新着情報

神級に超可愛い処女の妹と

この体験談は約 6 分で読めます。

俺の妹は神級に超可愛い。
そこらのアイドルより圧勝っすよ!
すげえ恥ずかしがり屋で、目をギュッて瞑って頬を赤く染めながら、「あっあっ、お兄・・・ちゃやっ、んん」って可愛い声で喘いでいるのを見ると、もう裸で抱き合うだけでハンパなく気持ちいい。
もちろん挿入も、今まで付き合ってきた女とは全然違う。
背徳感とか気持ちの問題もあるだろうけど身体が合うって実感してます。

妹とのセックスにはまってます。
ヤバイっす。
マジ、ヤバイっす。
俺、彼女いるのに・・・。
酷い兄貴っす。

妹は高校3年。
俺は大学2年で3月から一人暮らし。
そこに俺を慕ってた妹が遊びに来て・・・です。

妹は可愛いんだけどイジメられてたことがあって、すげえ引っ込み思案。
でも俺には懐いてて、実家にいた時も俺のベッドに潜り込んできたりしてた。
家なら他の家族がいるからおかしなことにはならなかったけど、2人きりじゃ理性保てなかったです。

ベッドの中で妹に後ろから抱きつかれて、背中にポヨンポヨンっておっぱいが当たる感触に勃起&理性ぶっ飛び。
しばらく妹のおっぱい揉み揉み、ちっさい乳首コリコリ。

「お・・・お兄ちゃん・・・」

妹の声に我に返って「ご、ごめっ・・・マジごめんな」って謝る俺。

そしたら・・・妹に泣きながら告白されました。
正直ヤバイって思いましたよ。
友達がいないって程じゃないけど、大人しくて内気な妹だから、異性への愛情と兄を慕う気持ちをごっちゃにしてるって思った。
泣いてる妹にそのことを説明しました。

でも妹も必死で、「すごく悩んだよ!よーく考えたよ!でもっ・・・お兄ちゃんが好き!」とかって言うんです。

大人しい妹が激しく気持ちをぶつけて来たことに驚きました。
ちょっと胸がキュンってなって妹がすげえ愛しく思えました。
でも正直うろたえもしました。

んで俺、黙って妹のTシャツ捲っておっぱい剥き出しにしたんです。
案の定、妹は、「あっっ!」って急いで両手で胸を隠しました。

「これからもっともっと恥ずかしいことをするんだぞ。俺とそんなことする覚悟なんて出来てないんだろ?」

ちょっと怒りながら言ったんです。
そしたら妹はゆっくり手をどけて身体の横に置きました。
ベッドの横のスタンドの薄暗い明かりでもわかるくらい顔が赤くなってて、そんな妹を見てたら悲しいような嬉しいような切ない気分になりました。

そしてわからない気分のまま、妹のちっさいピンクの乳首を吸いました。
妹はピクッて身体を固くしたけど抵抗はしなかった。
呼吸は荒かったけど感じて喘いでる風ではなかったです。
だからだんだん可哀想になってきて、俺もちょっと萎えてきました。

で、妹が濡れてなければそれを理由にして、こんなこと止めようって思いました。
妹の足の間に膝を入れて足を開かせてパンツの中に手を入れてみました。
妹が小さく息を吸う音が聞こえたけど、覚悟した気持ちは本当だったらしくて、口元を手で押さえながら目をぎゅって瞑って恥ずかしさに耐えてる感じ。
・・・やっぱり、おまんこはぴったり閉じてて、乾いてました。

それでやめればよかったんだけど、何を思ったか、俺ってヤツは人差し指と薬指でおまんこ開いて、中指をちょっと沈ませてみたんです。
そしたらヌルッて・・・。
試しにそのヌルヌルをクリに塗りこむようにそっと中指を動かしてみたら、「あっ!・・・はぁっはぁっ・・・ぁ・・・ぁぁ・・・」って小さいけど可愛い声で喘ぎ出して・・・。
妹の顔を見たら相変わらず目を閉じてて顔真っ赤。
耳まで真っ赤。
そして俺の頭は真っ白。
妹のそんな女としての声を初めて聞いて軽いパニックになりました。

やばいって思いつつも気がついたら妹のパンツをスウェットごと引き下ろしてました。
さすがに妹は下ろされるパンツを押さえようと手を伸ばしましたが、俺も焦ってすげえ勢いで脱がしちゃったんで間に合わず、毛を覆い隠すのが精一杯でした。
そして妹のTシャツも脱がしてマッパにしました。

(いつの間にこんなに女らしくなったんだろ・・・)

などと妙に感慨深く、顔を背けながらおっぱいとマン毛を隠してる妹を見下ろしました。
普通にちょっと感動してたのですが、妹はまた手で隠しててはいけないと思ったらしくて、両手を脇に置いて、「お・・・兄ちゃん・・・おにぃ・・・」って小さく俺を呼びました。
荒い息遣いに上下するおっぱいと、濡れて毛が小さな束になってる下半身を見たら妹の成長ぶりを喜ぶどころじゃなくなって妹に覆いかぶさりました。

妹、柔らかくて気持ちいい~。
彼女よりも!

俺は妹の首の後ろに回した手で妹の手を握って、乳首を舐めながら膝で開かせた股間をもう片方の手で愛撫。
さっきの愛撫と全裸になった恥ずかしさからか、ヌルヌルが滲んで出てきてました。
それを指に絡め取ってクリをクリクリ。
割れ目をそっとなぞってはクリクリ。
もう、すげえ可愛いんですよ。
俺の指がクリの上にくると俺の手を握る力が強くなって、身体にきゅっ力が入って、ちょっと仰け反りながら・・・。

「ハァッハァッ・・・んはぁっ!(クリ直撃)あっうぅっ、うっあっハァッハァッ・・・」

みたいな感じで喘いでるんだけど、唇噛んだりして声が出ないように一生懸命我慢してるんですよ。
俺はといえば、そんないじらしい妹の口を唇で塞いで強引に舌を挿入です。
妹、すげえ遠慮がちな舌の絡め方。
鼻息荒くて俺の顔にかかってくすぐってえ。
おまんこも濡れ濡れで開いてきたんで、中指を深く挿入しました。

妹「いっ・・・たぁ・・・」

(おまんこきっつぅ)

俺「お前・・・初めて?」

妹「・・・うん」

いや、妹から男の話とか聞いたことないし大人しい子だから、もしかしてとは思ってたけど、俺に抱きついて迫ってくるくらいだから人並みに経験あるんかなあって思ってました。

俺「ん・・・やめようか?こういうのは将来好きになったヤツとす・・・」

妹「私の好きなのはお兄ちゃんだもん!お兄ちゃんにして欲しいんだもん!」

・・・そう言われるだろうって思いました。
正直、少し期待もしてました。
女は最初の男のこと忘れないとか聞くじゃないですか。
だから妹が望むなら、俺が頑張っていい初エッチにしてあげようと・・・。
つかそれ、俺の免罪符。

「妹が望んだことだから」って。

俺最低。

最低だけど、それなりに頑張りました。
俺、処女の子は2人経験あるんですが、いっぱい愛撫して十分に濡らしてあげると、「気持ちいいの」とハァハァ喘いで疲れるので、ぐったりして挿入のときに身体に変な力が入らなくていいのです。
妹にもそうやって時間をかけてたっぷり愛撫しました。
シーツに垂れてシミができるくらい濡れてきたので、ゴム付けて準備。
妹の膝を掴んで広げると、挿入するのがわかった妹の顔にちらっと怯えるような表情が・・・。

俺「ゆっくり入れるから。力抜けよ」

妹「うん・・・」

今までずっと目を瞑ってたのに、このとき妹がちょっとだけ目を開けたんですよ。
で、俺の目を見て頷いて、またぎゅって目を閉じました。
やっぱり怖かったんだと思います。
妹の膝を俺の腕に掛けて足を大きく広げさせて、先っぽをおまんこに押し付けました。
俺、MAX硬いのに入らねー!
気を取り直して穴の位置を指で確認して再度チャレンジ。

ヌルッ・・・!

妹「いっっ・・・」

俺「先っぽがちょっと入ったよ。少しずつ入れるから」

妹「うんっ・・・」

妹の頭を上にずれないように押さえてキスしながら腰を沈める俺。

妹「んんー、んーっ」

首を横に振ってイヤイヤするんでキスできなくなった俺。
妹の膣狭っ。
両側から狭いあったかい壁に押されてる感じで、気を抜くとちんちん押し出されそう・・・。
てか、すげえ気持ちいい!
そしてあったかい壁を押し広げながら奥に行こうとするちんちん、頑張れ!

妹「痛っ!・・・はぁっはぁっ・・・」(←かなり苦しそう)

俺「力抜いてみ」

妹「いっ・・・たぁ・・・い・・・お兄ちゃんっ・・・痛いよぅ・・・」

あともう少しなんだけど、妹のぎゅっと閉じた目に涙が滲んでたんで、休憩をかねてキスしたりおっぱい揉んだりクリ触ったりしました。
でも痛みの方が強くて気持ちよさは感じないみたいでした。
つか俺Sっ気あるんで、痛みに耐える妹の顔を見てたら萌えてしまって、さらに妹の中が気持ち良すぎて、これ以上は俺が耐えられなさそう。
あんまり痛みを長引かせても可哀想だし・・・。
妹の足を肩に抱え上げて腰を浮かせて、汗ばんだ妹の肩を掴んで上からゆっくり腰を落としました。

妹「痛っ・・・はぁはぁ・・・いっ・・・たぁはぁっはぁっ痛っ・・・ううっ」

俺「沙也加、全部入ったよ」

妹「うっうっ(妹、泣いてた)・・・ほんと?ほんとに?」

俺「うん。入ってるとこ見てみる?」

妹「(横にぶんぶん首を振って)ううん」

で、俺、妹の手を掴んで股間に持ってって、結合部分を触らせてあげました。
妹は目を閉じたまま俺のちんちんが自分のおまんこに入ってるところをサワサワ。

妹「ぬ、濡れて・・・る?」

俺「お前のだよ。俺ゴムつけてっから」

妹「うそっ(さらに赤面)」

俺「嘘じゃねーって。あんあん言いながらヌルヌルいっぱい出し・・・」

妹「違う!違う!私じゃない!いやっ!」

なんか感じちゃったのが恥ずかしいみたいで、顔を隠して泣いちゃいました。
つか、喘いでいたのとか濡れてるのとか自分でわかんなかったのかい?って聞きたかったですよ。
で、妹が泣きじゃくるたびにおまんこがキュッキュて締まるし、さらにその恥ずかしがる様子に萌えてしまって、俺動いてないのにイッちゃいました。
やべっ、て思ったけどそっとちんちん抜きながら平静を装って・・・。

俺「痛かっただろ?今日はここまでにしような!」

妹「うん」

早漏バレなくて良かったー。

妹、まだ処女喪失から2週間しか経ってないんですけど、するたびに感度良くなってきました。
指マンでイカせられるくらい感じてるけど、怖がって俺の手を掴んで止めちゃうんです。
明日、妹が俺の部屋に来るんで、初めてイカせてあげようと思います。

てか彼女・・・どうしよ・・・。
彼女好きだけど、妹の身体に溺れそう・・・。
俺最悪・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

熟愛