俺が射精した後も母は締めつけてきた

この体験談は約 3 分で読めます。

俺は22歳で、母は45歳。
父と母は俺が幼稚園のときに離婚して、それからは母子家庭だ。

母はお酒が好きで、仕事から帰ると缶ビールや缶酎ハイをたまに飲む。
飲むと陽気になり、俺にちょっかいを出したりイタズラしたりする。
いきなり抱きついてきたりとか。

2年前、風呂上がりに母はビールを飲んでいた。
俺はいつもやられているイタズラをやり返すつもりで、後ろから抱きついてやった。
驚きながら振り向いた母は、顔を赤くして目が潤んでトロンとしていた。
とても色っぽいと思った。
こんなに色っぽい母を見たことがなかった俺は頭の何かが吹っ飛んだ。
酔うと母は俺の頬にキスしたりしてくるので、俺もやってやろうと思い頬にキスをした。

「あん、いやだ」

声も仕草も色っぽい。
唇にもと思い、母に顔を寄せた。

「ちょっと、だめよ」

そうは言ったが抵抗はなく、簡単にキスできた。
いつもは陽気な母が恥ずかしそうしている。
今まで母にオンナを感じたことなど全くなかったが、初めて母の性を意識して興奮してしまい、俺は歯止めが利かなくなり暴走した。
再度キスしながら母の胸を触った。

「いや。やめて。何するの」

しかし抵抗は弱かった。
執拗にキスを繰り返しながら母を畳に押し倒した。
母が潤んだ目で俺を見つめていた。
キスしながらパジャマのボタンを外し、ブラを捲り、乳首を指で摘んだりした。

「だ、だめ、だめだったら・・・」

やはり抵抗はなかった。
乳首を吸い、舐めた。

「うっ・・・」

小さく声が出た。
ズボンとパンツを下げようとしたら、母はパンツを掴んで少し抵抗したが、力は弱く簡単に脱がせた。
陰毛をかき分けて割れ目を触ると、すでに糸を引くくらい濡れていた。
足を開かせると、パックリと光るあの場所。
パンツ脱いで勃起したモノを出すと母は両手で顔を隠した。
指でクチュクチュさせてから母のそこに勃起したモノを宛てがうと、潤んだ目をさらに潤ませて俺をじっと見てきた。
グチュッと音をさせて亀頭を入れると母は目を閉じた。
さらに奥へ入ると、少し母は食いしばるようにした。
奥に到達すると今度は目を開き、「あっ!」と声をあげ、慌てて手で口を押さえた。

最初は正常位でしていたが、次は母に上になるように仕向けた。
黙って腰を振る母の乳首を下から摘んだ。
しばらくしたら母は弓なりになり、仰け反り過ぎて後ろに倒れた。
息遣いからイッたようだった。
俺はまた正常位に戻して、母の体内に射精して果てた。

終わった後、母は俺に抱きついてきてしばらく離れなかった。
ちんぽがキツく締めつけられた。
そんな母を可愛いと思った。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ちょっと一息エロ動画