ドイツの混浴サウナで見たマツタケくん

この体験談は約 3 分で読めます。

夫婦で海外旅行に行きました。

子供が生まれたら当分外国なんて行けない。
海外に旅行するなら今のうち!

そう考えて、ちょっと奮発してヨーロッパに行った時のちょっとエッチな体験です。

それは南ドイツのバーデンバーデンという都市に滞在した時、夫はシュツットガルトのポルシェ博物館へ、私は近くのサウナに行きました。
お金を払ってバスタオルを受け取り、更衣室で裸になって案内に従い、温度の違うサウナを順番に回り、そこでバスタオルは回収されスッポンポン。
おっぱいや恥部がモロ見え状態です。

次に辿り着いたのは、中央に浴槽のある大きな部屋でした。
驚いたのはそこから先で、ななななんと周りを見てみたら、男性が一緒に入浴しているのです。

(外国でも混浴があるの?)

初めは信じられなくて、視線を下にやって確認してみたら、やはり男性でした。
そうです、混浴だったのです。
聞けば、ドイツではサウナは混浴が当たり前で、男性も女性も全く隠そうともしないのです。
男の人はマツタケくんをプランプランさせてるし、女の人もブロンズのヘアーの下にワレメちゃんがパックリ見えて、ハマグリちゃんが顔を覗かせています。
恥ずかしい話ですが、私は父との入浴の記憶もなく、夫以外の成人男性のモノを見るのは初めてでした。

人妻の私がビックリしたのは混浴だけではありません。
オチンチンの大きさと形にはカルチャーショックを覚えました。
今までオチンチンの先ッポは、皮がシワシワになっているのが当たり前だと思っていたのに(だって日本の温泉で母親に連れられて来てる男の子のもそうだったし、見慣れた夫のもそうだから・・・)、大きくなった夫のアレよりも大きい亀さんの頭が何匹もいました。
白人男性のペニスって本当に巨根なんですね!

しばらく視線がバレないように観察させてもらいましたが、おしっこの出る穴がすごく可愛いと思っちゃった私は変態なのでしょうか?

そんな感じで色んなことを考えていると、聞き慣れた日本語が聞こえてきて我に返りました。
声の方向を見ると、4人の日本人のオッサンが私を観察しながらコソコソ話をしているのです。
最悪なのは、同じツアーで何度か話した人達だったこと。
最低最悪のハプニングに体が固まって、咄嗟に前を隠すことが出来ませんでした・・・。

翌日はフランスへの移動日でした。
空港では昨日のオッサン4人組も一緒でしたが、無視していました。
夫がツアーデスクに行ったので荷物の番をしていたら、オッサン達が私の前に現れて・・・。

「おねーちゃん、綺麗な乳首してるけど、乳輪はデカイねー」
「剛毛なんだから、マン毛のお手入れ忘れずにー!」

などと言い残して笑って去っていきました。
下品なセクハラをしてくる中年おやじに、もうムッカムカッ!

その時はショックで立ち直れませんでしたが、帰国して数日しか経ってないのに、またドイツのサウナに行って大きなマツタケくんに再会したいと思う私って変ですか?
白人のペニスの虜になっちゃったのかも。
新婚なのに、いけない妻かもしれません。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!