いきなりオナニーを始めた姉にお風呂へ誘われて

この体験談は約 3 分で読めます。

その時、姉は高1、俺は中1でした。
その年の夏休み、両親が1週間田舎に帰ったとき、俺と姉は部活があるため田舎には行かずに家で留守番をしていました。
俺の部活は5時頃に終わり、6時には家に着いていました。
姉の部活は何時に終わっていたか分からないけど、11頃に家に帰って来ます。
俺は姉が帰って来るまでの時間は友だちに借りたエロ本などを見て抜いていました。

その日、俺は疲れていたから早く寝てしまいました。
そうしたらその夜、深夜の1時頃にふと目覚めると、隣の部屋から変な音が聞こえてきました。
最初は何か分からなかったけど、声を聞いてて分かりました。
姉がオナってました。
その時は覗く勇気がなくて、姉の声を聞いて俺もオナリました。
そして射精して、ティッシュで処理し寝ました。

次の日は姉と一緒に晩ご飯を食べました。
そして姉がお風呂に入ってる間に、下着を確かめに脱衣所で探したら、やっぱりシミがありました。

その夜、俺は姉が寝たのを確認して姉の部屋に侵入しました。
侵入した時点で、すでにビンビンでした。
俺は携帯の光を頼りに姉のもとへ行きました。
姉はベッドで仰向けに寝ていて、上はノーブラでTシャツを着て、下はパンツだけでした。

まず姉のおっぱいを触りました。
最初はTシャツの上から揉みました。
しばらく揉んでいると姉が声を出し始めました。
そして直接触り、乳首を舐めました。

(寝ながらでも感じるんだ・・・)

そんなことを思いながらアンコを触りました。
そしたら姉が目を覚ましてしまったので、急いで自分の部屋に逃げました。
その日は抜く暇もなく寝ました。

次の日の朝はメッチャ恐かったです。
朝、一緒に朝ごはん食べていると・・・。

姉「昨日の夜、何してた?」

俺「別に!何もしてないよ!どうしたの?」

バレバレだけど誤魔化すことにしました。

姉「触ってたでしょ!正直に言わないとお父さんとお母さんに言うよ!」

そう言われたので、言ってしまいました。

姉「・・・」

俺「・・・」

無言でした。
メッチャ恐くて泣きそうでした。

姉「ぁん・・・ぁっ」

すると、姉がいきなりオナニーを始めたんです。
俺はどうしたらいいか分からず、ずっと見てました。
我慢できなくなった俺が姉の体に手を伸ばそうとしたら・・・。

姉「お風呂で、続き、する?」

お風呂で初めて姉の裸を見ました。
立っちゃったからタオルで隠そうしたけど姉に見られて・・・。

姉「すごいね!」

人に立ったところを見られたのは初めてだったからメッチャ恥ずかしかったです。
すると姉は俺のチンコを優しくしごき始めたんです。
すごく上手でした。
俺はすぐに出してしまい、しかも姉の顔にかかってしまいました。
姉はブツブツ言いながら顔を洗ってました。

洗ってる後ろからオッパイを揉みました。
そして乳首を愛撫し、手でアンコを弄っていました。
クリトリスを弄ると姉は普段聞いたことのない声を出して、すごく感じてました。
しばらくすると姉が「入れて」と言ったので、立ちバックで入れました。
壁に手をつかせた姉のアンコはグチョグチョでした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!