両親のハメ撮りビデオを観ながらオナニーしていた妹

この体験談は約 2 分で読めます。

私は36歳、妹は30歳で未婚です。
出張のついでに実家に泊まったときのことです。
リビングで妹と一緒にビールを飲みながら雑談しているとき、妹が1本のビデオを棚から取り出しました。

「お兄ちゃん、これ見て」

そう言って再生すると、男女の絡みが映し出されました。

「お兄ちゃん、よく見て」

妹に言われて目を凝らしてみると、なんとそれは両親の絡みだったのです。
最初は母が父のチンポを弄っているところから始まりました。
その後、父が母のおまんこにバイブを挿入、母のフェラチオ、そして正常位での挿入とセックスは続きます。
それを見て私のチンポはパンツを持ち上げるようにいきり立ってきました。

ふと妹を見ると、短パンの横から指を入れておまんこを弄っています。
妹の目は明らかに興奮状態でした。
私が凝視しているにも関わらず、おまんこを弄り続けています。
その妹の視線の先には私のチンポがありました。
思いきって私はパンツを脱ぎ、勃起した陰茎を曝け出しました。
妹はチンポに手を伸ばすと、軽く上下に数回しごいてから口を近づけ、そのままチンポをしゃぶりはじめました。
私のチンポは妹の愛撫でビンビンになりました。

妹はチンポから口を離すと、私の手をおまんこに導いて触らせました。
すでに妹のおまんこはびちょびちょに濡れていました。
私は無言で妹の下着を脱がし、大きく足を開き、ビンビンのチンポをおまんこに押し付けました。
腰を軽く押しただけで、チンポはぬりゅっと妹の膣の中に入っていきました。
膣の中は粘液まみれになっていて、チンポを出し入れするたびにぶちゅっぶちゅっといやらしい音を立てました。

そのうち妹は自ら激しく腰を振ってチンポを擦り立てます。
我慢が出来なくなって、「もう出そうだ」と告げると、妹はチンポを膣から抜いて、口に咥えてしごきだしました。
そのまま私は妹の口に中におびただしい量の精液を流し込みました。

事が終わって我に返り、大変なことをしてしまったと私が頭を抱えていると・・・。

「お兄ちゃん、気にしないで。私がしたかっただけだから」

そう言って妹は微笑みました。
妹は久しく彼氏がおらず、熟れた体を持て余していたのです。
そして両親は老いても盛んで、今も週に1~2回は性交に励んでいるらしく、そのときの声が耳に入ると、たまらず自分で慰めているとのことでした。

それからは実家の近くに出張があるたびに妹に電話をして、待ち合わせをしてホテルに行き、お互いの体を貪りあっています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!