父が再婚して4つ上の可愛い姉ができた

この体験談は約 3 分で読めます。

現在、僕21歳、姉25歳。
両親が離婚して1年くらい経った時、父に「会わせたい人がいる」と言われて会ったのが姉を見た最初でした。
最初に会った時は、(こいつら誰やねん)っていうのがお互いの第一印象でした。
ただ姉を見た時に、(結構可愛いな)と心の中で思っていましたが、当時の僕はとりあえず義母と姉が気に入らなくて、最初はお互いに全く目も合わさず、話もしませんでした。
そんなギスギスした出会いとは裏腹に、ある事がきっかけで急激に姉と打ち解け始めて、僕が16歳の時には姉と2人で買い物に行ったりだとか、ご飯行ったりだとかするようになりました。
お互いに、当時付き合っていた彼女や彼氏の恋愛相談をしたり、姉に勉強を見てもらったり。
本当になんでも話せる姉ができたのが嬉しくて、僕は少しずつ姉に惹かれていきました。

自分の部屋でオナニーしてるところを姉に見られたこともありましたが、笑って冷やかしてきたり、その日を境にいきなり僕の部屋の扉を開けてきたりして、なんだかんだその現状に満足していたこともあり、当時の僕は姉との関係が壊れることが一番怖かったので、一切姉に対する感情を態度には出さず、これまで通りの関係性を演じてきました。

今年の正月、両親が夫婦水入らずで温泉旅行に行って、僕と姉は正月からダラダラと過ごしていました。
姉の提案で、ただダラダラ過ごすのも勿体ないから、2人で飲み明かそうという話になりました。
正月早々にビールをがぶ飲み。
お互いに泥酔して、色んな話でめっちゃ盛り上がりました。
夜中までアホな話で盛り上がり、気が付いたらお互いにコタツで並んで寝て爆睡していました。
ふと目を覚ますと、豆電球だけの薄明かりの中に姉の寝顔が目の前にありました。
じーっと姉を見てたら、姉が急に目を開けました。

姉「なに?」

僕「別に・・・」

お互いに顔を見たままで沈黙。
その時、なぜだか自然とキスをしてしまいました。
唇が離れた瞬間にまたキス。
もうそこからは僕も姉も30分くらい無言でキスしまくりでした。
で、「ベッドに行こう」って話になって、ベッドへ。

ベッドの上でまた長いキスをしました。
姉の服を脱がして、初めて姉の体に触れました。
姉も興奮しているようで、姉も僕の服を脱がしてきて僕の体に触れてきました。
ついに姉の手が僕の息子に伸びました!
しかし僕の愚息はまさかの無反応・・・。
肝心な時にウンともスンとも言わないんです。

(何で?!)

焦りまくる僕に姉は優しく「おいで」と両手を伸ばして、抱っこして包み込んでくれました。
そのままお互い寝てしまい、その日は終了。

次の日、ほぼ同時に目が覚めました。
姉が僕の息子を弄んできました。
なんとか勃起して喜んでいたら、姉が急にフェラしてきました。

僕「ちょ!お風呂入ってないし、臭いからやめて!」

本当はただの建前で、全然やめて欲しくなかったです。

姉「んっ・・・」(←なんか大丈夫的な感じ)

姉に根元から先まで丹念に責められて、そのまま口内射精。
竿に残った精子も丁寧に吸ってくれて、全部飲んでくれました。
これが姉と僕との関係のはじまりでした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド