新着情報

ツンツンツンツンデレの彼女[前編]

この体験談は約 6 分で読めます。

まだ“ツンデレ”なんて言葉を知らない頃、大学一年だった俺。
友人が『リッチなギャルとナイスなコンパ』と銘打った、いかにも怪しげで嘘臭く、行く気が失せる様な企画を堂々とメールで回してきた。

相手は短大二年生。
俺たちより1つ上のお姉さんが来る!と言うので、わいわいぎゃーぎゃーと騒いでいた。

俺は当時、恥ずかしながら素人童貞で、風俗の濃ゆいプレーしか知らず、セックスのなんたるかも判らん素人だったし、友人達に対し『女はこうだよ!ああだよ!』なんてだいぶ知ったかぶりをしていたと思うと情けなくて涙出てくる。

当日集まったのは俺を含めて男は4人。
女の子も4人。
実際俺が一番キモい。
女の子は今で言うセレブでもなんでもなく、ただの合コンという事が判明し、意気消沈。
しかし折角来てくれたんだし楽しもうと友人Aが皆を鼓舞し、飲み屋で始めた一次会。

俺の前に座ったのは、さよちゃん。
なんか話し掛けても「で?」「だから?」とか返され、全く話が繋がらない。
それを見かねたAが席を変わってくれたが、そのAすら“なにあいつ?”的な顔で会話に困ってるようだ。

さよちゃんはトイレに行って帰ってくると、また俺の前に座る。

「学校では何を専攻しているの?」と聞いても、「それ聞いてどうするの?」とか、「家はどの辺なの?」と軽く聞いてるのに「別に何処でもいいじゃん」との返答。

沈黙がしばらく続く。
さすがに他のメンバーも気が付いたのか、女の子3人は「カラオケしよ?」と言い出した。
俺は正直ホッとした。

でもカラオケ屋でも何故か俺の隣。
トイレ行くついでに他の女の子も出てきたので聞いてみた。

「なんで?俺、嫌われてるのかな?」と。

すると意外にも・・・。

「さよでしょ?あの子いつもああだよ、冷めてるっていうかぁ?男に興味無いっていうかぁ?今日も無理して来てもらったから拗ねてるのかも」と言われた。

特別可愛いわけでもないし、おっぱいは巨乳でもなく、ちょっと背が高いというだけでそんなに気を惹く存在では無かった。
友人達はそれぞれ気が合ったらしく「次飲みに行く!」と言い出したが、俺はお財布の中身が帰りのタクシー代しかなかったんで、さよならすることにした。

するとさよちゃんは「あたしも帰る」と言い出し、何故か俺と同じ方向の駅方面へ歩き出した。

話すこと無いし、話しても途切れるんで、俺は歩調を合わせながらもシカト状態。
駅の入口前が工事していて段差が多く、さよちゃんの靴がガッと引っかかった。
それを見た俺がすぐに支えようと腕を掴んだんだが、「別に一緒に帰りたいからって訳じゃないから!」とキツい言い方。

俺も頭来てたので「はい、知ってますよ」とか答えたんだよね。

そしたら「ならついて来ないで」とか言うので、「ゴメンなさい」と丁寧に謝って背中を向けた。

だってどうせ二度と会わないし、こんなクソ女!と頭来てたので、すぐさま歩き出そうとすると後ろの方で「支えてくれてありがと!」と言い方が尖ってる。

「いえ、いいんです。それじゃ・・・」と言いかけた時・・・。

「私喉渇いた。飲みに行く?」

「いいんですか?」

「私が喉渇いたっていうだけ。一人で居酒屋なんて入れないし、誘ってるとかじゃないから、イヤなら帰ればいいし」

このやろう!帰るよ!と思ったんだが、2つ気になる点があった。

それは、言う度に顔が赤くなる。
もう1つは発言してる最中は手の行き場が無いらしく、何故か落ち着かない。

半分以上しかたなく居酒屋に入るがカウンターしか空いてない。
隣同士に抵抗があるのか「先座れば?」としきりに勧めてくる。
座ると俺もさよちゃんも結構飲んだ。
でも無言飲み・・・辛い。

彼女がポテトフライを頼んだので、塩を渡そうとすると、たまたま渡してあげようとした俺の手とぶつかった。

「あっ、ごめんなさい」

「別にかけてもらおうなんて思ってないから!」

そんな反抗的&無口な状態で俺の酔いはかなり早まった。

帰る頃合いも見いだせなかった、俺はなんとか振り絞り・・・。

「そろそろ帰りましょう、もう1時ですよ」
「は?先帰れば?送ってってもらおうなんて考えてないし」

「でも、一人は危ないですよ」
「別にナンパ待ちとかじゃないし」

「わかりました、先帰りますね」
「なに?女一人残してくってこと?」

酔ってはいたが、このやろう!という気持ちが湧き上がる。
しかし、1つ年上とかいうアホな理由であながち逆らえない。
悶々とムカツク感が増す中、とうの昔にラストトレイン。
駅でタクシーを拾い、さよちゃんを乗せて、はいバイバイ!という構想を練っていたんだけど、意に反して乗ろうとしない。

「タクシー来ましたよ」
「家まで送ってくつもり?」

「いえ・・・そんなつもりはないです」
「別に家に帰る訳じゃ無いんだし、途中まで乗れば?」

「いえ、いいです。恥ずかしいんですが、タクシー代もないですし」

タクシー乗り場について目の前のタクシーに乗る彼女。

「ふーん、乗りなよ」

初めて優しい言葉をかけられたような気がして、すぐに乗ってしまった俺。
飲みすぎた俺はいつの間にか寝ていたらしい。
それも爆睡。
気が付いた時は、彼女のアパートの玄関に運転手さんに肩抱えられながら、彼女がドアを開けるところだった。
しかし、ここで起きてはまずい!
寝たふり・・・zzzz。

ガチャ・・・。

OK!

運転手さんは玄関に俺を置くと帰って行った。
彼女は俺をズルズルと引きずり、居間へと連れてゆく。
上着が捲れ上がって痛いし熱いし。
独り言で「もぅー」とか「よいしょ」とか「何飲もうかなぁ」とか聞こえてくる。

ちょっと可愛いところあるんだ!と見直した。

・・・20分以上放置プレイ。
あまりに待たされるので、そろそろもう目を覚まさないと・・・と、ワザとらしく「ただいまぁ」とか言ってみる。
そして、キョロキョロしてココドコ?アナタダレ?状態・・・のポーズ。

「すみません、すぐ帰ります、寝ちゃったみたいで・・・」
「別にいいじゃん、寝れば?」

「いえ、いいです、帰ります」
「シャワーでも浴びていけば?」

なんでこの子は留めようとするんだ?

しかたなく系でシャワー借りる。
湯船に入ろうとする。
でも酔ってるのか転ぶ。
ガランゴロン。

ガチャ・・・。

なんでドア開く?
しかも何故に裸?

「違うよ!違う!あんた酔ってるから湯船で死なれても困るんだよ。一緒に入りたいとかそういうんじゃないから!コレは洋服濡れると乾かすの大変だから!」

言い訳がましい子だ。
湯気で見えないけれど、薄っすら浮かぶさよちゃんの裸体に素人童貞の俺が立たないはずはない。
湯船でギンギンになっちまいやがりまして、でも立てない。
なんかの小さいイスに座ってる様に見えるんだけど正面向いているのは判る。
それも胸とか隠さずに。
髪を後でしばり、俺の湯船の方をじーっと見ている。

「寝ないでね!」

寝ないでねって言ったって、立ち上がれもしないし、困った。

「そろそろ出なよ!」

「あ?そうですね」

尻を向けて湯船から出ようとするが後ろ向きに出るのは危ない。

「別に見ないからさっさと出なよ!」

そう言うなら正面きって出てやる!
勇んで出たはいいが、狭い一人暮らし用の風呂、気が付いた時には座ってるさよちゃんの目の前に勃起したものが・・・。

「な、な、なに!なにしてんの?」

「えっ?あっ!すぐ出ます!」

出ようとするけれど、さよちゃんが退かないのですり抜けるのに苦労する。
そうこうしてるうちに、腕か肩辺りにちんぽの先が触れてしまった。

「見たくて私が入ってきた訳じゃないから早く出て!」

「さよさん、ちょっと退いてください、出られないんですよ」

「早くしまいなよ!」

さよちゃんの手が伸びてきて、ぎっちり掴むといきなりしごきだした。

「ちょ・・・さよさん?」

「出られないなら小さくしなよ!」

立ったまましごかれる快感。

「こういうこと、したくてしてるんじゃないし、小さくしないからだよ!」

言葉責めされてるような感覚。
くちゅっとしごくたびに鳴る音が耳に入る。
上から見るとさよちゃんの頭位しか見えないけれど、その手が俺のをしごいてる姿に俺はすぐに全身が震えてしまった。

「ちょっ・・・さよさん!出ちゃう!」

そう言うと、さよちゃんは目の前にイスごと移動してきて・・・。

「早く小さくしなよ!」

「あぁ!さよさん、さよさん!」

名前を呼びながら手コキで果てた。
ビクンと反り返ったときに手から外れて、勢いのいいホースみたいに暴れまわった。

「なにこれ、飛びすぎだよ。Y(俺)が興奮する為にしたんじゃないから!」

しょぼくれ気味に風呂から出ると・・・。

「タオルそこね、早く寝なよ」

そそくさとタオルで拭いて、着替え、もう帰ろう!と思ってた。
しかし、すっきり出した後の睡魔に襲われ、カーペットでウトウトしだした。
気が付いた時には部屋は暗い状態で、誰かが俺を突付いてる。

「寒いんだったらこっちくれば?」

「毛布あればここでも大丈夫です」

「ふーん、風邪引いても知らないからね!」

布団が一枚しかないという決定的理由で・・・。

「一枚しかないの!Yと寝たいとかじゃないんだから意地張らないでよ!」

ベッドに潜り込んだけど、今度は今度で眠れない。
パジャマの薄い生地から伝わる体温と、シャンプー・ボディソープの匂い。
いきなり興奮してしまい、ギンギンランランになってしまう。

「あのさぁ、もう少し向こうへ行って!」
「でもこっちはもうお尻半分出てますよ」

「えっ?そんなに狭いの?」
「えぇ、俺、下に行きましょうか?」

「・・・」

何故黙る!

「あのね、私こういうの初めてだし、よくわかんないんだけど、こういう時ってエッチするの?それとも寝るの?」

はぁ・・・手で触っといてそりゃないだろう?

「別に私がしたくて言ってるんじゃないんだけど!・・・したいの?したくないの?」
「そりゃ・・・男なんでしたいですけど、無理にとか、そういうのはよくないと思いますよ」

「別に、無理になんていって無いじゃん、Yがしたければすれば?」
「したくないです」

「あっ、そう。じゃぁ寝なよ!」
「嘘です、したいです」

「どっちなの?はっきりしてよ!」

<続く>

【iコミックらんど】オトナがイッちゃう保育園!~パパさん、イッパイ出まちたねっ!~
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレガイド
最強媚薬エロティカセブン