気がついたら自ら息子のモノを咥えていました

この体験談は約 3 分で読めます。

数年前の出来事ですが、私にしてみればほんの数日前のように感じます。
身体に染みついた息子の精液が、今もはっきりと思い出されます。

高校生の息子は父親に似たのか物静かで、反抗期もなく、それまで育ってくれました。
当時夫とは全くスキンシップがなく、特にそれに不満を感じるわけでもなかったのですが・・・。

息子の部屋を掃除していると、本棚の上に熟女物のアダルトDVDを見つけました。
でも高校生ですし、これくらいは普通のことよねと、そのまま元に戻しました。
部屋を掃除するのは月に2回ほど。
息子が友達と遊びに行った隙にする程度。
それ以上は息子が嫌がるので。
でも、DVDを発見してからというもの、私の心の中で息子の部屋を掃除するのがちょっとした楽しみになっていました。

夏の蒸し暑い日だったと思います。
息子の部屋を掃除していたら、テレビ台と机の隙間に紙袋を見つけ、なんなんだろうと開けてみたら、私のパンティと『母子相姦』と書かれたDVDが入っていました。
すごく動揺してしまい、少女のような声で「きゃっ」と叫んだのを今でもよく覚えています。

それからは、息子の前での自分の身なりにはすごく気を遣いました。
露出が多くないかどうか、お風呂上がりは特に。
息子を傷つけるわけにはいかないと思い、夫には相談しませんでした。
でもそれがいけなかったんでしょう・・・。
後から息子に言われたのです。

「母さんがDVDを見つけたのは知ってるよ。というか、わざと見つかるような所に置いといたんだよ」と。

それから1週間ほど経った日曜日。
夫が仕事で出かけ、息子と私の2人きり。
私がトイレに入っていた時でした。
息子が外側から無理やり開けて、全裸で私に抱きついてきました。
あまりの驚きに声も出ず、ただ落ち着かなきゃと思い、「ちょっと待って」と何度も息子に対して言いました。
息子は私の下半身を見て興奮したのか、私が穿いていたジャージとパンティをむしり取り、私の足を持って便器から引きずりおろしました。
そのまま廊下まで運ばれ、両足を開かれ、私のあそこに息子が顔を埋めました。
ここまで、ほんの数秒の出来事です。

私は引きずり下ろされた時に頭を強く打ち、「痛い」と叫ぶ以外は何も言えないまま、あそこをひたすら舐められました。

「やめて!やめて!」と息子の頭を叩いていると、息子はズルズルと這い上がってきてキスをしようとしましたが、私は頑なに拒否しました。

ふとあそこに強烈な違和感を覚えました。
息子がビンビンになったあれを剥き出しのまま突っ込んできたのです。
私は「それだけはやめて」と、まるでそれ以外の行為を許すような発言をしてしまい、息子はそれを聞いて受け入れられたと思ったのか・・・。

「分かった。じゃあ母さんの口でして」

そう言ってきました。
そのときの私が考えたことは、このまま拒否すると無理やり犯されてしまい、息子をレイプ魔にしてしまうということでした。
それだけは避けたいを思い、「分かった」と言ってしまったのです。

息子は私の髪の毛を掴んで無理やり咥えさせようとしました。
しかし、私はここで初めて息子の毛を叩きました。
息子はそれに少し驚いたのか手を離しました。
そのときの私はどうかしていたのだと思います。
男性器を久しぶりに見たからなのか、自ら息子のあれを咥えたのです。
咥えている最中、息子が何かを言っていたように思いますが、全く思い出せません。
気がつくと、「イク」と息子が言ったので、慌てて口から出しました。
その直後、息子は私の下半身に自分の性器を向けて勢いよく射精しました。
その感触は今も残っています。

終わった後で私は息子に言いました。

「この事は誰にも言わないから今回だけにして。こんな事をするのはいけないこと。もしまたしたら、お母さん、この家から出ていくから」

それから息子はピタリと何もしなくなりました。
恐らく、ただ女性とやりたかっただけなのでしょう。
変化があったのは私の方です。
性欲を感じるようになり、オナニーに励むようになりました。
パートも始めて、バイト先の若い男の子を飲みに誘ったりするようになりました。
自分の息子に興味はありませんが、他人の息子さんには興味がある今日この頃です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!