新着情報

ローカル局の温泉番組で一緒になったレポーターの子と

この体験談は約 5 分で読めます。

テレビ番組のディレクターをやっている俺。
ローカル局の旅番組の取材での出来事です。

ローカル番組だと予算の都合上、ギャラの高いタレントさんは使えません。
たまに、“元ミス◯◯”みたいな下手なレポーターを使ったりするけど、その時も元ミス◯◯のKちゃんでした。
Kちゃんは2年ほど前にミス◯◯に選ばれ、1年間ミス◯◯として活動後、レポーターとしてデビュー、現在22歳だ。
俺は彼女を何回かレポーターとして使ったことがあり、お互い顔見知りだ。
技術スタッフと俺と、Kちゃんの4人での1泊2日の取材だった。

この日は温泉場の取材。
普通の旅番組なので、お決まりの入浴シーンはあるけど、基本的に水着を着て、その上にバスタオルを巻くのでエロいことは全く無い。
ただ、この日はちょっと違った。
温泉施設に、“アカスリ”があるということで、レポーターのKちゃんがアカスリ体験することになっている。
もちろん、そういうシーンがあるので、ビキニの上だけ脱いで、うつ伏せ状態で背中のアカスリを受けることはKちゃんとは事前に打ち合わせ済みだった。

入浴シーンを済ませて、いよいよアカスリ体験。
風呂場の一角にカーテンで仕切られた部屋があり、韓国人らしきおばちゃんが待機している。
おばちゃんの紹介シーンを撮影し、次は実際にアカスリのシーンだ。
すぐにアカが出るわけではないので、撮影スタッフは一旦カーテンの外に出て、アカが出るまで擦ってもらうことにした。
カーテンを閉めて、俺たちは外で待機。

カメラマンが、「今のうちにバッテリーを交換しておこう」と言うので、俺は浴室の外の脱衣所まで予備のバッテリーを取りに行った。
予算の少ない番組なので、そんな雑用もディレクターである俺の仕事だ。

そしてアカスリルームの前に戻って来た時、俺はハッとした。
カーテンが半分くらい開いているではないか。
アカスリルームを出る時に、ちゃんと閉めたつもりが閉まっていなかったようだ。
他のスタッフは部屋の横にいるので、そのことには気づいていないようだ。
俺は手に持っているバッテリーを確認するふりをして立ち止まり、そっと中を見ると、Kちゃんがベッドの上に座っている姿がバッチリ見える。
するとKちゃんは、手を後ろにまわし、水着の紐をほどき始めた。
そしてブラを外して上半身裸になった。
俺の方からKちゃんのおっぱいが丸見えだ。
俺は心の中でガッツポーズをした。

さすがミス◯◯に選ばれるだけあって、スリムな体。
おっぱいは小ぶりだった。
確か水着姿ではもう少しボリュームのある胸だったと思うが、どうやら水着にパットを入れて大きく見せかけていたようだ。
でも俺的にはバカデカいおっぱいよりも、やや小ぶりなくらいの方が好みだ。

Kちゃんは、俺が見ていることにまったく気づいていないようだ。
アカスリのおばちゃんがKちゃんに何か話している。
Kちゃんは頷くと、水着の下に手をかけ、すっと脱いで全裸になった。
下の毛はきれいに処理されツルツル状態だ。
水着になることが多いから、剃っているのだろうか。
Kちゃんはおばちゃんに促され、ベッドにうつ伏せに寝た。
もうおっぱいとおまんこは見えなくなり、アカスリが始まったので俺は他のスタッフのところへ戻った。

アカスリの撮影では、Kちゃんは水着の下だけ穿いて上半身は裸だが、ずっとうつ伏せの状態。
特にエロいこともなく、撮影は順調に進み、その日の取材は全て終了。
近くの宿に宿泊だ。
食事を済ませ、明日の段取りを打ち合わせして各自部屋に戻った。
俺はしばらく自分の部屋で台本の確認作業をして、そろそろ風呂に行こうかと思い部屋を出た。
ここも温泉ホテルだ。

部屋を出ると、ちょうどKちゃんも浴衣姿で部屋を出て来たところだった。
Kちゃんは俺を見ると、「あ、ちょうどよかった、明日の撮影でちょっと相談が・・・」と。
Kちゃんは台本を取りに自分の部屋へ入ると、「Sさん(俺)もどうぞ」と部屋に入るように促されたため俺はKちゃんの部屋に入った。
相談とは言っても、ちょっとしたセリフの言い回しを変えたいということで、大したことではなかった。
話はすぐに終わったが、Kちゃんはちょっといたずらっぽい顔になってクスッと笑い、「さっきSさん、アカスリの時、見てましたよね?」と。
俺はドキッとした。

「私、Sさんが見てるの気づいてました」と言われた。

俺は何と言い訳したらいいかわからないで黙っていると・・・。

「他のスタッフさんじゃ嫌だけど、Sさんなら見られてもいいかなって思って、気付いてないふりしてたんです」

「え?それって・・・」

Kちゃん、「フフフ」とちょっと恥ずかしげな顔。

「ごめん、ちょっとカーテンの隙間が開いてたから、閉めようかなと思ったらKちゃんが水着を脱ぎ始めちゃったから、そのまま見惚れてしまったんだ。でも、すごくきれいだったよ」

「本当に?ちょっと嬉しいかも・・・」

そう言って微笑むKちゃん。
俺はかなりドキドキした。

「今からお風呂ですか?」

「うん」

「私、他のお客さんとお風呂場で一緒になるのが嫌なので、貸し切りのお風呂を予約してあるんです。もし嫌じゃなかったらSさんも一緒に・・・」

俺たちは他のスタッフに内緒で貸し切り風呂に向かった。
小さい内湯と小さい露天風呂があって、貸し切りの家族風呂としては豪華な造りだった。
脱衣所に入るとKちゃんは俺に抱きついてきた。
俺は恋人同士のように、Kちゃんにチュッとキスをした。
浴衣を脱いで裸になり、内湯へ。
Kちゃんの全裸を、今度は間近で見ることができた。
二人で体を洗いっこしているうちに、俺は我慢できなくなり、Kちゃんに抱きついて胸を揉んだ。

Kちゃんは、「私、胸小さいから」とちょっと恥ずかしそうにしたが、「そんなことないよ。すごくきれいだ」と言って乳首を口に含んだ。

Kちゃんはビクッと体を震わせ、体の力が抜けたように俺の体にもたれかかってきた。
俺は構わずおまんこに触れるとすでにヌルヌル状態だ。
毛をすべて剃っているので、おまんこがテカテカ光っているのがわかる。
Kちゃんの全身を舐め回した。

「ハア、ハア」と息が荒くなるKちゃん。

俺はカチカチになった息子をKちゃんのおまんこに擦りつけると、Kちゃんはさらに息を荒げ、俺の耳元で、「お願い、入れて」とつぶやいた。
俺はそのまま息子をゆっくりとKちゃんの中へ挿入した。

「ハアー!」

Kちゃんの声が浴室に響く。
ピストンするとKちゃんは悶えまくっていた。
そして今度は俺が下になり、Kちゃんが俺の上に跨がる。
髪を振り乱し、俺の上で腰を動かすKちゃん。
さらにKちゃんを四つん這いにしてバックから挿入。
パンパンパンと音が響き、それに合わせるようにKちゃんの「アンアンアン」という声が響く。

風呂場の床にKちゃんを寝かせて正常位になり、そろそろフィニッシュかという時、俺はこのままKちゃんの中でイキたいという衝動に駆られた。
俺の人生の中で、中で出すことなど今までなかった。
するとKちゃんは俺を下から見上げ、声にならないが、「このままイッて」と・・・。
口の動きだけでわかった。
その瞬間、俺は思いっきりKちゃんの中で果てた。
今まで味わったことがない気持ちよさだった。

露天風呂に出た俺とKちゃんは、そこでもイチャイチャが続いた。
夜風が気持ちよかった。
俺は風呂の縁の岩に腰掛け、その上にKちゃんが座って、俺はKちゃんを後ろから抱き締める。
左手の指で硬くなった乳首を弄び、右手の指でKちゃんのおまんこに触れる。
Kちゃんは振り向いて、俺の口に貪るように吸いついた。
俺とKちゃんは、そのまま露天風呂でも1回やった。
もちろん中出し。
露天風呂だと、声を出すわけにもいかず、Kちゃんは手で口を押さえながら声を出すのを我慢しながらイッた。
そしてKちゃんの部屋に戻り、また1回。
その日、3回とも中に出した。

番組の取材は翌日も順調に終了した。
今、俺とKちゃんはセックスフレンドだ。
週に1度はセックスを楽しんでいる。
ひとつわかったことは、泊まりの取材でのセックスは一段と興奮度が増すということだ。

【iコミックらんど】俺得修学旅行~男は女装した俺だけ!!
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即逢い学園
最強媚薬エロティカセブン