兄が動かし始めた最初からお尻を振って応えました

この体験談は約 5 分で読めます。

去年、母が亡くなり、水戸の方に家だけが残りました。
兄妹は2人だけで、兄が川越の方に住んでいて、私は佐倉に住んでいます。
夫が単身赴任で名古屋、息子は大学生で西東京に住んでいるため、今は一人暮らしです。

今年に入って、水戸の家を建て替えるか売却するかという話が出て、とりあえず家の中を整理することになりました。
4月に兄の家族4人と私の家族3人で荷物の整理をして、不用品のほとんどは引き取ってもらったり捨てたりしましたが、両親や自分達の子供の頃の服なんかは片付けをし切れなくて、2ヶ月に1、2度くらい私が整理に行っていました。
8月の新盆が来る前には終わらそうと思って兄に連絡を取り、7月中旬の連休に2人で片付けようと決めました。

7月のある金曜日、私は朝早い電車で実家に行きました。
母親の着物を中心に整理をはじめましたが、思ったより手間がかかってしまい、昼過ぎには汗まみれになってしまいました。
自分の部屋も兄の部屋も高校卒業して以来、母がそのままにしてくれていたので、自分の部屋に入ってタンスの中を探すと、高校時代の服が残っていました。
その頃の下着がまだ着られるかなと思いながら着てみると、少し可愛すぎるショーツだけどサイズはなんとか着られて、ブラもスポーツブラは大丈夫、Tシャツも問題なしで、上は高校時代のジャージ姿になりました。
夕方までそんな格好で整理を続けて、一段落してからお風呂に入り、自分の部屋から持ってきたショーツに穿き替えました。
スポーツブラはキツかったんでノーブラのままでTシャツを着て、暑かったので下はホットパンツ。
42歳のオバサンにはちょっと不似合いな格好でしたが、ウエストも少し窮屈なだけで着替えが完了。
髪もポニーテールにして近所のスーパーまで出かけました。
次の日に来る予定の兄のためと自分も飲むためのビールも忘れずに買って帰りました。
家に帰って上はTシャツ、下はホットパンツのまま居間のソファーに座って、すっかり気分は高校時代で、ビールを飲みながらテレビを見ていました。

気持ち良くウトウトしかけていた夜8時頃、玄関の呼び鈴が鳴って、出てみると兄が立っていました。

「仕事が早く終わったんで車を飛ばして来ちゃったよ。電話するの忘れて驚かせてごめんな」

そう言いながら家に入ってきた兄は子供の頃のまんま、「腹減ったけど、なんか食うものある?」と冷蔵庫を開けるんで、「私がなんか作るから」と台所から追い出して、簡単な料理を作りはじめました。
その間も、「風呂湧いてる?」とか言いながら勝手にお風呂場の方に行ってしまうし、なんか落ち着きのない童貞くんみたいで笑ってしまいました。

兄がお風呂から出てきた時には兄の部屋から持ってきたジャージとパンツも用意してあげて、自分が食べるつもりだったおにぎりにオカズを添えて出してあげました。
ソファーに並んで座って食事をしながら昔話をしていたら、兄が私の方を見つめてきます。

「何?なんかおかしい?」

「いや、高校生の頃のエミみたいだなって思って・・・」

いきなりそんなことを言うので・・・。

「オバサンになっちゃったし、こんな格好って変?」

そう言うと妙に顔を赤くしてビールを飲み続けていました。
兄が3缶、私は1缶。
兄妹揃ってあんまりお酒には強くなくて、兄なんか首まで真っ赤になっています。

「大学の夏休みに帰ってくると、エミが今みたいな格好で家にいて、俺、目のやり場に困ってたんだ」

そう言いながら私の方に向き直って・・・。

「そんな時、エミの下着を盗んで、エミの裸を想像しながらオナニーしたこともあるんだよ」

47歳のオジサンがまるで高校生のように顔を赤くして、口篭りながらそんなことを言うものだから私まで恥ずかしくなってしまい・・・。

「もうすっかりオバサンになっちゃって、見る影もないけどね(笑)」

そう言いかけると、兄が急に抱きついてきてキスをされました。

「さっきも風呂場でエミの脱いだ下着を見てたら我慢できなくなって、オナニーしかけたよ」

「何言ってんの?」

頭では拒否しようとしながらも、兄の指が私の股を弄りながら、もう片手でTシャツの上から乳房を握られた時には私のあそこは濡れかけていました。
兄はTシャツを捲り上げて乳首を弄りながら・・・。

「大きくて柔らかいな、うちの嫁さんとはえらい違いだ」

ホットパンツのボタンも外されてショーツの中に手を入れられ、兄の指が私のクリトリスに触れた時には、思わず声を上げて兄の肩にすがりついてしまいました。

「エミ、お前のせいでこんなになっちゃったよ」

私の手を自分のペニスに触らせました。
兄のペニスは硬く大きくなっていて、私の手の中で熱く脈打ってるみたいに感じられました。

「お兄ちゃん・・・」

(だめ、やめなくちゃ)

「もうやめよう」

そう口に出す前に兄の指が私の割れ目を弄って入ってきて・・・、私は兄に身を任せてしまいました。
舌を絡められながらホットパンツとショーツを脱がされる時も抵抗なんかできなくて、お尻を浮かせてしまいました。
兄のペニスに貫かれた瞬間、恥ずかしいけど大きな声を出して兄にしがみついてしまい、兄が腰を動かし始めた最初から、私もお尻を振って応えていました。
もう1年以上も夫とのセックスがなくて、ほんとに時たま、お風呂の中でオナニーじみたことしかしていない私の体・・・。
兄がペニスを出し入れしながら乳首を吸ってくれて、クリトリスやお尻、体中を愛撫してくれました。

「ずっと昔から、お前が小さい頃から好きだったんだ。ずっとエミとこんなことがしたかったんだ」

そんなことを囁かれ、兄のペニスが私の子宮を突いてくるのを感じながら私は昂まっていきました。

「私だって、エミだってお兄ちゃんのこと好きだった、好きだったの!」

兄に貫かれながら私はそんな言葉を叫び、よがり声を上げました。
そして最後は、体の中に熱い精液が打ち込まれるのを感じながらイッてしまいました。
気付いた時には兄に抱きかかえられて両親が使っていた寝室に運ばれて行くところでした。

「エミ、ごめんな。もっとしたいんだ、お前と」

そう言われながらベッドに横にされ、私の足を開いて兄がクンニを始めても私はただ気持ちいいだけで、抗ったりする気もなくなっていて、兄の舌の動きに合わせてお尻を揺すって応えていました。
その後は朝まで、膝の上で抱かれたり、自分の方から四つ這いになったりして、何度もイカされ、何度も兄の精液を打ち込まれました。

翌朝になって少し落ち着いてきても、私も兄も罪悪感とかなくて、ずっと昔から恋人同士だったように夫婦がするように体を絡め、キスをしました。
月曜の午前中まで何度も兄に愛してもらいました。
送ってもらった帰りの車の中でも兄と手を繋ぎっぱなしで、次に会う日まで約束してしまいました。

「片付けがなかなか終わらなくて」

そう理由をつけて週末に水戸で会いましたが、2週も続けてしまうと義姉が手伝いに来ることになってしまい、兄とセックスできなくなってしまいました。
2人で考えて、専業主婦の私が兄の職場に近い場所まで週1で行くことにしました。
そんなことをしばらく続けました。

「お母さん、なんか最近きれいになったね。明るくなったし若くなったみたい」

息子にそう言ってもらえるほど、私は兄とのセックスを楽しんで、兄も私のことを愛してくれました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デジカフェ:ウラデジで大人の出会いを見つけよう

ちょっと一息エロ動画