングに通した。
俺もNも両親は共働きで夕方まで帰ってこない。

N「あ、あの~」

俺「何か用事でもあった?」

Nは俯いて黙ったままだった。
明らかに様子がおかしかった。

俺「落ち着いたらいつでも言っていいよ」

俺はそう言った。

N「あのね・・・私と・・・セ、セックスして欲しいの」

俺「は?いきなりどうしたの?」

N「私、M(俺)のことが好きだったの、お願い」

俺「無理無理無理無理無理無理無理」

俺は首を振りながら言った。

N「私、本気だよ」

Nは着てる服を脱いだ。
可愛いブラが現れた。

俺「ちょ、ちょっと何してるの!」

N「私は本気で言ってるの。だからお願い」

俺「本当にいいんだね?」

聞くとNは頷いた。
俺はNのブラをずらし、両手でNの胸を揉んだ。
Nは胸が結構あった。

俺「気持ちいい?」

Nは頷いてくれた。
俺は胸を揉みながらNの口にキスをした。
Nもそれに応えて舌を絡ませてきた。
俺はNの胸を舐めたりもした。

Nの体を起こさせて、俺はアソコを出した。
Nは嬉しそうに、俺のそれを口に含んだ。

今度はNが、「気持ちいい?」と聞いてきた。

俺「あぁ・・・気持ちいいよ」

N「嬉しい。もっとしてあげる」

俺「あ~~~イク~~」

俺はNの口に出した。
それをNは全部飲んでくれた。

N「精液って思ってたより苦いね」

そう言ってNは顔をしかめていた。

N「次はこっちだよ」

Nは自分でズボンとパンツを脱いだ。
俺はNのアソコに顔をうずめて舐め回した。

俺「じゃあ・・・そろそろ入れるね」

Nが神妙な顔で頷いた。

俺「痛かったら言ってね」

そう言って腰を動かした。
Nは驚くほど積極的で、「もっと速く~」と言ってきた。
俺はそれに応えてスピードを上げた。
でも、すぐに出そうになった。

俺「流石に中出しはまずいよね?」

N「別にいいよ、Mなら。私の中に出して」

俺はまずいと思いながらもNの中に出した。
Nは、「はぁ~、いっぱい出たね」と笑っていた。
夕方になり、Nは帰って行った。

それからというもの、両親の目を盗んではNとやる日々が続きました。
それがきっかけで俺はNと結婚して、今も楽しく暮らしています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!