両親がいる家でセックスしたがる変態な妹[後編]

この体験談は約 4 分で読めます。

マンネリを解消したい?
絶対に嘘だ・・・。
まさかこんなに変態チックなプレイ願望があったなんて・・・。
我が妹ながら、麻衣に対して初めて恐ろしいと感じた。
放っておいたらどこまでも突き抜けたプレイを要求されそうだ。
呆然としてる俺の前で麻衣は、スカートどころかシャツまで脱いで全裸になりやがった。

「お兄ちゃんも早く脱がないと、お母さんかお父さんが居間から出てくるかもよ?」

俺にそんな度胸はないんだけど、麻衣は待ちきれないのか俺の服を無理やり剥ぎ取っていく。
両親にバレたくないから派手に抵抗出来ず、全裸にされた。

「ほらほら、服は私が持っててあげるから早く入れてよ」

(やるしかないのか・・・)

両手に服を抱えた麻衣の後ろから挿入して、そのままヨタヨタ歩いて階段を上る。
2階に着いたタイミングで居間の戸が開いた音がした。
手摺の陰に隠れて様子を窺う・・・。
どっちかがトイレにでも行ったみたいで、俺達のことがバレたわけじゃないみたいだ。

「びっくりしたね~!あと少しお兄ちゃんがもたついてたら見つかってたよ!」

なぜか麻衣はケラケラ笑ってる。
俺は笑えねーよ!

「そうだ!このままここでエッチ続けよう!」

言うが早いか麻衣は服を床に投げ捨てた。
急いでチンコ抜いて服を拾おうとしたけど、怒った麻衣に押し倒されてしまった。

「勝手に抜かないでよね!」

麻衣は俺の上に跨がって、自分からチンコに腰を下ろして挿入。
そして遠慮のない激しい腰使いで攻められた。
たまに下から足音が聞こえる。
その度にバレないか不安でたまらなかった。

「待て待て!このまま派手に続けたらさすがにバレるよ!」
「大丈夫大丈夫!」

「大丈夫じゃないって!」
「もう!お兄ちゃんは度胸がないな~!」

何度も説得して落ち着かせた。
それから少し動きを抑えてくれて、音が聞こえる心配はなくなった。

「いつまでも私にばかり動かさせないで、お兄ちゃんも動いてよね!」

呆れつつ上半身を起こして、そのまま反対側に押し倒す。
押し倒してから気付いたけど、手摺の陰から完全に飛び出してる・・・。
これじゃあ階段の下から丸見えじゃん・・・。

「ごめん、ちょっと体勢を変えよう」
「何で?」

「何でって・・・階段の下から丸見えになってるから」
「本当だ!お兄ちゃんって大胆!」

「わざとじゃないよ!」
「でもこれっていいね!このまま続けて」

「それじゃ俺が無理やりお前を犯してるみたいだろ!」
「あ、そっか」

「分かったんなら1回抜くよ」

チンコ抜いてまた陰に隠れようとしたけど、なぜか麻衣は俺と反対側の壁に手をついて立ってる。

「これならお互い同意の上だってわかるよね?」

(見つかる前提じゃないか!)

「早くチンコ入れてくれないと大声出しちゃうよ?」

もう逃げられません・・・。
後ろから突き続けました。
階段の一番上で立ってやるなんて正気じゃない・・・。

「今度は前から入れて」

チンコを抜くと麻衣が身体を反転して抱きつきます。
麻衣を持ち上げてまた入れ直したけど、この体勢は疲れる。
それでも頑張って腰を振りました。

「麻衣、出そうだから降ろすよ?」

「もうちょっと頑張って!私もイケそう!」

歯を食いしばって耐えた。

「イケそうか?」

「うん・・・イク・・・イク~!」

やっと俺も出せると安心して麻衣を降ろそうとした。
ところが麻衣はギュッと抱きついたまま離れない。
しかもマンコをギチギチに締め付け続けてくる。

「麻衣!このままじゃ中に出ちゃうってば!」

いくら話しかけても離れない。
俺もこれ以上は耐えられない。
そのタイミングで居間の戸が開いて誰か出てきた。

(ヤバい!隠れなきゃ!)

そう思ったけど麻衣がしがみついたままだし、俺も耐え続けて疲れたので動けない。
それでも無理に動こうとしたら・・・思わず出ちゃいました・・・。
ガッツリと麻衣の中に・・・。
足音は階段と反対方向の玄関に向かうけど、一瞬だけその膝から下が見えてビビリました。

「今の足はお父さんだね」

麻衣にも見えたみたいです。

「まさかお父さんも、ここで私達がエッチしてるとは思わないよねぇ」
「ああ・・・びっくりした・・・」

「しかもお兄ちゃんてば、妹の中に思い切り出してるし」
「仕方ないだろ!」

「子供が出来たらどうする?産む?」
「ば・・・何言ってんだよ!てか、ヤバイのか?」

「どうだろうね~、クスクス」
「おい・・・マジか・・・?」

「ま、出来たら2人で家を出ようよ」

なんでこいつは平気な顔してんの?
妊娠したら親バレ確実なのに。
もう麻衣のことが分からなくなってしまった。

「あ、全部出たみたいだね?」

気付いたら出し尽くしてました。
ようやく麻衣が離れて、いそいそと服を手に取る。

「おい、早く精子を中から出して綺麗にしないと!」

「え?何で?お兄ちゃんが初めて中に出してくれたんだから嫌だよ」

本気で不思議そうな顔してパンツを穿き、服を着て身なりを整える。
そしてまた俺に近付き、チンコを咥える。

「はい、綺麗になったよ!お兄ちゃんも服を着て下に行こう!」

促されて服を着た俺は麻衣に手を引かれて階段を下りた。
居間には母さんしかいないから、父さんは出かけたみたいだ。

「あら、手なんか繋いでるの久しぶりに見たね」

小さい頃以来だから母さんが驚くのも当然だ。

「アルバムを見て昔話をしてたら懐かしくなったの」

「あんた達は小さい頃はいつも一緒でねぇ・・・思い出すわ~」

何だか母さんが嬉しそうに微笑んでる。
調子に乗った麻衣は夜まで俺にベッタリくっ付いて離れなかった。
俺の心配をよそに両親は何も怪しんだりしなかった。

何だか色々と不安になってた俺が馬鹿みたい・・・。
そう考えたら気が楽になって、少し怖くなってた麻衣のことも大丈夫になってた。
それにさっきのこともいいプレイだと思えるようになった。
今度は俺からスリルのあるプレイを誘ってみようかと思う。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド