新入生が教えてくれた女性同士のセックスの快楽

この体験談は約 6 分で読めます。

私がビアンになったきっかけについて話します。

当時、大学3年だった私はバトミントン部に入っていました。
あまり強くないクラブだったので男女共同でいつも練習してました。
私は4年の同じ部の先輩(男)と付き合ってました。
彼(Sさん)とは付き合って2年ほど経っていました。
部も恋愛も結構充実した生活をその日までは送っていたのです。
そう、当時1年生だった夏美に教えてもらった、あの強烈なエクスタシーを知るまでは。

その年の新入部員は男4人、女3人の計7人でした。
その中に夏美がいました。
第一印象は、小柄で可愛い子が入ってきて、男共がやたら浮かれてるなといった感じでした。
バド経験者ではありましたが特別上手いというわけでもなく、普通の後輩として見てました。
ですが、夏美のほうはやたらと私に付きまとってきました。

「かずよ先輩、一緒に買い物に付き合ってくださいよ~」
「かずよ先輩、一度私の家に来てくださいよ~」

正直、夏美に付き合う気はあまりありませんでした。
そんな6月も終わろうかという頃、夏美から恋愛の相談に乗って欲しいと言われました。
部の帰りによく行く居酒屋で話を聞くことになりました。

「先輩は付き合っている人いるんですか?」

ドキッとしました。
Sさんと私が付き合っていることは1年生達にはまだ内緒にするように部長に言われていたからです。

「私、知ってるんですよ。先輩がS先輩と付き合っていること。2年の先輩から聞いちゃった」

「私のことはどうでもいいの。今日は夏美の相談でしょ」

そうすると、突然夏美がポロポロ泣き出したんです。
私は必死に励ましながら話を聞いてあげました。
夏美の好きな人には恋人がいて、それでも頑張って振り向いてもらおうとしても、その人はいつも相手にしてくれない。
そんな内容でした。
ただ言葉の端々に何か違和感を感じていました。
今思えば、私が鈍感だっただけなんですがね。

夏美は烏龍茶ばかりだったのでシラフでした。
私の恋愛話なんかもしたりしてかなり盛り上がったので、店を出る頃には私はフラフラに酔っていました。
仕方なく夏美の家に泊まることになりました。
夏美の家族は旅行で留守にしているということでした。

ここからは私にとっては衝撃の一夜でしたので、できる限り思い出しながらお話しします。
フラフラに酔った私はシャワーを借りました。
シャワーを浴びていると、突然扉が開きました。
そこには夏美が裸で立っていたのです。

「なっ、何?!」

「あのね、かずよ先輩って鈍いようだから告白しちゃいますけど、私の好きな人は、かずよ先輩なんです」

突然抱き締められました。
何が起こっているのか分からないままぼーっとしていると、唇が重なってきました。
女同士で裸のまま抱き締められてキスをされている・・・。
当然初めてのことでパニックになっていると、今度は夏美の舌が唇を割って入ってきました。
女性同士のキスがこんなに柔らかくて優しいものだと初めて知りました。
さすがに我に返って、夏美を突き放しました。

「やめて!」

「・・・」

「何なのよ。夏美?」

夏美は今度は無言のまま再び抱きついてきました。
身長は私のほうがあるのですが、何ぶんフラフラに酔っているので思うように力が入りません。
夏美はというと、私の首筋にキスをしながら両手は背中やお尻を微妙なタッチで徘徊させています。
女性同士の乳房が合わさる感触も私にとっては初めての経験で妙に心地良さを感じます。
酔いも手伝っていたのでしょうか、(こんなこと・・・いけない)と思いながらも、夏美の愛撫にそれまで感じたことのない心地良さと、とろけるような快感を覚えていきました。
夏美は耳を舌で触れるか触れないかのタッチで愛撫しながら・・・。

「好きです。好きなんです。誰にも渡したくないんです」

そう耳元で囁きました。

「そんな・・・私には付き合っている人が・・・」

その時、悪魔が耳元で囁きました。

「S先輩よりも感じさせてあげる」

確かに夏美は言いました。
酔いと、これまで与えられていた快感で充分でした。
私は夏美の手に落ちました。
背徳感と、これでもう後戻りできないという恐怖と期待を胸に抱いて・・・。

私はお風呂場で歓喜の声を上げていました。
一度流されてしまった快感の波に、もう歯止めが利きませんでした。
夏美は背後から両手でオッパイを揉みながら私の背中を震えるような舌で舐め上げています。
背中がこんなにも感じることに自分でもびっくりしながら喘いでいます。

「かずよ先輩、背中が弱いんですね。もっともっといい声を聞かせてくださいね」

そう言いながら夏美の細長い指は、この日初めて私の陰部へ到達しました。
女の子の指って男の人の指と全く違うんです。
その触り方から、柔らかさから、繊細さから、的確に感じるポイントをついてくるところまで、今まで付き合ったどの男よりも、ましてやオナニー自分で触るよりもすごく感じるんです。
正直、頭がぶっ飛びそうになりました。
しかもその快感を与えてくれる子が2こ下の後輩、ついこの間までセーラー服かなんか着ていた高校生だった新入部員ですよ。
21歳の先輩としてはいいように喘がされていることに少々の悔しさもありますが、それ以上に、この子は今までどんな経験してきたのかという興味を覚えました。

「先輩、イク時は大きな声で『イク』って言ってくださいね」

そう言うと夏美の指が一段と速くなりました

「ああああ・・・イク、いっいっイグううう」

私はこれまでの中で一番激しく絶頂に達しました。
そしてそのまま風呂場の床にへたり込んでしまったのです。

「かずよ先輩、思いっきりイッちゃいましたね。どうでした?夏美のフィンガーテクニック。気持ち良かったでしょ。今だから言っちゃうけど、高校時代はこの指で結構女の子を鳴かせてたんですよ。かずよ先輩に初めて会ったとき、私ときめいちゃったんです。だから絶対に私のものにするんだって。少々強引なやり方でしたけど」

私は夏美の言うことをぼーっと聞いていました。
そして徐々に自分がしてしまったことに罪悪感が湧いてきました。
彼氏を裏切ってしまったこと。
後輩にやられて、女同士の快感にあんなに感じてしまったこと。
色んな思いが交わり、自然と涙が溢れてきました。

「かずよ先輩、泣かないでください。私のしたことはそんなに悪いことですか?もっと先輩を愛してあげたくて。本当の女同士の快感をかずよ先輩にも知って欲しくて」

そう言って夏美は私を抱き締めて再びキスをしました。

「かずよ先輩、本当の女同士の快感はこれからなんですよ。S先輩のことなんか夏美が全て忘れさせてあげる。夜はこれからですよ」

不敵に微笑む夏美の顔を見ながら、心地良い気怠さとともに、やはり後戻り出来ないであろうことに気付いた私がいました。

「いいいいいいーーー。もうだめえ。もう、もうやめてえ。死んじゃう。死んじゃう!」

夏美のベッドの上で全裸でのた打ち回る私がいました。
夏美は仰向けに寝させた私の足と足の間に身体を潜り込ませて、さっきからずっとクンニをしています。
もう何時間、鳴かされ続けているだろうか。
クンニだけで1時間はされているように思いました。
私はそれこそ数えくれないくらいイカされ続けています。
高校を出たばかりの19歳の娘が与えてくれる快感の波は全く想像とは違いました。
決して逃れることのできない津波、落ちているのか上っているのかさえ分からない、怪物のような快感でした。
私はそれに抗うことができずに何時間も快感の渦に飲み込まれていました。

(これほどとは・・・)

心のどこかで、そう呟いている私がいました。

「ああああ。すごい。なんでそんなに上手いの。死ぬう。夏美、またイッちゃうよー」

夏美の舌によって、また絶頂へ昇りつめようとしたその時でした。

「かずよ先輩、S先輩とは別れてくれますよね。そしたらいつでもこうやって夏美が先輩のオマンコを舐めてあげますから」

しかし、この娘の舌はどうなっているのでしょう。
羽毛のように柔らかく、クリトリスを微妙に振動させるように速く動き、Gスポットを的確に弄るように器用に動き、しかも驚くほど長い。
この娘にかかれば、どんな貞淑な女性でもエクスタシーに導かれてしまうでしょう。
そしてこのクンニとフィンガーテクニックによって、もう夏美なしでは生きていけなくなるのではとさえ思えてしまいます。
そんな恐怖心から何も答えずに喘いでいると、ピタッとクンニをやめて頭をもたげ・・・。

「S先輩と別れて夏美のものになるの?ならないの?はっきり答えなさいよ」

強い口調で問う夏美。
私はこの夏美にもう捕まってしまったのです。
逃れられるはずはありません。

「別れる。別れるわ。Sとは別れるから、お願いイカせて」

「よろしい。じゃあ思いっきりイッてしまえ!」

再び夏美の舌が私のクリトリスを捉えたかと思うと、その舌の振動によって今宵4度目の失神を迎えたのでした。
その時、私の目から涙が一筋こぼれていきました。
もちろんこのときの涙は罪悪感からではなく、歓喜の涙でした。

私たちは朝まで愛し続けました。
結局、私が一方的に攻められっぱなしで、イカされ続けました。
女同士の快感の深さというものをこの日、夏美に嫌というほど教えられました。

Sとはきっぱり別れました。
もちろん理由は秘密です。
その後、私達は暇さえあれば愛し合いました。
そう、本当に色んな場所で。

しかし、私の卒業と同時に別れてしまいました。
原因は夏美の浮気癖でした。
夏美はバトミントン部のほとんどの女子に手を出していたのです。

でも今では感謝しています。
私には今、恋人がいます。
もちろん女性です。
夏美のテクニックがなければ今の素敵な出会いもなかったと思いますから。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!