新着情報

怪力保険レディの強制枕営業

この体験談は約 3 分で読めます。

ある日、保険のセールスレディーが自宅を訪ねて来た。
女はセールスレディーにしてはあまり美人ではない。
それほど若くもなく、どこか寂しそうで華がない。
特徴はといえば、大柄で背丈がデカいぐらいだ。

さっさと断ればいいものを、私は玄関先で立ち話もなんだからと、この女を家の座敷に通してしまった。
今となってはこれが失敗。
私は保険の話を上の空で聞いていたが、女は何か必死だ。
何か事情があるのかと尋ねてみると、女は営業成績が悪くクビ寸前らしい。
私に是非契約して欲しいと言ってきた。

女は見た目が大切だ。
気の毒だが、この女と契約したいと思う客は少ないだろう。
私もその一人だ。
私は契約する気はないと女に伝えた。
実際、金銭的にそんな余裕もない。
それでも女は悲しい表情で、なんとか契約をお願いできないかと頭を下げてきた。
帰ろうとしない女を鬱陶しく感じた私は、「帰ってくれたら契約してやる」と、女を小馬鹿にして外へ追い出した。

だが翌日、女は再び訪ねて来た。
女は、「帰ったら契約してやる」という昨日の私の言葉を逆手にとって契約を迫ってきた。
根性の座った女だ。
だが、こういう女に限ってプライドは高い。
私がスケベな態度をとれば女はさっさと逃げて、二度と現れることはないだろうと思った。

「わかった。じゃあ俺の前で裸になってみろ!俺のチンポを舐めてイカせてみろ!それが出来たら契約してやるし、何でもしてやる」

私は女に吠えた。
だが女は立ち去るどころか、「それをすれば契約してくれるのね。何でもしてくれるのね」と喜び勇んで家の中に上がり込んで来た。

(この女は一体・・・?)

女は私に早くシャワーを浴びるようにせかし、自分の服を脱ぎ始めた。
仕方ないな~。
私がシャワーを浴び始めると、なんと女は全裸になって風呂場に入ってきた。

やはり背丈が高い。
デブではないが大きい。
私より少し身長は高いし、バストもヒップも普通の女よりは明らかにデカい。

「洗ってあげるね」

そう言って女は私の股下に手を入れてきた。
なぜか私は感じてしまった。

「おチンチン舐めてイカせれば契約してくれるのよね?」

女は膝をつき、私のチンポを舐め始めた。
意外にも女は舌使いが上手かった。

(あ~気持ちいい!・・・でも、こんな好みでもない大女にイカされてたまるか)

私は我に返った。
契約する気などない。

「残念でした~。契約はしないよ」

私は女を嘲笑った。
その瞬間、女は私を力任せに風呂場から連れ出し、ベッドに押し倒した。
凄いパワーだ。
気が付くと私の顔は女のお尻の下にあった。
そしてペニスは思い切り女の手でしごかれていた。

「お願い~、イッて!」

女は必死だが、気持ちいいどころか少し痛い。

「もう諦めてくれ」と私は女の手を払いのけた。

その瞬間、女はブチキレたのか私の首を締め上げてきた。
この女はレスリングの吉田沙保里か!
男の私が負けてしまうぐらいの力だ。

(く、苦し~)

だが女は私が息つく暇もなく次は腕を絡めてきた。

「痛い~、もうやめてくれ~」

私は叫んたが、痛くて動けなくなった私を女は犯し始めた。
アナルに手を入れられ、思い切り前立腺を責められた。
私は「ア~ア~」と悶えるだけだった。

「私を甘く見ないでね。私は元警察官で柔道五段、空手もやっていたのよ」

「そうなんだ・・・参りました」

私はもう女に身をまかせるしかなかった。
イカされるのも時間の問題だった。
イカされてしまった私は、仕方なく保険を契約した。
女は大喜びだ。

女はさらに上から目線で、「そういえば『何でもしてやる』とも言ってたわよね」と私を見つめてきた。
だが、女のその目はやはり何か寂しそうで、何か求めているようだった。
私は女の要求を察した。
でも約束は約束・・・。

それからの私は、この女の性奴隷に堕ちていった。
毎日が地獄だ。
一昨日はクンニ、昨日はアナルを広げられ、今日はひたすら尻をぶたれた。
でも、この女からは逃げられない・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

主婦ペットプラチナ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。