若かりし頃の嫁のハメ撮り映像を入手

この体験談は約 7 分で読めます。

<スペック>
俺嫁:身長146cmながら、見た目でわかる巨乳。
今、32歳だけど、ちょっとぽっちゃりしてきた。
出会ってから結婚、子供を産むまでは一緒に仕事をしていた。
ちなみに会社の部長とは従妹関係。

若嫁:今から8年前の結婚する1年前の嫁。
当時は25歳。
イメージとしては、前にいたAV女優の奥菜つばさ。
髪型からスタイル、おっぱいの大きさ、形まで似てる。
嫁と結婚する前はこの子を嫁と思って何度も抜いた・・・。
田舎から出てきて、会社のすぐ近くに社宅として借りていたマンションに住んでいた。

<時系列>
1999年5月。
若嫁はキャバ嬢で生計を立てるも、借金苦で部長に助けを求める。
その半年後くらいに入社。
今回の話は、これくらいの時期と思われる。

2000年4月。
当時、俺は冴えない個人事業主としてPC関係の仕事をしていたのだが、とあるアダルトビデオメーカーが自社サイトを開設するので助っ人になって欲しいと頼まれる。
その会社に初めて行ったとき、歩いていると前から小柄な女性が歩いてきた。
一緒にいた人(その会社の部長)に、笑顔で「こんにちは~」と挨拶していた姿に一目惚れ。
当時、その女性には彼氏がいたが、一緒に仕事をしていくうちに俺の方はどんどん好きになっていった。

2000年9月。
とあるきっかけで、若嫁に告白して入籍することに。
気がつけば彼女のマンションでハダカで抱き合っていた。
朝までに3発した記憶が・・・。
それから1週間は猿のようにやりまくった。

で、今の俺はAVメーカーでHP作成の専属として働いているのだが、会社には仕事の内容が内容なだけに、ハメ撮りのミニDVがたくさんある。
会社の改装をきっかけに棚の整理を任されたのだが、その棚の中に、嫁の名前ではないが、若嫁がキャバ嬢で働いていたときの源氏名だったテープを見つけてしまう・・・。
名前を見た瞬間、心臓はバクバク。

実は嫁は結構あっけらかんな性格で、昔、叔母さんの彼氏とハメ撮りしたことがあるとか平気で言っちゃうようなタイプで、しかも昔はスタイルバッチリだった。
(1998年くらいの写真を見たことあるのだが、正直、今より数倍可愛いしスタイルもいい)
入籍当時はデブではないけど、いわゆる“ぽっちゃりタイプ”で、それはそれで可愛いのだけど、写真の嫁は別人とも思えるほどだった。

で、結婚してからハダカは当然何度も見ているし、セックスだって普通にするし、ハメ撮りも何度かした。
でも、ふと、(若い頃のナイスバディを一度でいいから拝みたかった)と思うことがあった。
で、ミニDVが手元にある、しかも2本。

恐る恐るデッキに入れて再生する・・・。
ドーンといきなり映し出されたのは、嫁の見慣れたおっぱい。
乳首の色は今よりやや淡い。
ホクロの位置から、顔が映っていなくても間違いなく嫁とすぐにわかった。

カメラはAV業界ってくらいだから業務機でも使えるようなもの。
安価なハイビジョンカメラよりもよっぽど鮮明。
そのカメラが舐め回すように乳房を映し出し、徐々に引いていくとやっぱり嫁だ。
ブラのカップ部分を下にズリ下げ、たわわなおっぱいがブラから飛び出す勢いで顔を出している。

日付を見ると『1999年5月』とある。
ってことは知り合う約1年前。
ちょうど嫁が今の会社に入ったくらいだから、ハメ撮りを条件に生活を援助してもらっていたと予想される。

ビデオに映っている嫁は、出会った頃は黒髪だったがやや茶色がかったストレート。
体型はやはりスリムで、身長の割りに小さなおっぱいが妙にそそる。
まさにその顔つきは写真で見たことのある美女そのもの。
念願の若嫁のカラダを拝めたわけだが、そこから衝撃的なシーンが繰り広げられる。

手持ちから三脚にカメラを固定したようで、斜め前から顔を捉えるようなアングル。
視線がやや下を向いたかと思うと、顔の前に迫るのは部長のチンポ。
自分の従妹で、小さい頃から遊んでいたから妹のように可愛がられていたとは聞いていたが、そんな妹のハダカを前に、ものすごい角度でビンビンの部長のチンポ。

(まさか・・・)と考える間もなく、躊躇することなく手を伸ばし、口にそれを含む若嫁。

口元にカメラがズームされると、あの可愛いお口でチュパチュパ。
舌を絡めたり、唇をすぼめてカリ部分をペロペロ。
再び引きの映像になり、顔全体が画面に広がる。
目を瞑って必死にフェラをする若嫁。
するとチラリと目を開け、カメラに視線を向ける。
恍惚の表情とはまさにこのことを言うのだろう。
艶かしい目つきでカメラをじっと見つめると、再び目を閉じて口の奥深くに咥え込む。
舌をメインにカリ部分を愛撫するフェラから、サオをずっぽり咥え込むスロートへ。
添えられた手を小刻みに動かしながら口を前後に動かす。
乱れた髪が顔にまとわり付く様が妙にエロい。

嫁は目が悪いからメガネしているんだけど、メガネフェチな俺にとって、このシチュエーションはツボだ。
目を瞑りながらちょっとずついやらしい音が大きくなっていく。
この手さばき、舌使い、表情・・・まさにいつも俺がしてもらっているフェラチオそのもの。
ひとつ違うのは、スタイルが今より何倍もよく、おっぱいや肌の艶も若々しいそのカラダに顔つき。
結婚前の社内のエロ雑談で聞いた話だと、若嫁は彼氏がいない時期はネットのオフ会に参加しまくって、気に入った男と一夜を過ごすこともあったとか。
乱交パーティーに参加したこともあるような話までしていた。
このフェラテクは色々な男に奉仕して学んだのかなぁと、ヤボなことを考えた。

カメラのアングルが真上に変わって、ソファに片足を乗せて下から玉舐めしてもらっている映像。
これも嫁の得意技。
片手でサオをしごきつつ、舌と反対の手でタマを責める。
マジ、これ気持ちいいんだよね。
ここで見逃さなかったけど、部長の先っぽからピュピュッと白い液体が飛ぶのが見える。
完全にイッてないけど、ちょっと出ちゃった・・・っていうアレ。
それが髪の毛に付いているのだが、気がつかずに健気にフェラし続ける若嫁。

メガネが邪魔なようで、メガネを外してソファの上に置く。
メガネを外した嫁もまた可愛い。
メガネを外すことで今まで以上に口の奥深くまで咥え込むことが可能になったようだ。
実際に自分がいつもしてもらっているとはいえ、その様子をここまでマジマジと見たことは当然ない。
自分の嫁ということなど忘れ、自分の好みの女がフェラしているAVを観ている気分になってきた。

再びカメラが固定の横アングルに。
部長は下着が好きなのか、全裸よりも下着をつけたままでフェラさせることが多い。
今回もブラとパンティは穿いたまま。
ブラのカップだけ下げているから、そこからおっぱいがこぼれている。
横から改めてその大きさと形の良さを堪能できるアングル。

「立って後ろ向いてパンティを脱いで」

部長の言葉に素直に応じる若嫁。
今ではお腹周りに肉がついてきたけど、(若嫁ってこんなスタイルよかったんだなぁ・・・)と思いつつ、ビデオの中では行為が続く。

デスクに両手をついてお尻を突き出すような体勢。
いきり立ったチンポが後ろから挿し込まれる・・・。
若嫁は今でもそうだけど、フェラだけでアソコがグチュグチュになっちゃうから、何の苦もなく部長のソレを受け入れる。
角度が悪いのかなかなか入らないけど、「あぁ」と言う喘ぎ声は受け入れた証拠。
もちろん、ゴムなしの生ハメ。

(さっき部長、ちょろっと出しているけど大丈夫なのか・・・)という心配をよそに腰使いが激しくなる。

なんか目の前で嫁がヤられているのに、映像を冷静に(興奮しているけど)見ている自分がいる。
バックが一番好きな体位の嫁は、突かれるたびに髪を振り乱し、アンアン聞きなれた喘ぎ声を出している。

カメラが上からの映像に変わる。
ブラをしたままのきれいな背中が小刻みに震えている。
部長がブラのホックに手をかけるとパチンと外れる。
おっぱいに手をまわし、乳房を揉みながら突かれて何度も腰が落ちそうになっている。

再び正面にカメラが回る。
うっとりと恍惚の表情でビデオカメラを見つめる若嫁。
後ろから突かれるたびにその表情が快感に歪み、エロい声が漏れる。
豊満な乳房が重力に逆らえずにポヨンポヨンと動いている。
ここで映像が一度止まってしまう。

再開したのは再びフェラをしているシーン。
あれだけフェラ&ハメておいて、まだまだ若嫁の手コキ&フェラに耐えるのはさすがというか、若嫁の体液に濡れたチンポを手でしごきつつ口でも咥える。
が、それは長くは続かなかった。

「おっぱい出して」

部長の声とともに、きれいな若嫁の巨乳に白い液体がピュピュッ~と降りかかる。
発射された精液をおっぱいに塗りつけるかのようにチンポをおっぱいに押し付ける部長。

「ホントにきれいなおっぱいだよなぁ、今度は顔出しNGでビデオ撮るか!絶対に売れるぞ」

「ほんとですか~」

笑顔で微笑む若嫁のアップ。
きれいなおっぱいが精液で汚されているいうのにカメラに向かってにっこりする表情。

時間にして20分程度だろうか、衝撃の若嫁フェラ&ハメ映像が終わった。
この映像が撮られたのは俺が嫁と出会う前の出来事。
だから今さらこの映像でどうこうという気もない。
複雑な気分であることは確かなのだが、俺の知らない若嫁を見ることができたというのは素直に嬉しい。
フェラにしてもハメられているシーンにしても、自分ではここまで上手くは撮れないと思う。
ま、AV監督なんだから、上手く撮れて当たり前なわけだが。

高画質カメラで見た嫁のフェラやハメ撮り。
素直に話すと、これをオカズに毎日のように抜いた。
実は他にもハメ素材があって、それも併せると1ヶ月は、このハメ撮りしかオカズにしなかった。
さすがに30日間毎日とはいかないが、週に4~5回のペースで抜いていたかな。

結婚して子供が出来てから夫婦生活は激減したから、ほぼ自分で抜くようになったんだけど、そのために・・・という口実で、嫁とのハメ撮りとかフェラを撮らせてもらった。
(嫁は俺が1人で抜いてることを知っているし、それについては「自分が相手をしてあげられなくて申し訳ない」と謝られる)

もうひとつ、裏話ではないが、今まで嫁のフェラをビデオに収めたのは1度だけだった。
なんとなくアブノーマルな行為に引け目を感じていたのだが、このテープを見たその夜、俺は襲いかかるように嫁に覆いかぶさった。
昼間の映像が頭にあって股間はビンビン。
それに、映っていたのと同じように自分でもビデオを撮りたくなった。
ハメ撮りには抵抗を感じない嫁だが、この日の俺はちょっと目が血走っていたのかも。

「いつもより激しいね」
「溜まり過ぎ?最近、全然してなかったもんね」

なんて笑顔で言われると、それだけでイキそうだった。
ビデオのモニター越しにフェラをしている嫁を見ると、あの映像と被る。
1分としないうちに限界を迎えそうになり(情けない話だが、嫁フェラ&手コキ&玉舐めはホントに気持ちよくて、すぐにイキそうになる・・・)、そのまま挿入。
嫁がイキそうになったところで俺も限界、そのまま嫁顔に射精・・・同時に嫁もイク・・・。

従兄で、しかも自分の会社の部長にハメられた嫁・・・という現実は一生消えることはないが、テープに収められているその光景は、若い頃の嫁の本当の姿を映し出している。
だとすれば、ある意味お宝映像と言ってもいいかもしれない。
まあ、嫁のハダカとかフェラテクとかまで部長に知られてしまっているというジレンマみたいなのはあるんですが、実は部長が部長嫁とハメてる映像も入手してます。

会社の元事務員だった部長嫁は、いわゆるお嬢様系のサラサラの黒髪ロングヘアー。
おっぱいは小さいけどフェラ顔、ハメられている顔、バックで突かれて喘ぐ姿は正直、普段から見慣れていた姿からは想像もできなかった。
この秘密の映像を入手したことで、ある意味プラマイゼロかなぁ・・・なんて思うことで納得(?)してます。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!