高校の時に幼馴染と相互オナニーに耽った話

この体験談は約 5 分で読めます。

高校時代の幼馴染との秘密の遊びについてのエロ話です。
ちなみに相互オナニーまでで、最後まではしてしません。
僕と幼馴染は高校卒業後、それぞれ別の相手と初体験しました。

僕の家は郊外のベッドタウンにあり、一戸建てです。
隣の一戸建てに幼馴染の美沙子が住んでいます。
それぞれ幼稚園ぐらいの頃に引っ越して来て、小さな頃からよく一緒に遊んでいました。
中学生くらいになると、さすがにお互いの同性の友達同士と遊ぶようになりました。
しかしその後、別々の高校に通い、お互いの両親も共働きで夜まで不在になると、自然とまた幼馴染の仲が復活して、美沙子が僕の部屋に遊びに来ることが多くなりました。
もちろん両親には内緒です。

美沙子は僕の部屋に来ると、漫画を読んだり、僕のテレビゲームを勝手に使って遊んだりしています。
まるで自分の部屋のように、僕のベッドにごろんと腹這いになって漫画を読んだりしていました。
実は、美沙子が部屋に来るようになってから僕は、美沙子を見る目が今までの幼馴染から、女を見る目に変わっていました。
学校にあまり友達がいない僕にとって、美沙子は唯一、心から何でも話せる相手だったので、女として見ていることを悟られないようにしていましたが、隠しきるのは難しかったです。

腹這いになっている美沙子のルームウェア(Tシャツやハーフパンツ)姿を見ていると、どうしても丸いお尻や腰つき、時々浮き上がるブラやパンツの線に目が行ってしまいます。
体育座りや胡坐の美沙子と向き合うと、股間に目が行きます。
僕は美沙子が帰った後、その日見た美沙子の体を思い浮かべては何回も抜いていました。

きっかけとなったその日も、美沙子がベッドに寝そべり、僕は勉強机に向かってそれぞれ漫画を読んでいました。
いきなり美沙子が、「あんた、いつも1人で何してるの?」と聞いてきました。

「何って、マンガ読んだりゲームしたり、同じだよ」

「オナニーとかすんの?」

いきなり、ど直球の質問が来ました。
僕はわざとふざけて、「ブーーー!」と吹き出す音を出して、「お、お前、何言ってんだよ」と、とぼけました。
僕にとってオナニーのおかず(=美沙子)だったので気まずかったのです。

「ほら、この漫画にも書いてあるし、学校の男子もみんな言ってるし。でもどうにも、あんたがそういうことするのと結びつかないんだよね~」

美沙子は、僕のオナニー事情に興味津々といった様子で言ってきました。

僕は、「まあ、するけど」と白状しました。
すると美沙子は、「やっぱり~!ねえねえ、やっぱりAVとか観るの?それともグラビア?誰のグラビア?」と、グラビアアイドル名をいくつも挙げて詰め寄ってきました。
僕は動揺を悟られないように机に向かって、美沙子のほうを見ないようにして白を切り続けました。

「アイドルとかAVとか、作り物には興味ないから」

そう吐き捨てて、ちょっとムキになってしまったので、「知らねえよ!」と美沙子がびっくりするくらいの強い口調で言ってしまいました。
ちょっと美沙子がびっくりした様子で、「ご、ごめん。デリケートなこと聞いちゃった?」と心配そうにするので、逆に僕のほうが慌てて、美沙子を落ち着かせるために、「ごめんごめん、毎日こう想像で、しこしこって!」と、手でオナニーの動きをしてふざけました。

それがきっかけになってしまいました。
美沙子はまた興味津々になり、「ねえ!してみて!」「見たい見たい!」と言い始めました。

「だって私、小さい頃からあんたのおちんちん何回も見てるから、別に恥ずかしくないじゃん!」

まあ確かに、小学生くらいまではふざけて美沙子におちんちんを見せつけたりしていました。
僕はやけくそになり、「わかったよ!」と言って、平常時のペニスを露出しました。

「うわ!おっきくなったね~!」

美沙子はまじまじと見つめてきます。
そんなエロシチュエーションなのに、僕のペニスはその時に限って、緊張のせいか小さいままです。

「いや、これまだ最小サイズだから」

とは言ってみたものの、自分で触っても全然大きくなりません。

「エロい気分にならないと大きくならないよ」

僕が困った顔で美沙子に言うと・・・。

「もしかして、何か期待してる?いいよ」

そう言うと美沙子は、両腕で胸を挟んで谷間を強調してきました。
Tシャツ越しですが、肉々しいまでに美沙子の胸の大きさがわかり、それだけで僕のペニスがだんだん大きくなりました。

「え!すごいすごい!」

美沙子は無邪気に見ています。
僕は美沙子の身体をもっと見たくなり、「もっとエロいポーズをお願いします!」と懇願しました。
美沙子も好奇心があったのでしょう、「わかった!」と言うとTシャツを脱いで、ブラジャー姿でさっきのように胸を寄せてくれました。
僕は天国にいるような気分でした。
あっという間に僕のペニスは血管が浮き出てきてフル勃起になりました。

「おおお!すごい!」

美沙子はまじまじと見ています。
僕はペニスを自分でしこしことしごきながら、「中も、中もお願いします!」と美沙子に懇願しました。

「え~!まじで?」

そう言いつつも美沙子は、僕が反り返ったペニスをすごいスピードでしごいている迫力に押されたようでした。
異常なシチュエーションは相手も異常にさせます。
美沙子は上半身裸になってくれました。
ブラを外した途端、だらしなく間を開けて胸元にぶらさがった肉の塊のようなおっぱいは、作り上げられたグラビアアイドルの100倍は生々しくてエロいものでした。
しかもそれは、毎日おかずにしていた美沙子の生の裸です。
僕はその姿を目に焼き付けるように、ひたすらしごきました。
そしてイク直前、いつものように箱ティッシュからサッサッサと3枚抜き取ると、亀頭に当ててドクドクと溢れる精液を受け止めました。
全部出しきった後、ティッシュの中身をチラっと美沙子に見せてからゴミ箱に捨てました。
ちなみに僕の部屋のゴミ箱は、美沙子が来る前からティッシュだらけでしたけど(笑)

美沙子はすぐ服を着ましたが、「お手伝いありがとう」と、僕はふざけて美沙子に言いました。
美沙子も、その出来事を境に、何か感じたことがあったようでした。
女の身体を見せるだけで、僕の男の部分があんな風に変化して、射精に導けることにびっくりしたのと、その状況に美沙子の身体にも反応があったようです。

それ以降、美沙子はちょくちょく部屋に来るようになり、おまんこは最後まで見せてくれませんでしたが、お尻やおっぱいは見せてくれました。
僕も美沙子の身体を直接見ながらオナニーをして、美沙子が帰ってからもそれを思い出してオナニーをしました。
あるときから美沙子も自分の身体を見せるだけでなく、自分のクリを触ってオナニーをするようになりました。
ただし、絶対におまんこは僕に見せないように、パンツ越しだったり、パンツの中に手を入れて触っていました。

で、相互オナニーまでエスカレートした僕たちでしたが、お互いの身体には指1本触れませんでした。
ビビっていたのと、あくまでもオナニーのお手伝いということで、やましさに折り合いをつけていたのです。
というわけで、高校時代の秘密の遊びは、未だに2人だけの秘密です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!