JCの従妹が水着姿でお風呂に入ってきて

この体験談は約 3 分で読めます。

俺が大学生だった頃、夏休みに貧乏旅行をして日本中を回っていた。
九州の熊本にやって来た時は、おじさんの家に泊まらせてもらった。
おじさんは農家をやっていて、大きな家に住んでいた。
田舎の人らしくおおらかで、俺はそこで2泊させてもらうことにした。
おじさんの家には従妹のミユがいて、中学1年生になっていた。

1泊した翌日、その日はゆっくりするつもりだったが、ミユがプールに一緒に行きたいと言うので、電車に30分乗って大きなプールのあるところに行った。
そこには流れるプールやウオータースライダーがあり、色々遊べるのだが、やたらとミユが体を密着させてくるので俺は途中で勃起してしまった。
もちろんミユには気付かれていないと思うが、中1のくせに結構いい体をしている。
俺はミユの体に女性を感じてしまった。

その日の夜、夕飯を食べるとずーっとテレビを観ていた。
貧乏旅行なので観れないことも度々あった。
結局、夜遅くなって、みんなが寝静まる頃にお風呂に入った。
しばらく湯船に浸かっていると、ミユが水着を着て、お風呂に入ってきた。
体を洗ってくれると言う。
俺は恥ずかしかったが、ありがたく全身を洗ってもらった。
もちろん俺の息子も。

どうやらミユは男の体に興味があるようだ。
オチンチンの形を確認するように丁寧に洗ってくれた。

それから2人で湯船に浸かった。
俺はミユの体を引き寄せると、唇と唇を重ね、舌を絡めるように吸い付いた。
ミユも応えるように舌を絡めてくる。
ミユは色々と知っているようだ。
俺はミユの水着をゆっくり下ろすと、乳房、おへそ、アソコと舌全体で舐め回した。
嫌がる様子はない。
クリは小さくてよく判らなかったが、ここら辺というあたりを刺激すると、ミユのアソコがヌレヌレになってくるのが分かった。

我慢できなくなった俺はミユをお風呂マットの上に寝かせ、熱くなった息子をミユのアソコにぶち込んでしまった。
ミユは激しく痛がったが、俺はお構いなく腰を振った。
2分も腰を振るともう限界。
俺はミユの中に思いっきり出してしまった。
それも旅行中で溜まりに溜まったものを全部噴射した感じ。
ミユのアソコは精液だらけになった。

俺はミユのアソコを綺麗に流し、風呂場は寒いから続きを部屋に戻ってすることにした。
部屋に戻ってからはやりたい放題。
長らくセックスから遠ざかっていた俺は久しぶりの女の体に興奮し、朝方近くまでミユとセックスしていた。
ミユもセックスには積極的で色んな体位を試していた。

翌日、朝から出発することにしていたが予定を遅らせ、朝食後におじさん家族が畑仕事に出掛けたのを確認して、再びミユとセックスを続けた。
ここまでしつこくセックスしたのは今でも経験がない。
結局、出発したのはお昼近くだったけど、俺の中では忘れられないセックスになっている。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!