後輩の女性教師からレズ調教を受けています[後編]

この体験談は約 6 分で読めます。

「あぁぁ・・・」

期待と恥ずかしさで私は声を漏らす。
全裸になって幸子に反応を促す。

「どう?先生・・・大好き・・・先生を離したくない」

幸子が私を強く抱き締めて、濃厚なキスをする。

「あぁ・・・私を離さないで・・・もう・・・もう私は幸子の女だから・・・」

ベッドの上で脚を大きく拡げられ、私の股間に体を入れてくる幸子。
私の脚を肩に担ぎ上げ、淫らに潤んだ陰部に顔を埋めていく。

「あっ!あぁぁ・・・恥ずかしい・・・あぁ、いぃ・・・ぃぃぃ~っ」

股間に埋まる幸子の髪を掴み、私は淫らに喘ぐ。

「先生・・・今、何をされてるか・・・言って下さい」

「あぁぁ・・・あなたに・・・あなたに舐められてます・・・あぁ、気持ちいぃ」

「どこを舐められてるのか言って下さい・・・」

「あっ!あぁ・・・嫌~恥ずかしぃ・・・。あっ・・・ぁ、ぁあ~ぁ・・・イィ・・・ィ。だめぇ~もう・・・だめ~ぇ」

「先生の体は前より若くなってきたわ。オッパイも張りがあるし、乳首も若々しい~!ふふふっ!下のお毛毛が毛羽立っているよ」

幸子の陰毛を手で逆立てみたけど、漆黒の艶のある毛はすぐに元に戻った。
幸子は私の手を制して口づけをしてきた。

「可愛い、先生の顔!」

そう言いながら私の唇をなぞったり、鼻を摘んだり、耳を引っ張ったりして、私のうめき声を楽しんだ。

「あぁ・・・お願ぃ、もう・・・もう・・・」

私は幸子によって以前とは全く別の女になってしまった。

「・・・あ、はあっ・・・幸子・・・」

「・・・たまらない?」

「いやあっ・・・」

「どうする。こんなに敏感な乳首になっちゃって」

「だって」

「私に弄られるようになってから、倍くらいの大きさになったわよ?先生、今までどれが一番感じた?」

「・・・な、何を・・・」

「やっぱ、お尻の穴?それともスパンキング?それとも大根がよかった?」

幸子の言葉に私は目眩がするようだった。
そのすべてが事実だから黙って聞くばかり。

「先生なんて慕われてるけど、先生はホントはドスケベ!」

ふたつの乳房を形が変わるほど、ぐにゃりと絞り上げた。

「・・・あ、ああんっ!」

「答えは?」

「・・・な、何がなのっ・・・」

「自分がまだまだ女だと思っているんでしょ?」

「・・・そんな、こと・・・」

幸子は私をベッドに押し倒して、強引に四つん這いにさせた。
幸子も乗り込んだのでベッドが軋んだ。
乱暴に私のショーツを引き裂いて、お尻を鷲掴みにする。
幸子は人差し指と中指を一気に埋め込んでいった。

「あーッ!・・・」

私は電気に撃たれたように背中を弓なりに反らせて悲鳴を上げる。

「・・・っ!ひっ!だ、だめっ・・・それ、痛い!いつもと違う」

「今日は2本よ、特別サービス。すぐによくなるわ!」

「あっ!あああっ・・・!!幸子っ・・・」

「先生は毛深いのね。穴の周りが毛だらけ!抜いてもいい?」

幸子が指をゆっくり出し入れしながら聞いてくる。

「許してっ・・・イヤっ」

「今日はこれがしたかったの?お尻を揺らしておねだりなの?」

「やめて!そんなこと!」

プチンと小さな音がした。
抜いた毛を私の鼻先に差し出して、「これは何?」と聞いてくる。
私が首を振っていると、私の耳元で囁きます。

「大きな声で言ってごらん!」

「いや!」

「もう1本指を入れるわよ!」

「いや、堪忍してっ!」

幸子がさらに指を1本入れようとするから、さすがに頭から倒れてしまいました。

「言います。ごめんなさい!私のお尻の毛です」

「それから!」

「むさ苦しくてすみません。綺麗にしてください。ああ~っ」

「自分で抜いたことあるの?

「ひいいっ!・・・あ、あるっ・・・ごめんなさい・・・ありますぅっ・・・!・・・」

私は興奮して、そう叫んでしまった。
こうしてまたひとつハードルを越えてしまったような気がします。

言い忘れましたが、私は87歳の母親と一戸建てに住んでいます。
母が週3回デイサービスに出かける日に幸子はやって来ます。
そして朝9時に来て、夕方きっちり5時に帰って行きます。
午前中は激しく愛し合うけど、昼食を採ってからはテレビの情報番組を観ながら静かに過ごします。
その日の幸子はテレビの中年の女性評論家を指して、「ああいう女性を裸にしてみたいわ。裸になったらあんな澄ましたこと言えないのに。そうでしょ?」と言うと、裸の私ににじり寄ってきました。

「先生だったら、あの女よりましなことが言えると思うわ。そうでしょ?」

にっこり微笑みながら、私のふたつの乳房を力強く鷲掴みにして、上に引っ張ったと思ったら一気に手を離して、ブルンッ、タップンッとさせています。
そして乳首を引っ張り上げたり、胸を平手で叩いたりしています。

「今日はどうしたの?」

「また欲情しちゃった。先生がテレビの評論家に見えたの」

幸子は眼をぎらつかせながら、なおも乳房を左右に叩き続けます。
以前の私だったら恐怖でブルブルと震えていたでしょう。

「先生はこうやって下品に扱われるのが好きなんだよね!」

幸子が嬉しそうに喋っています。

「そんなことないわ!」と答えると、「今日はテレビの評論家みたいに思い切り上品な言葉でお願いします」とにっこりしながら言います。

「好きなんでしょ?乳房にビンタが」

バシッと手打ちが飛んできました。

「さあ、上品なお返事をして!」

幸子の凝視に勝てません。
私は、「うっ、うぐっ、はぁぐっ、うううう」と我慢するような声を出していました。

「あぁん・・・ぃやっ・・・そんなこと、お、おっしゃらないで・・・」

今まで使ったこともない言葉が出てきました。

「いいわ!その調子!先生はお芝居も上手。先生にはお上品な言葉遣いがピッタリよ!・・・ハァッハァッ・・・ゾクゾクする~!!もう一度!」

「おっしゃらないでぇ」

「素敵!人間は肉体より精神だわ!うふふッ・・・ほら、立ってみて・・・」

「えっ?!・・・ぃやっ・・・んっ・・・」

「ダメっ、隠しちゃダメ・・・手は頭の上!」

「ぃやっ・・・そっ・・・そんなっ・・・!」

「早く~・・・ほらっ、もっと上よ・・・もっとよ・・・そう・・・いい眺めだわ・・・」

「いゃっ・・・やっ・・・」

「ほらっ、顔上げて・・・ん~!どうした・・・?フフフッ・・・乳首をこんなに尖らせて?」

「あんんんっ・・・ぃやぁ・・・」

「フフフッ・・・いいお顔!それに綺麗な脇!私のために手入れしてきたの?」

幸子の指が這いまわります。

「ぁん・・・いっやぁっ」

「たまらないわ!この白さ!この陰りは若い女にはないわ」

ンムッ・・・ズチュッ・・・チュパッ・・・チュッ・・・。

幸子は夢中になって脇の下を吸い続けます。
唾液が溜まったら親指で丁寧に拭き取りながら。

「うっ、んんんっ・・・んんっ・・・」

私の体は勝手に動き出します。

「何度吸っても飽きないわ!先生の脇の下が私のツバでベトベト・・・ど~れ、先生の体をよ~く見せて・・・」

「あぁ・・・そんなに・・・見られたら・・・は、恥ずかし・・・」

「ハァハァッ・・・見てるだけでクラクラする。たまらねぇこの肉付!ハァハァ・・・いやらしく下着の跡をクッキリつけて・・・乳が・・・ここんとこだけ、まっ白!」

「はあぁんっ・・・ぁあっ・・・」

「ブラの跡をなぞられただけでそんなに感じるの?」

「んんんっ・・・」

「それと・・・ここも・・・ハァハァッ・・・くぁっ・・・、還暦でもこのお尻!・・・これじゃ、まだ男も寄ってくるわよ。向うを向いてお尻をよ~く見せて!」

私はゆっくり体を回して、窓枠に手をついてお尻を突き出しました。

「そうそう、あれっ!お尻にも下着の跡がくっきり、このラインはシーツの跡かな?」

幸子が舌でなぞってきます。

「はあんっ・・・お・・・およしになってぇ・・・そ、そんなところ、お舐めに・・・ならないでぇっ・・・はぁっ・・・ああぁっ・・・」

ピチャッ!ペチョッ!チュルッ!

唾液の淫靡な音が木霊した。

「先生!『の』の字にお尻を振って見せて!」

「ぃやぁぁっ・・・はぁん・・・あぁっ・・・」

私は腰を振りましたが、幸子にバシッと尻タブを叩かれ、膝に力を入れてもう一度振りました。
額に汗が滲んできました。

「女に苛められるのが好きなんだ?先生は女の私に・・・ここを・・・こうされたかったんでしょ?」

「ああんっ!そ・・・そんなぁ・・・あぁっ・・・そんなこと・・・ち、違います・・・あぁッ!」

「いい?正直に答えてよ!相手は誰でもいいんでしょ、先生は?男で女でも!」

「えぇっ!・・・はっ・・・はい・・・、いえっ違います」

バシッと、またお尻を叩かれました。

「本音が出たわねっ、悔しいっ!」

幸子が半狂乱になって私の尻を叩き続けるので、ベッドに上体から倒れ込みました。

「ハァッハァッ・・・もっと!・・・もっと尻を突き出して。そう!いい眺めよ・・・先生のお尻をお猿さんのように真っ赤にしてあげる」

「あぁ・・・そ、そんな・・・こと・・・あんっ・・・おっしゃらないでぇ・・・」

「いつまで上品ぶっているの。もう先生は猿なのよっ!」

「あぁっ・・・そ、そんなに意地悪ならさないでぇっ・・・」

この時、まだ私には言葉遊びをしている余裕がありました。

「先生!・・・チンポが欲しい?!」

「あっ・・・あぁぁっ・・・ほ、欲しいっ・・・です・・・くだ・・・さい・・・」

「よ~し、いい子だ・・・ぶち込むわよ!覚悟して!」

私はビックリして幸子を振り返りました。
幸子が大きなナスビを手にしていました。

「舐めな!」

ナスビを私の口元に据えて、幸子は男のように命令しました。
今まで道具を使ったことはなかったので私は動転して逃げようとしましたが、若い幸子の体力には敵いませんでした。
ガッチリと腰を掴まれてバタバタするだけでした。

「先生が欲しと言ったから」

「・・・んあぁっ!!!あうっっ・・・!いつの間に?」

「ハァッハァ・・・どう?ぶち込んであげるから舐めな!ちゃんと洗ってあるから大丈夫」

幸子がナスビを口の中に押し込んできます。
口をこじ開けながらナスビが入ってきました。
ヨダレと涙が流れてきました。

「先生のお口はオマンコなの?そんなに喜んで。本番はこれからよ」

「どんな女もやっていることだから」という幸子の言葉を遠くで聞きながら、私は自分の体力と理性に自信がなくなってきました・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!