新着情報

キッチンの小窓から

この体験談は約 2 分で読めます。

昔、大学生のときに新聞配達のアルバイトをしていた夏の日のこと。

いつもと同じく早朝に配達していたら、アパートのキッチンの小窓が少し開いていて、中からあの声が聞こえた。
まだ時間に余裕があったし、早朝で人も通らず、植え込みとかで死角に入っていたので、そーっと覗いてみた。

高校生か、自分と同じ大学生くらいの男女がエッチの真っ最中で、薄明かりだったけどモロ見えだった。

その後も何度かこの2人のエッチを目撃した。
あるとき、集金も頼まれて、この家にも集金に行くことになった。
例の高校生くらいの女性が出てきた。
近くで見たが、可愛かった。

「新聞の集金です」と言うと、部屋の中に向かって「おかあさん、集金!」。

50前後のおばさんが出てきて集金を済ませた。

家族で住んでいたんだと判った。
後から、営業所で聞いたら母子家庭だそうで、夏休みなどはこの新聞店にもお兄さんがアルバイトに来るとのこと。
女の子は今年高校にあがったばかり、お兄さんは高校生とのことだった。
お母さんは夜から朝にかけて仕事をしているとのことだから、夜は兄妹しかいない・・・。

俺の見たのは、兄妹の行為に及んでいる姿だったんだと思うとドキドキした。

その後も何度か見かけたが、お節介かもしれないが紙に書いて新聞受けに入れた。

『キッチンの小窓は閉めとけ。秘密がバレるよ』って・・・。

それ以来、キッチンの小窓が開くことは無かった。

その後、その兄貴と冬休みや春休みに同じ営業所で顔を合わせたり話をしたりした。
もちろん、そんなことを見たとは言わないが・・・。

あの可愛い妹さんのよがる姿が見れないのは残念。
今なら携帯で録画できたのになと思うが、もう5年以上も前の話。

信じられないけど本当にあったエッチな話です。

【iコミックらんど】人妻交姦ゲーム!~ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで…~
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

貧乳奴隷
最強媚薬エロティカセブン