角オナニーが大好きな秀才の妹と[後編]

この体験談は約 5 分で読めます。

まだ服を脱いでいるわけではなく、スカートも穿いているため、何をしているのかはっきりとは見えませんが、どうもアソコに何かを入れているようで、時々体勢を変えながら腰を動かしています。
ただ右手だけはスカートの中に入れています。
だんだん声も大きくなり、体の動きが速くなっていっています。
ついに僕は我慢していたものが壊れてしまいました。
いよいよ妹を自分のものにする時が来たのです。
もしかすると嫌がられるかもしれないと思いましたが、もうそんなことはどうでもいいようになっていました。

妹に後ろから近づき、両手で後ろから抱きつき、胸を鷲掴みにしました。
妹は顔だけ後ろを向き、「あっ」と声を出して少し嫌がりましたが、スカートの中にすかさず手を入れて、妹が触っていた部分を今度は僕が触りました。
すると妹は抵抗しなくなり、また感じ始めました。
予想通り、妹のアソコには化粧ビンが入っていました。
そして周辺部はどこを触ってもヌルヌルの状態になっていました。
さらにクリトリスを指先で触ると、妹の体がピクッピクッと反応し・・・。

「あっ、そこ気持ちいいーっ」

妹は叫んで、そのまま2回目の絶頂を迎えました。

僕は妹をお姫様抱っこをして、横のベッドに寝かせました。
カーテンがちゃんと閉まっていることを確認し、自分も服を脱ぎ、妹の横に添い寝しました。
妹は恥ずかしいのか毛布に包まっていました。

「お前がオナニーしているのは前から知ってたんだ」

そう言うと妹の顔が一気に真っ赤になり、キスするともう諦めたのか、素直に舌を絡めてきました。
恥ずかしいとはいえ、まだ興奮冷めやらぬ状態で、服を脱がせて乳首を摘むと、また体がピクピクを反応しはじめました。
そしてアソコに手を伸ばし、入っていた化粧ビンを引き抜き、代わりに指を1本、2本と入れていき、アソコの中を掻き回してみました。
妹の体が反り返りました。

「あっあっ、いい、いい、気持ちいい」

妹は「気持ちいい」と何回も繰り返し、またイッてしまいました。
少し落ち着いてからもう一度キスをし、胸からアソコまで全身を舐めていきましたが、妹はまたイッてしまいました。
それでも僕がやめなかったので、さらに喘ぎ声が出ています。

「お兄ちゃんのアレ、入れて欲しいの」

妹が言ってきたので、妹の両足を握り、硬直しているアレをゆっくり入れていきました。

「やっぱり本物がいい、もっと奥まで入れて」

妹はもう自分を見失いかけています。
僕もこれほど気持ちのいい、そして締りのいいアソコは経験がありません。
根元まで入れると・・・。

「奥まで突いて、もっと奥!もっと突いて!」

もう完全に淫れていました。
やがて妹は弓の方に体が反り返ったかと思うと・・・。

「もうだめーっ、イキそう、イキそう~」

ついにイッてしまいました。
僕はまだイッていないので、また動こうとすると身をよじって逃げようとします。
仕方なく、最後は口でしてもらうことにしました。

その日から僕と妹の関係がはじまりました。
2人の部屋は家の一番奥にあるため家族はほとんど入ってくることはなく、両親は居酒屋を経営していたので夕方から夜は家に誰もいません。
ですから妹との関係は夜中の時もありましたが、だいたい夕方からずっと時間制限なく、夕食もとらずに続いた日もありました。
お互いに妊娠だけは心配して、コンドームを買っていたのですが、切れてないときは外に出して、いつしかそれが当たり前となり、やがてゴムなしでするようになりました。

妹は僕とのエッチは好きみたいですが、机の角でするオナニーが好きみたいで、エッチの前は必ずと言っていいほどします。
なので、エッチをするときは、まずキスからはじまり、僕がアソコを弄ってやり濡れてくると、妹はすっと立って机の角に行きます。
その時、僕は何をしているのかというと、妹が机の角に擦りつけてイッているのを見ながら妹の下着を嗅ぎ、自分でオナニーをしています。
たまに妹も違う刺激が欲しいらしく、バイブなどを使って僕がいじめてやりながら、同時にオナニーをしたり、フェラチオをしてくれたりもします。

何回も関係を続けていく中で、妹は机の角に擦りつけることが一番感じるらしく、僕のアレでは物足りないのか、ピストン中にアソコをグイグイ擦りつけてきます。
そのせいで僕のアソコがヒリヒリして困ることもあります。
でも1人の時は自分でやってるみたいで、たまに「オナニー見せてよ」と言うと、喜んで角オナニーを見せてくれました。
兄としては、妹があんなにアソコを擦りつけて大丈夫なのかと思いますが、妹はそんな心配をよそに上目遣いで天井の1点を見つめながらイク様子は、ちょっとマニアックすぎて怖いものを感じます。

妹のアソコを舐める時に確認しますが、ちょっと赤くなっているだけで、そんな心配もいらないようでした。
現在の妻(当時は彼女)のピンク色のアソコと比べると、妹のは小陰唇が黒くなっていて、勉強ばかりしてお嬢様っぽく見える顔からは想像もつきません。
当時、僕の他には誰とも付き合ってなかったので、オナニーのせいだと思います。

それから数年が経ち、僕も無事大学を卒業して社会人となり、妹と離れるのは寂しかったのですが、就職で東京に行くこととなりました。
家にあったエロ本やアダルトビデオなどはすべて妹にあげてきたので、毎日それを見てオナニーをしているのだと思います。
ちなみに、あれだけエッチやオナニーをしていたのに、妹は超有名国立大学に現役で合格し、女子大生となりました。
将来は官僚になりたいそうですが、妹なら本当になれると思います。

その後、僕が帰省すると必ずエッチをしていました。

「彼氏はできた?」と聞いても、「大学生の男に興味はない」と言っていました。

まあ実兄とこんなことばかりやってて彼氏ができるわけないですよね。

ある日、出張で実家の近くまで来たので寄ってみたのですが、やっぱり妹はオナニーをしていました。
あの頃、まだ妹と関係を持っていない時に庭の陰から覗いていたのを思い出しました。
思い出すとアソコが立ってきました。
そっと部屋に忍び込み、後ろから抱きつくと、さすがに妹も驚いたようでしたが、すぐに僕のズボンを脱がし、アソコを咥えてきました。

「帰ってくるなら電話して」

そう言ってましたが、そのあとは何年もエッチをしていない欲求不満の人妻みたいに腰を激しく振り、2回ほどイッていました。

「久しぶりだね。お兄ちゃんのが欲しくてたまらなかったの」

にこっとして、もう一度僕のアレを舐め回す妹。
そして入れてあげると、さっきイッたのにまたよがりまくり、腰を動かし・・・。

「やっぱりコレが一番いい!もっと突いて、お兄ちゃん!」

上に乗っている妹を見ると、彼女よりいやらしい表情をしていて、とてもエロチックです。
クチュクチュとエッチな音がして、妹の喘ぎ声と連動してアダルトビデオより興奮します。

「もう我慢できない。出そう~」

妹も僕にしがみついてきて、ついに初めて妹の中でイッてしまいました。
我に返って、取り返しのつかないことをしてしまったと思ったのですが、幸いにも妊娠してはいませんでした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!